107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

about “MANHOLE” #2





こんにちは。
MANHOLEの中台です。

河上が買い付けている新品のブランドピースと僕が集めた古着、どちらも揃って初めて僕らの個性が表現できます。
値段には大きく差がありますが、感覚的にはあまり区別していません。


わかりやすく「古着」という枠組みを付けていますが、時代背景のズレこそあるものの、古着も当時は新品の洋服。

今作られているものもいずれは古着に。
時代や流行のズレを新鮮に感じたり、現代のものとミックスする事でバランスの変化を楽しめます。

普段、僕は新品か古着なのか、特に意識せずに洋服を選んでいますが、
自然とどちらも混ざっていることが多いです。

Unknown “space bucket hat” / USED
BROADCAST THE MESSAGE×KASUYA “MANHOLE(S/S Tee)”
DKNY “soutien collar coat” / USED
NICENESS “RINGO”

Nicholas Daley “Military Shirt”
90’s “TOOL” S/S Tee / USED
Dickies “side pocket work shorts” / USED

Old GAP “nylon anorak parka” / USED
Old Giorgio Armani “swing top” / USED
NICENESS “DEBBY” wool trousers



古着には古着にしかない良さがあるように、新品には新品にしかない良さがある。

こうして文章にすると非常に簡単な言葉ですが、お客さんの様子を見ると無意識的に植えつけられたその枠を取っ払うのは結構難しいのかな、と思ったり。


「高いから買えない。」なんて寂しい事を言わずに、試しに着てみて古着では越えられない新品の洋服の良さを感じて欲しい。

「サイズがどーの、状態がどーの、年代がどーの。」なんて難しい事を言わずに、目の前にあるものをいかに楽しんでいくかを想像して欲しい。



一般的に「古着屋」「セレクトショップ」と呼ばれる枠組みのお店では出来ない楽しみ方が肌で感じられる場所:MANHOLE。

オープンまであと4日です。






MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter

中台 竜郎