107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

すけすけのタンクトップ









こんにちは。
MANHOLEの河上です。

本日紹介するのはCLASSのタンクトップ、の前に少し余談。




去年の春、会社を設立してからはじめてお客さんに販売した商品がNICENESSのワイルドシルクデニム/ULTERIORのカットソー、そしてCLASSのMACK:ダブルラッセルジャカードカーディガンでした。


” CLASS “
– MACK –




このカーディガンが作られたのは2015年の春夏シーズン。
CLASSの洋服に対してたまに感じるのは「ちょっと早すぎるんじゃないか。」という印象。

リリースされてから4年後の春、ありがたいことにMANHOLEのお客さん達に十数枚お渡しすることが出来て、ブランドの在庫は完売。

このカーディガンを手に取る理由は色々とありますが、一番大きな要素としては” シーズン関係無く、とりあえず適当に着てみたらこのカーディガンの着方を新しく閃くんじゃないか。” なんていう可能性を感じるからです。

一見奇抜、一度着てみると違和感、一旦着慣れると普通というプロセスを経由して改めて楽しめるもの。
「ちょっと早すぎるんじゃないか。」の”ちょっと”という期間は、もしかするとそこに辿り着くまでの時間なのかもしれません。

従来の衣料品小売の販売サイクルだと、その” ちょっと “の時間を与えられずに日の目を浴びない洋服もたくさんあるはずです。

僕らがMANHOLEでセールを極力やりたくない理由もそこにあります。

結局何かに飽きてしまうのは人の気分や事情のせい。
物に罪は無いのです。



” CLASS “
– INDIANA –



ダブルラッセル機で編んだシームレスメッシュタンクトップ:INDIANA。

このタンクトップが作られたのは2015年の春夏シーズン。
リリースされてから5年後の夏、お店に並べることにしました。

理由は単純。
僕がタンクトップにどハマりしているからです。



めちゃくちゃ透けそうですが、意外と透けません。
中に白いタンクトップなどを重ねると柄がわかりやすく出るかもしれません。

当たり前ですが、風は通すので非常に涼しいです。
インナーとして上からTシャツやシャツ、ジャケットやブルゾン、なんでも合わせても良いと思います。

フリーサイズなので、細身の方や女性の方はTシャツにレイヤーしても良いんだろうなあ。

僕は太ってしまったので、当分はインナーとして使う予定。
首元が伸びたTシャツやスウェット、首元の空いたニットやボートネックなど。
そういう洋服に合わせられるタンクトップを探していました。
このタンクトップはそんな使い方にぴったりだと感じるのです。


ポリエステル45% / ナイロン45% / ポリウレタン10%。
ストレッチの効いたストレスの無い着用感。
家で簡単に洗濯が出来て、すぐに乾く良い生地です。




” CLASS “
– INDIANA – [Double Russell Jacquard Tanktop ]
¥19,000+TAX-




このタンクトップも、人によって良さを感じる点がそれぞれ異なる洋服。
良さを感じない方ももちろんいらっしゃると思います。

ただ、実際に一度着てみてほしいです。

使い勝手の良いものは世の中にありふれています。
「ただのタンクトップ」に新しい楽しさを見出だせるのは、こういう一見奇抜さを感じさせる何かなのかもしれません。





MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892