107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

NICENESS/MANHOLE ” LYNCH “



NICENESS / MANHOLE ” LYNCH ” – GARMENT SHOULDER BAG –

– How to use –






さて、僕らの予定だと(早くて)去年の8月頃に発売予定だったNICENESSのLYNCH。
スケジュールが押しに押して今年の2月頃にMANHOLEに納品された。

「タグにFirst Anniversaryとか入れます?」と、冗談交じりで提案された際「いや、大丈夫です。」と即答したあの時の僕。我ながら良い仕事をしたと思う。

NN「納期はどうします?」→MH「任せます!」
NN「値段どうします?」→MH「なるようにしてください!」
NN「形希望あります?」→MH「かっこよかったらなんでもいいです!」
NN「外側に収納いります?」→MH「任せます!」
NN「サンプル出来ました!」→MH「いいですね!これで!」


こんな打ち合わせと呼んでいいのかわからない打ち合わせと二度のサンプルチェックを経て、今回のガーメントショルダーバッグ:LYNCHは完成した。
改めて振り返ると完全丸投げの迷惑な話である。
時間がかかるのもしょうがない。

届いてから店頭に出すタイミングをだらだらと見計らっていたら、納品から4ヶ月も経っていた。
だけど、「納品された際の高揚感」というオマケを失っても尚。
このガーメントショルダーバッグは、僕らの目に最高にかっこよく映る。





ちなみに、これが郷さんにサンプルとして渡した軍モノのガーメントケース。
この不器用な感じが好きで実際に使ってみたけれど。。。
全くカバンとしては機能しない、内ポケットとショルダーストラップのみが付属する簡易的なもの。
使用用途が違うとは言えど、都市部で使う道具としての完成度は当たり前のように低い。





アレがこうなるし、更にこうなるんだから驚きである。
しかも、ベースの不器用な良さはちゃんと残っている。
念のため納品されてからしばらく使ってみたけど、道具としてなんの問題も無い。

郷さんはきっと、天才なんだと思う。





NICENESSには「今、すでにあるものを新しいものに変える力」がある。

このブランドの気持ち良さは、リファレンスをしっかり明示することだ。
しかも、出来上がるのは単なる過去の名作のリプロでは絶対にない。

オーセンティックなものを新しいオーセンティックに。
ベーシックなものを新しいベーシックに。
ノーマルなものを新しいノーマルに変える。
そしてその為のデザインを、具体的に形にするのがNICENESSの魅力だ。
だから、NICENESSがNICENESSとして世の中に出すものに、僕らはなんの文句もない。

インラインで出しているモデルの生地替えも必要無い。
わざわざサイズ感を大きくする必要も無い。
不必要なデザインを足す必要も無い。

僕らは郷さんの頭の中に思い描かれるもの、形になるものをドキドキしながら待っていればいい。
それが、NICENESSというブランドの一つの楽しみ方だ。





NICENESSの洋服は「必需品」ではなく「嗜好品」だ。
丁寧に考えられ、丁寧にデザインされ、丁寧に作られ、丁寧に送られてくる「贅沢品」だ。
そうして丁寧に届けられた物を目にすることは僕らの気分を高揚させる。
そして、そうして丁寧に届けられた物は、丁寧に売っていかなければならない。
丁寧に渡すことで、「ただの贅沢品」はいずれ「誰かの実用品」として形を変えていく。

” Just good is good ” という、NICENESSがブランド設立当初から掲げる主張。
それは” 良いものは良い “ということ、ではない。


「気分が良い方が毎日は楽しい。」
僕らは今、そう捉えることでNICENESSというブランドをより身近に感じることが出来る。




NICENESS / MANHOLE
[STOCKNO.NN-AM01MH] – GARMENT SHOULDER BAG –
” LYNCH “
¥52,800-(tax included)




NICENESSのデザインチームにガーメントショルダーバッグを作ってもらった。
一般的には洋服を買った時/持ち運ぶ時の付属品であるガーメントケースを、NICENESSは付属品以上の物に変えてくれた。

一年以上前に「郷さん、これをサンプルになんかバッグ作ってください。形や仕様は任せます。」と渡した軍モノのガーメントケースは、僕らの想像を超えてガーメントケース以上の物として返ってきた。

全員が全員良いと思う必要は無いけれど、よりNICENESSというブランドの持つアイデアを好きになれる物が出来上がったと思う。


発売は明日、5月28日から。
少量ですが、オンラインにも掲載予定です。
遠方の方も是非。




MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892