107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

ベストの時間です。





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

一枚も持っていない人に売るのは全然良いしむしろ何枚か買った方がいいと思うんだけど、たくさん持っている人には勧めようとも思わないのが冬のコート。
MANHOLEではコートを一枚も持っていない人に勧められそうな物や、目的がはっきりしている物、今までなんとなく避けてた物、とてつもなく欲しいものがあったら仕入れることにしてます。

僕の昔からのお客さんには最近ペラペラしたコートしか売ってません。
あとは持ってなさそうな色のもの。
だってみんな、黒とか紺とかグレーとかベージュ〜カーキにかけた色調のコートはたくさん持ってるんだもん。
ペラペラしたコートはいい、あれはコートじゃなくてロングシャツです。
ウールのコートの上に、風を止めるペラペラしたコートを合わせるのもおすすめです。
あの着方は本当に暖かいし、例えば荷物が多い時とか鞄のストラップで生地が擦れるのを防いでくれます。数年前、真冬のホームレスがやっていたのを真似してみたらかなり良かった。
生活の知恵ですね〜。街で見かける光景や実体験は、ネットで見る情報なんかよりよっぽど実があり有意義です。

コートは形も色々あるし、生地もたくさんあるし、下に着ている物に合わせて何を羽織るかを考えるのも考えないのも楽しい。
更に試しに羽織るとかっこいいのでついつい欲しくはなりますが、そのお金でシャツとかニットやスウェットやブルゾンやジャケットのサイズを変えてみたり、パンツのシルエットを変えてみたり、ベストとかとかストールとか靴とかネクタイとか靴下とか本とかレコードとかを買ってみたり、美味しいご飯食べに行った方が、多分もっと楽しい。
しばらく大きなコートを着た体に、細いコートを合わせるのもまだまだ時間がかかりそうなのでMANHOLEで提案するコートのサイズ感を変えるのはしばらく先。






さて、たくさんコートを持っている方。
今年はコートを買わずに手元にあるコートにベストを合わせてみるのはいかがでしょうか。
別にベストじゃなくてもなんでもいいんだけど、ペラペラのコート/めちゃくちゃに重いコート、どちらの上に重ねても良いのはベストな気がしてます。
持っている洋服、「飽きた。」で寝かせず新しい顔をさせてみませんか。





これは数年前に作ったFRANK LEDERのベスト。
懐かしい。
未だにたまに着てお店に来てくれるお客さんがいるのを見ると、良い企画だったな〜と思います。

去年はNICHOLAS DALEYのベストで同じような提案をしていました。
今年はもう少し華やかに、NICENESSのシルクグログランのオーバーベストなんていかがでしょうか。




ネイビーをベースに。
オレンジ/グレージュ/ブラックの4色で構成される幾何学模様が目を引くNICENESSのベスト:SIGMA。

表地は全てシルクグログラン。
オレンジ/グレージュ/ブラックの3色はデイジー柄に合わせて生地を裁断し、特殊ミシンによる刺繍で縫い止めています。
薄いポリエステルの中綿入り。
裏面は弱撥水加工されたコットンナイロン。
裏面も表面同様に特殊ミシンを使い無地の柄が浮かび上がるようにしています。
ボタンレス、リバーシブルで表裏ともにハンドウォーマーポケット付き。






随分長いこと手元にあるせいか。
着るたびに「またこれに頼ってしまうのか。。。」なんて罪悪感を感じさせる昔のFRANK LEDERのペラペラのコートも、SIGMAを羽織るだけで随分と違った印象を見せてくれるなあ。

上から羽織ることが出来れば、コート以外でもなんでもいいと思います。
とりあえず、まずは羽織るだけ。



” NICENESS “ - SYGMA –
[ シルクグログラン キルティングRVジレ]
¥129,800-(tax included)




冬はありがたいことに毎年訪れるので、たまにはアウター以外の選択、良いと思います。






MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892