107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

でも、そんなの関係ないです。






今日紹介するのは膝丈のロングブーツ、でもなく。
ダブル巾8.5cmのグレーフランネルのワイドストレートパンツ、でもなく。
いつお店に並べるか決めかねているcantateのウールカシミアのニット、でもなく。

当初オーダーしていないにも関わらず、11月中旬という変なタイミングでMANHOLEに突如入荷したNICENESSのグローブレザーシャツブルゾン:CHAPPO。



” NICENESS “
– CHAPPO –
¥138,600-(tax included)



以下、NICENESSの公式の商品説明から抜粋。

< CHAPPO > – グローブレザーSHブルゾン・スエード –

最高級グローブレザー(羊革)を使用。
一般的にグローブレザー(羊革)は極端にサイズが小さい為、この分量を使用することは珍しく贅沢なアイテムです。
ナッパ(銀面)同様、優しい着心地や手触りがくれる幸福感はこのレザーならでは。
シャツ型でありながらイン・アウトで着用できるよう、ディテールとシルエットにこだわりました。
職人が裁断から縫製まで一貫して丸上げしている為、革本来の馴染む楽しみを味わえます。

はい。




僕が撮影で触れる度、よしろうにブラッシングしてもらわなきゃいけないくらい生まれるフィンガーマーク。
毛足の長い柔らかなスエード。

幸福感、物の表現としては久しぶりに聞く言葉。
「いやいや、大袈裟でしょう。」なんて思いながら触ってみたところ、確かにえもいわれぬ謎の肌あたり。

これを幸福感とするならば、文章でどう伝えれば良いのだろうかと悩んでいたところ。
たつろうくんが隣で「とおいむかし、はじめておっぱいを触った時のような感覚を、俺はまた思い出している。」と、言っていました。

たしかに、それは、こうふくかんです。




皮革はデニム同様、一枚では何も暖かくないけど風は止めてくれる。(毛皮やムートン除く)
日本では湿度を感じなくなったら快適に着ることの出来る素材のような気がしてます。

例えば秋口や春先はカットソーやシャツやスウェットやタンクトップを合わせて。
冬場はインナーに保温/保湿性に優れた洋服を着ると、その熱や湿度を逃がさず暖かいはずです。

が、革によっては重いし堅い。
それもいいんですが、時には楽したい。
NICENESSのCHAPPOは、軽くて柔らか。おまけに幸福感もついてくるらしい。

オープンカラーのオーバーシャツという、とっつきやすい形。
皮革の洋服を日常的に、いかがでしょうか。




あと、やはり圧倒的な異素材。
皮革製品を持っていない人ほど楽しめる、そんな洋服。





さて、当初オーダーしていないにも関わらず、11月中旬ごろに唐突にMANHOLEに入荷したCHAPPO。

その理由は、素材の特性上「元々傷がついている」から。
仕様といえば仕様なのですが、どこかのお店が代理店に返品してきたらしい。

羊さんが可哀想なので、MANHOLEで引き取りました。
ブランド側は仕様と言っているし、スエードだし、別にいいと思う。
そもそも「だから」この値段。

あと、そんなの関係ねえなと思えるくらい、ちゃんとかっこいい。
が、許せるか許せないかは買う人次第なので実物見てみてください。
M2枚、L1枚。








MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892