107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

どっちみちフランネル



7月もいよいよ終わりに近づいて、 世間一般の洋服屋では秋冬シーズンのアイテムがぼちぼちデリバリーされ始めているタイミング。でも、MANHOLEって、ある程度は季節に合わせて商品を紹介する店だと思うんです。実際にそのアイテムを着る時期にならないと、自分たちの気分にもリアリティが出ないことを知っているから。

基本的にはそうなんですけど、ね。という今回。

こんにちは、鶴田です。



BLESSから届いたパジャマパンツ。いつものモデルなので、この形には馴染みのある方もいらっしゃるかと。

裏地も付いてないぺらっとした一枚仕立て。サイドシームに沿って取り付けられた素っ気ないポケット。ヒップも単なる平面。股ぐりにはアウトドアブランドのクライミングパンツよろしく、ガゼット状のパターンが埋め込まれている。

ウエストを共布の紐で縛り上げて穿く、いわゆるイージーパンツ。

すべて、いつもどおり

なんだけど、このパンツに対しては生地のクオリティが異常に良い。
良すぎない?これ。



今までにも様々な素材が乗せられてきたこのパンツ。今シーズン届いたのは滑りと光沢があるグレーフランネル。白とブルーが重なった渋いウインドウペン。俗にいう「英国調」の柄行き。チェンジポケット付きダブルブレストのスーツでも仕立てればさぞ極上であろう生地。のイージーパンツ。



いつもどおりのリラクシンスタイルで極上生地を穿く中台。

ラフに合わせても、しなやかな素材がモノを言う。足元に入る柔らかいクッションや縦落ちするドレープがスウェットパンツやジャージを穿いた時とはふた味違う。



鶴田はリネンのジャケットやシルクのストール、グルカサンダルに合わせて。



いかにサンダルやリネンと合わせようとも、素材がウールだろうとカシミアだろうとも、8月からこのパンツを穿くのはどう考えても暑過ぎる。それは分かっています。

でも、このパンツ、まだブログで紹介もしていなかったのに残すところはMサイズ一本のみ。やっぱりお客さんはすごいなぁ。季節云々を超えて、自分の直感に正直だ。 暑さ寒さを超える洋服に出会った時、その心の動きは「すぐに着られるかどうか」という実用性を軽々と飛び越えていくということ。

ともかく、せっかく河上がカッコいいパンツを仕入れてきたのに、紹介する前にすべて売り切れてしまうと「はじめから何もなかったことになるんじゃないか」って訳で、鶴田が慌てて紹介しています。


” BLESS “
– PYJAMA PANTS –
[ DARK GREY GRID ]
¥113,300-(tax included)



英国的な見え方の素材をアメリカ的なリラクシンフィットで中和させました、というだけでは足りない存在感がこのパンツにはある。季節とか言葉とかコスパとか、そういった言葉だけでは解決できない洋服にこそ、どっちみち僕らは惹かれ続けていくのかもしれない。

BLESSが作るアイテムには、人をそんな気持ちにさせる魔法みたいなパウダーがいつだって振りかけられている気がする。





MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



鶴田 啓

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892