107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

着心地、足しておきました



m’s braqueの陶芸柄シリーズの為に作ったコットンシルクレーヨンのカットソー生地。
中台に「なんか案ある?」と聞いたら「河上がよく着てたTシャツ作ったら?」と言われたのでそのままその案を採用した今回の陶芸柄のクルーネックT。
右にかかっている白いものが2017年に発売されたモデル。左にかかっているのが今回発売するモデル。

2017年当時、発売されたのは黒いボディに黒い陶芸柄プリント、白いボディに白い陶芸柄プリントの2色展開でした。
薄いコットンのボディにラバープリントがベタっと印刷された、Tシャツのはずなのに全然涼しくないTシャツ。きっと、透けるように薄いボディにベタっとした顔料プリントを施すことで同色ながら柄の強弱をつけるようなデザインなんでしょう。それにしても風が抜けないから暑い、汗も吸わない、ぺたぺたする。
なんだけど気に入って着ていました。今でもたまに着ています。
着心地だけで考えると決して良いとは言えないTシャツなんだけど何故か着たくなる理由はこの「陶芸柄」の柄の持つパワーだったんだと思います。
白、黒、どちらの色も持っていたはずなのにいつの間にか白いボディしか手元に残っていなかった。どこに行っちゃったんだろう。



透けるくらい薄いコットンボディ、見るからに暑いベタっとプリント


ポケット付き


” m’s braque for MANHOLE “
– CREWNECK TEE – [陶芸柄]
Size: M/L
¥35,200-(tax included)



と、いうわけで完成したのが今回のモデル。
2017年モデルが白一色、黒一色だったので、今回は白いコットンシルクレーヨンの生地をベースに黒の陶芸柄をプリント。柄の迫力はそのままに、単純に着心地を良くしました。
というか、それくらいしかイジるところがありません。

昨日禅野くんも書いていましたが、組成はコットンがメインなのでしっかりと汗を吸ってくれて、普通に洗濯が出来るという手軽さも良い。洗濯すると顔料で寝ていたシルクのネップが浮いてくるので、買った時のピカピカの状態よりも着用を繰り返すことで雰囲気が増すのもこのカットソーの良いところなのではないでしょうか。







ただのTシャツですが、何かを考えながらも着ることが出来るし、何も考えなくても着ることが出来ます。
自分自身にシンプルに、その時着たいようにお楽しみください。



MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892