107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog



気まぐれの靴



こんにちは。
MANHOLEの中台です。


今日はF.LLI Giacomettiについて、なんの知識も無い僕が紹介します。
河上がいるから甘えているのですが、本当に細かいことは何も知りません。
特に河上からの情報共有も無いし、、


でもかっこいいのは分かる。
ルールとして正しいかどうかは分からないけれど、
こうやって合わせたらかっこよさそうだ、というイメージも持っている。


感覚的に良いと思えたらそれでいい気がしています。
必要な情報は河上が伝えてくれるし、履いてるうちに気付くことも多いはず。


革靴だからといって、靴は靴。
自分の中であまりハードルを高くせず、気軽に選びたいです。



河上はこういう感じで履きたいらしい。
そんなことより僕はcantateのジャージの穿き心地にびっくりしている。
ちなみに僕はこのパンツの詳細も、何も伝えられていない。


僕はこんな感じで履きたい。
落ち着く。
同じようなジャージ、同じ靴でも合わせる物のニュアンスが変わるだけで印象は大きく変わる。


僕の周りの友人も「ジャコメッティホシイ。。」と呪文のように唱えてくる。
不思議と感覚的に欲しくなる靴なんでしょうか。



” F.LLI Giacometti “
– FG498 – [ Single Monk Strap Shoes ] ¥95,000+TAX-




とはいえ、売り手の僕が知らないのもおかしな話。
河上は「中台はそれがいいんだよ〜。役割分担出来てるからいいんじゃないか。」なんて言ってるけど、そろそろ勉強します。


それでは、また。











MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892







こんにちは。
MANHOLEの河上です。

本日紹介するのはF.LLI Giacomettiのモンキーブーツ。

「自分が出来るだけ飽きたくないから。」なんて自分勝手な理由で同じ靴を同じ仕様でお店に並べる事はしたくないのですが、この靴に関しては前職含めると3回目のリピート。

人によって足の形が全く違うし、当然足の形に合う靴も違ってくるし、その上趣味嗜好も違うんだけど、この靴に関しては割と手放しで誰もが気に入ってくれる気がしています。

人によって足の形が全く違うし、当然足の形に合う靴も違ってくるし、その上趣味嗜好も違うから、靴を接客するのは楽しいし、靴を買うのも売るのも楽しいんだけど、この靴に関しては割と手放しで誰もが気に入ってくれる気がしています。現段階では。


「〜と合わせるといいんですよ。」なんていう導きも必要がない。
「なんでも合わせられるんですよ。」なんていう当たり前の言葉なんだけど、たまにこの言葉って本当は嘘なんじゃないか、なんていうもやもやを抱える必要もない。

「本格靴のハードルを下げる。」なんて下らない大義も必要ないくらい、高く感じていたハードルを勝手に飛び越えられる靴のように感じます。



僕にとっての脱力系ブーツ、それがF.LLI Giacometti / MENTA木型のモンキーブーツです。




” F.LLI Giacometti “
– Monkey Boots – ¥106,000+TAX-



内振りの木型のハンドソーングッドイヤーウェルテッド。
多分そんなに脱力して履いちゃいけないくらい、職人さんが苦労して作ってくれているんだろうけど、だからこそ脱力して履いちゃえるくらいのフィッティングに仕上がっている気がします。

結構仕入れたんですが、残りは40のサイズ一足のみになってしまいました。
ご興味ある方は是非。







MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


気付けば7月、、MANHOLEもオープンしてそろそろ一年。
時の経過は、年々早く感じますね。
あっという間です。

新品は秋冬商品の入荷待ち状態なので、
たまには古着の紹介をします。


古着に関しては、ジャストなタイミングで気分の良いものを選べるところが好きです。
今だったら半袖シャツが欲しいな〜。





USED “Polo Ralph Lauren”
– CALDWELL cotton s/s shirt –

“DUBING”
– GLOW CAP –
F.LLI Giacometti ” Marmolada “
– CHUKKA BOOTS –








USED ” old GAP ”
cotton s/s B.D shirt


” FRANK LEDER “
– TRIPLE WASHED THIN COTTON WIDE TROUSERS – [with Drawstrings]
” Walmart original “
– EVA sandal –







USED ” Polo Ralph Lauren “
– cotton-silk s/s shirt –

” NICHOLAS DALEY “
– HAND KNITTED MESSENGER BAG –
USED ” Levi’s Silvertab “
– BAGGY –




何年か前にTシャツよりもシャツの方が涼しいことに気付きました。
真夏はインナーも着ず、だらっとシャツ一枚で着るのが好きです。

半袖シャツに抵抗のある方たくさんいらっしゃいますが、なんでだろう。
男の服は種類が少ないので、なんでも着られる方がきっと楽しいです。


USED ” R2HARDCORE “
– polyester s/s shirt –




夏はあまり好きでは無いけれど、梅雨明けが楽しみなこの頃です。


それでは、また。





夏はシティーポップが聴きたくなる。




MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

秋冬シーズン用にまず2種類の靴が納品されました。
1型は去年の秋冬シーズンも取り扱っていたゴートレザーのモンキーブーツ。

そして、もう1型はブラックスウェードのシングルモンクストラップシューズ。



セミスクエアトゥ/シングルモンクと、パッと見ドレス面をしているF.LLI GiacomettiのFG498。
「オン/オフ兼用出来ますよ。」なんて案内をしそうになるこの靴ですが、僕はスウェットパンツやジャージ、リブパンツのようなスポーティな洋服に合わせたい。


特に、中台はスポーツ物を上手く着る人間。
そういう意味でも、この靴を使ってMANHOLEならではの提案が出来るような予感がしています。




スリッポン設計の木型:ROSSAを用いたシングルモンクストラップシューズ。
履き口が広く脱ぎ履きのしやすい作り。
トップラインが低い分、履き口から覗く足首の見え方もこの靴ならでは。


甲革にはチャールズ・F・ステッド社のスーパーバックを採用。
グルカサンダルやオープントゥのサンダルに用いたリバースドカーフと表情は異なりますが、手入れの仕方は一緒です。

底付けはハンドソーングッドイヤーウェルテッド。
ソールはヒドゥンチャネルの半カラス仕上げ。

踵が抜けづらく、靴が笑いづらいスリッポン木型を用いているとはいえ、マッケイ製法で作られた物と比較すると最初は返りも固いし多少の靴擦れも起きると思いますが、数回履くと馴染むと思います。

その為、この靴は最初からハーフラバーを貼るのはオススメしません。
滑りが気になる方や、雨の日にも気にせずに履きたい方は、多少履き馴染んでから半貼りすることをお勧めします。





冒頭に「スポーツ物と合わせたい。」なんて書いておきながら、実は半年前は「フレアパンツと合わせたいなあ。」なんて考えながら仕入れたモデル。

人の気分なんてあてにならないけど、そんなあてにならない気分すら楽しめる靴。




” F.LLI Giacometti “
– FG498 – [ Single Monk Strap Shoes ] ¥95,000+TAX-




靴の情報を羅列するBlogも飽きてきたので、次は中台に感覚的に紹介してもらおうかなあ。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

「ウナギイヌ」というキャラクターをご存知でしょうか。
” ご存知でしょうか “なんて言いつつ、僕もそんなに詳しくありません。
「見ずに描いてみてよ。」って振られても、ちゃんと描けないくらいの朧げな記憶。
当然、彼が生まれた背景も知らない。
気になったので調べてみました。



” ウナギイヌ ” (うなぎいぬ)
– 父はイヌ、母はウナギという種を越えた強い愛から生まれた、奇跡の愛の結晶。
ニョロリと身をかわしてピンチを乗り切る要領の良さも持ち合わせている。



う〜ん。赤塚不二夫先生はどういう精神状況の元に彼を生み出したのでしょうか。
多分生い立ちもWikipediaには載ってるんだろうけど、別にそんなに深く知りたくもないキャラクター:それが僕にとってのウナギイヌでした。



ロンドン:大英博物館で2019年5月から8月まで開催されたマンガ展『 Manga マンガ』で販売されていた、「ウナギイヌの最期」の1ページを印刷したポストカード。



「でした。」というのは、昨日までの話。
今はウナギイヌが無性に気になっています。

と、いうのも今日、お土産物のウナギイヌのポストカードがふと目に入ってから。
僕は彼のことばかり考えています。

そして、きっと明日には忘れている。



「現代日本の国家権力に対抗するウナギイヌ!! 運命やいかに?」という見出しから始まり、
” 目ン玉つながりのおまわりさん “の一言で笑い転げ、そのまま死んでしまうウナギイヌ。




たまに食べられたりはしていたようですが、おそらく読者全員が想像出来なかったであろう最期を遂げたウナギイヌ。
もしかするとこの回を描いた赤塚不二夫先生も、前日まではウナギイヌがこんな最期を迎えるなんて考えてもいなかったかもしれません。

ちなみに作中で” 目ン玉つながりのおまわりさん “に言われた一言は、吹き出しが描かれただけの空白。これが余計に想像を掻き立たせます。


連載当時の赤塚不二夫先生と近しい人達の答え。
連載当時読んでいた読者の方々の答え。
赤塚不二夫作品をそんなに読み込んでいない、今の僕の答え。


その時の環境 / 年齢 / 精神状況によって変わりそうで面白いし、色々と知らない情報があるからこそ想像出来ることも多い。
洋服と一緒ですね。

ちなみにこの「ウナギイヌの最期」はGOOGLEで画像検索すると簡単に出てきます。便利。





明日は僕一人なんで、今回納品された靴の事でも書きたいなあ。

それではまた。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

スイッチ




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

昨日は暇だったので外をぶらぶら。
たまにお店に戻ってうだうだ。
そして暇だから外でまただらだら。
お店に戻ってたばこをぷかぷか。
更に暇だから外をふらふらしてました。

ふらふらしている内に気付いたらジャケットを買ってました。
サラッと買ってしまったのを後悔するくらい気に入ってます。
昨日からこのジャケットの事しか考えてません。
買い物って楽しいですねえ。

MANHOLEに来てくださるお客さんも同じような高揚感を感じてくれていると嬉しいなあ。
僕らももっと、頑張ります。




パッと見は今までの僕が好きな雰囲気なんだけど、中身は全然違う。
滑脱と戦ったような跡がたくさんあるけど、それも勉強ですね〜。
自分の中の変化が楽しみな洋服です。



そろそろBlog上で紹介する春夏物が尽きてきました。

秋冬の商品は少しずつ納品されてきているのですが、ゴリゴリの縮絨ウールを紹介する気分にはしばらくなりそうに無い。
7月の3週目くらいから立ち上げようかなあ。

それまでは今日入荷したF.LLI Giacomettiを紹介しようかと思っています。



ちょっとでもスイッチを切り替える為に、最近はcantateの松島さんに作ってもらったジャージをぼーっと眺めています。

前シーズンはスウェットパンツ、今シーズンはジャージ。

彼は化学繊維を使うのを嫌がるので、今回は「ウール100%でジャージ作ってください。」とお願いしてみました。

その結果、2反織るのに3ヶ月かかる生地が出来上がり、更にスーツ工場で縫製、付属にシルクのドローコード、側章はsuper100’sを使った高密度のベネシャン、TALONジップが付いた物がサンプルとして納品されました。

「毎度無理を言っているので、やりたい事やっちゃってください!」なんて伝えた結果、請求書を見て久々に吐きそうになりましたよ…。





その分、足を通した瞬間から驚きを感じられるジャージが出来上がったと思います。
作って良かったなあ。

これも7月中旬くらいにはお見せできると思います。




毎日色々な事に一喜一憂しそうになるし、相変わらず事務作業は山積みで気が滅入りそうになるけど。

目の前の楽しみはたくさん見つかって、やりたい事がどんどん増えて行くので僕らは今日も幸せですねえ。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


最近、僕の母がこのブログを見ていることが分かり、なんだか嬉しいような恥ずかしいような。。
そういえば、僕は親に自分が好きなことの話をほとんどしたことがないし、今後も直接伝える予定は無いので、ちょうど良い機会かもしれません。


お母さん、僕は変なサングラスが好きだ。







ブラピでも躊躇しそうなデザイン。
こんなのが好きです。
似合わなくてもいいジャンル。
違和感を魅力にしていくタイプのサングラスです。


他にも色々、ヴィンテージのサングラスを15本くらい追加しました。






これもあまり見たことがない変な形。
何事も無いような顔でかけて欲しいです。






割とベーシックなものもちゃんと用意しています。
普通にカッコいいけれど、”基準”になるものとして置いているのかもしれません。
その方が、個性的なデザインのものが伝わりやすい気がしています。







バランスの良いCAZALも。
人気者です。
河上が欲しがっています。。




ラインナップの中から普通のサングラスをかけてみました。

変な物ばかり買っていたからか、ベーシックなものが良く見える。
そろそろ一本買い足そうかなあ。。


今日はハンバーガーを食べるので帰ります。
それでは、また。









MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

夏のシャツ







こんにちは。
MANHOLEの河上です。

「暑くなったタイミングで着たいな。」と思っていたPERIOD FEATURESのシャツ。
アロハシャツやキューバシャツとは全然違う、インドの気候や社会性に合わせた織物。
このシャツには日本の気怠い夏が良く似合う気がしています。


生地の特徴だったり、超絶テクニックの説明は、丁寧にタグに記載してくれているので割愛します。
そういう話は実際に現地に行って生地のコントロールをしている、デザイナーの津村さんから直接聞くのが一番良い。というか、直接会って話を聞く面白さのある洋服です。





最近このBlogを夏への恨みを綴る場所だと勘違いしている僕でも、「暑くなったタイミングで着たいなあ。」なんて思わせてくれるシャツ。

毎年、Tシャツに限界を感じていました。
今年の夏はこのシャツを着て過ごしてみようと思います。
快適そう。実際に快適だといいなあ。



” PERIOD FEATURES “
– Ikat – ¥46,000+TAX-


” PERIOD FEATURES “
– Ladder 2 Tone – ¥39,000+TAX-



会うたびに「我ながらお金にならないことやってるよ〜。」なんて言葉を溢す津村さん。
お店の事を気にしてくれているのか、定期的に自転車で颯爽と現れる津村さん。
ゆる〜い雰囲気だけど、言葉や考え方はエッジが効いていて刺激的です。
話すと「もうちょっと頑張ろうかなあ。」なんて気にさせてくれます。

次のシーズンは一緒に何か面白いことが出来るといいなあ。
アイデア、どこかから降ってきませんかね〜。




MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

昨日紹介した、らしくない洋服。
この洋服を仕入れた一番の理由は、自分が無意識に避けていた柄だから。

「僕は、僕が既に好きな洋服しか着てこなかったんだなあ。」なんて反省する事がこの一年間で増えて来ました。
そういう意味でも良いタイミングだったと思います。



「なんでもカッコよく着られるようになるのが一番かっこいいよなあ。」なんて話を二人で暇な時に良くしています。

この「なんでも」というのは、もちろんなんでも良いわけでは無いんですが。。。
自分が「良いなあ。」って思う物であれば何を着てもいい状態まで持っていくことが出来れば、もっと色々な事を楽しめるはず。




80年代のTimney & Fowlerのデッドストック生地を使用したプルオーバーシャツ。

ミリタリーのスリーピングシャツをモチーフにして作られた一枚。
前後で生地が切り替えてあり、後ろ身頃は同じくTimney & Fowlerのボーダー生地を。
肩の釦には50年代のフレンチのガラスボタンを用いています。

ハイネック / 柄のバランス / 半袖のプルオーバー / 雰囲気のある付属。
いずれもvaseの平井さん「らしい」洋服。




「このバランスの洋服を、僕が少しでも僕らしく着るとしたらどうするんだろうなあ。。。」

なんて考えた結果、最近ハマっているタンクトップをインナーにして、釦も留めずに着てみたら割としっくり来ました。
ジャケットのインナーに用いても良い感じです。

ポストモダンに対しても明るくないし、Timney & Fowlerに対する知識もそんなに無い。
そんな僕が、今まで通ってこなかった場所に寄り道するきっかけを作ってくれそうな気がしています。



” Timney & Fowler “
– ANGEL – [ Vintage fabric S/S Shirt ] ¥36,000+TAX-




洋服は、ただ単純に「着るだけ」で自分が知らない分野に興味を持つ道筋を作ってくれます。


こだわりを持つのは大切な事ですが、最近はそれが足枷になる場合が多い事に気付きました。
” こだわり / スタイル / 〜系 “
聞こえは良いですが、本当に大事な部分はそこじゃ無いのかも。

もしかするとこだわりを持っていいのは「自分らしさ」を気にせずに「自分らしくない物」まで全て着てみた人だけなのかもしれないなあ、なんて。

僕らはまだまだ知らない、わからない事が多い。
そういう部分をポジティブに楽しんで行きたいですね〜。




vaseの平井さんは、独立するかしないかウダウダと悩んでいた当時の僕の話をず〜っと聞いてくれた大人の一人。多分相当ウザかったと思います。

自分が興味の無い事に興味を持たせてくれる人って意外と出会えなかったりするので、そういう意味でも僕はこの洋服をお店に並べる事が出来て良かったなあ、と思っています。





MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。


「河上くん、面白いものを作ったのでお店用にどうですか?」


数年前からたまに遊びに行っていた中目黒:vaseの平井さんからそんな連絡が来ました。

ちょうど夏物が無くて困っていた時期。
割とタイミングに身を任せながら毎日を過ごしているので、これもきっかけの一つなのかも。と思いながら、vaseの平井さんの感覚で作られた洋服をお店に並べてみました。





我ながら「らしくない」洋服を仕入れたと思います。
” Timney & Fowler “のデッドストックファブリックを使用した一枚。

ポストモダンに対しても明るくないし、Timney & Fowlerに対する知識もそんなに無い。
柄物に対してそんなに抵抗も無いけど、この手の柄は無意識に避けていたかもしれない。
そういう意味でも僕らしくない洋服。



” Timney & Fowler “
– ANGEL – ¥36,000+TAX-




今日は珍しく雑務でバタバタしてしまい、あまり頭が回らないので明日また書きたいと思います。

今、僕の頭上には天使の代わりに数字が舞っていますよ。。。
やだなあ。







MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 27