107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog










こんにちは。
MANHOLEの中台です。


久し振りに古着の商品の入荷と入れ替え作業を二日間真面目にやりました。
珍しく連夜の残業です。
数百点の入荷でお店がパンパン…。
その間来て頂いたお客さま、バタバタしていてすみませんでした。
しっかり整いましたのでまたお越し下さい。


さて、今回は僕の中でしばらく敬遠していた色・物をポジティブに捉えられたり、変化を感じられる内容になったなあなんて思っています。
変な物、見たことない物、笑える物、珍しい物、古い物、ちゃんとカッコいい物、色々な魅力がある商品が並んでいます。

中でも、なんだかプロっぽいナイロン物がやたらと気になったので色々用意しておきました。
あまり飾り気のない地味なデザインなんだけど、よく見るとすごく変だったり、メゾン顔負けのオーラを感じるものまである。

やっぱり古着、面白いです。


とりあえず店頭でお待ちしてます。
皆さま良い週末を。










MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

現行品を扱うセレクトショップでしか働いたことのない僕にとって。
古着を取り扱うという行為は、僕に新鮮な感覚をもたらしてくれました。

MANHOLEに来てくださったことのある方であればなんとなく伝わるかもしれませんが、中台が買い付ける古着は探しづらいものが多い。
この「探しづらい」というのは、決して数が少ないという意味でも希少だからという意味でもなんでもなく、その物自体の雰囲気、ユニークさ、違和感を彼が感じ取った結果集められた物だから、探しづらいのです。

なので「ヴィンテージウェア」はたまに混じりますが、きっと彼はヴィンテージウェアをヴィンテージウェアとして受け取りながら買い物をしていないはずです。

ただ単純に「かっこいいものとして提案が出来るかどうか。」という、その時の彼の枠の中に入るか入らないか。
その枠の基準は、「物にフォーカスした内容」ではなく「何かを感じること、伝えたいことがその物にあるかどうか。」にあるような気がします。

さて、そんな風に彼が集めてきたMANHOLEの古着。
彼は買い付けに行く度に、「買い付けた洋服の良いと思った点」を一つ一つ僕に伝えてくれます。
その内容は業務的な情報共有ではなく、ただの感想に近い。
ですが、僕は彼のその感想を聞く度に「一つ一つの物の良さを探して人に共有する楽しみ」を改めて、実感する事が出来る。







古着を買うこと、古着を売ること、それはいずれも「どこかしら、何かしらを許す行為」に繋がってきます。

大きさも全く自分が意図するサイズじゃない。
穴が空いていたり、汚れが付いていたり、ハチャメチャ適当なお直しがされていたり、新品の洋服だと販売することなんて絶対に考えられないような状態になっているものもある。
仕様/シルエット等、その時の時代感に合わない形のものも常にそこにある。

現行品を買い物する際も「許す行為」が必要な場合がありますが、古着の場合はその「許す行為が必要な項目」が圧倒的に多いです。

良いと思ったから許す。
好きになれる部分があったから許す。
面白いと思えたから許す。

「綺麗に整っていること、上質な素材を使い丁寧に縫製されていること、かっこよく作られていることだけが、正しさではない。」
新品の洋服だけでは伝えることが難しいことを、古着を通すことで伝えやすくなる。
それに気付いた時、僕はMANHOLEというお店が好きになりました。




” 1980’s ISSEY MIYAKE PERMANENTE “
– WIND COAT –





このコートは、1980年代のISSEY MIYAKE PERMANENTEのWIND COAT。
通称イカコート。


これは冒頭で説明した中台の買い付けには珍しく「探しやすい古着」。
何かを許す必要すら感じさせない、名作です。

MANHOLEの古着の面白さは、探しづらい物を許し続けている道中、こういう洋服に出会った時に改めて感動が出来る点にもあるのかもしれません。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892



辿り着かない




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

そろそろ何かしら納品がある時期だと思っているんですが、何も届かない。
と、いうわけで珍しく古着の紹介を。

ISSEY MIYAKE PERMANENTEのIKA COAT。





と、思っていたのですが、何故か僕の話が全くこのコートに辿り着かない。
このままだと今日、家にも辿り着けなくなりそうです。

久々に頭の中を整理できるチャンスなような気がしているので、明日また挑戦させてください。





そういえば。
寂しい一日になる予感がしていた昨日ですが、開店直後にお客さんから弁当の差し入れがありました。

合羽橋道具街の調理器具屋さんで働く彼のインスタグラムに定期的に上がる、家庭料理がとても美味しそうだった。
冗談半分で「今度弁当持って来てよ。」と伝えたところ、本当に作って来てくれました。
めちゃくちゃ美味しかったです。毎日食べたいなあ。


一日を暖かい気持ちで過ごすことが出来ました。
まあ、彼が帰った後はしっかり暇だったんですけどね。

それではまた。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




今日は久々に一人で営業してます。
緊急事態宣言下、外は霙まじりの雨、そして一人。
寂しい一日になる条件は完璧に揃っている。

誰かと話したくなったら、たゔぇるなに珈琲を飲みに行こう。






「たゔぇるな」とは、MANHOLEの隣にあるカラオケスナック。
いや、「たゔぇるな」の横にMANHOLEが出来たという言い方が正しい。

外苑西通りにあるKONOSUKe BARの渋いオーナーが、今のママ:ゆかちゃんにコーヒードリップを直伝。

「この淹れ方、すっごい時間かかるからイライラしちゃうのよー!」と言いながらも、丁寧に美味しい珈琲を淹れてくれます。
カラオケの本人出演のライブビデオをBGMとして選曲すれば臨場感も味わうことが出来ます。


昨日もお店に全くお客さんが来る気配が無かったので、二人で珈琲を飲みに行きました。
貸切の状態で煙草を吸いながら珈琲を飲み、ゆかちゃんの70〜80年代の思い出話に耳を傾ける、とても良い時間だった。
BGMとして中台が選んだ曲:中島みゆきの「ファイト」はいつだって胸に刺さる。





今日紹介するのは、FRANK LEDER。
1960年代のヴィンテージベッドリネンを用いた、スウィングトップ型のコットンブルゾン。

このヴィンテージベッドリネンというのは、FRANK LEDERならではの素材。
年代の古いベッドシーツ、通常衣服には使うことの無い布地。
水を通していないデッドストックのものをドイツ各所から掻き集めてコレクションに用いています。
以前は未洗いのまま製品にしていたので個体によっては平気で2サイズくらい縮んでいたのですが、最近は洗いをかけてから製品にしている為、そこまで極端な縮みが起こらず扱いやすくなりました。

僕が何枚か手にしたのは8〜9年前。
平気で2サイズ近く縮む時期の物もあったり、全然縮まないものもあったり。
おそらくベッドリネン自体の年代ももっと古かったはず。
生地に糊がついている状態から始めて、洗い、着込むほどに馴染み、生地が柔らかくなり、色が抜けてきて包みボタンや襟元、袖の裾口などが擦れていく等の経年変化を遂げて自分だけの一着になる、というのが当時のベッドリネンの売り文句。


僕は、この「FRANK LEDERのベッドリネンシャツ」が、ここ数年全く目に入りませんでした。
洗ってめちゃくちゃに縮むのも全然許せるし、黄味がかった色、カスの残った生地の雰囲気も好き。
以前はシャツ2型だったのが、ここ数シーズンで型数も大幅に増えて選びやすくもなっている。
でも、何故だか全く仕入れる気にも着る気にもならない。


その何故だかの理由は自分でもなんとなくわかっていたような気がします。
経年変化は結果的に起こるもの。
最初から「経年変化」という大層な宿題をお客さんに背負わせて物を渡すのは、少し違うんじゃないか。



” FRANK LEDER “
– VINTAGE BEDSHEET BOMBER JACKET – ¥58,000+TAX-




と、いうわけでMANHOLEで「FRANK LEDERのベッドリネン」を仕入れる際は、経年変化を意識せずとも魅力的に見えるように紹介がしたい。

最初から答えがわかっている買い物に、楽しさなんてあるんでしょうか。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
はじめまして、バイトの石川です。

MANHOLEに立ち始めて1ヶ月ほど。
河上さんは僕のくだらない発言によく笑ってくださり、中台さんは僕のくだらなさを良く引き出してくれます。ありがたい。
ユウトくんは偉大な先輩として僕を律してくれるので非常に助かります。ありがとう。

自分で立ち上げ4年を過ごした会社を離れて2ヶ月が経ち、初めて”雇われる”事になったのですが、環境を変え、役割も変わったことで、自分自身の考え方・モノの見え方も変わった気がしていて楽しいです。




今日紹介するのはRANDYのPalm。

僕がMANHOLEで働き始めた時には既にRANDYの商品が並んでおらず、年始に少し持ってきました。
デザイナー:相川は、頭の中が整理できた後に洋服の説明してくれます。

AW20のシーズンコンセプトは「Sitges」。スペイン、バルセロナから少し離れた海辺の街。
相川が2019年11月にリサーチしに(タノシミに)行った冬のリゾート地:シッチェスで見た「建築」・「植物」などから着想したこのシーズン。

ハチャメチャにリサーチしたのか、カードの請求がすごいことになってました。
笑って許してあげることも僕の仕事です。

「Palm」は強い日差しを受けた植物の影からのインスピレーション。

ノータック、やや広めのウエストからまっすぐに落ちていくワイドパンツ。
角度のあるフラップ、裾のインパーテッドプリーツ。

股上が深く、生地が柔らかいのでストレスが少ないのも嬉しい。
インパーテッドプリーツは時々アイロンで伸ばしてあげると陰影をより感じられますが、
別に伸ばさないでだらっと着ても良い。

ふっくらとした生地:グレー・マーブルと、カルゼ織りのスーパーブラックでは、
シルエットの出方も気分も違って見えます。




このパンツは素材の異なるアイテムを上に持ってくることでより楽しめます。

スーパーブラックには、ガサガサ生地のタイトなレタードニットを。
軽さがあるグレーは、カチッと綺麗なジャケット。
マーブルの生地は、よく見ると青やオレンジが混ざっていて、デニムのカバーオールを着ると大人になれるかもしれません。

” RANDY “
– Palm –
Black ¥48,000+TAX-
Marble / L.Grey ¥45,000+TAX-




AW20の展示会を行ったのは2020年3月。
僕は何組ものバイヤーさんに説明して、このパンツの新鮮さを忘れかけていた気がします。
あれから10ヶ月が立ち、環境が変わり、見え方の変わった僕には新しい発想を与えてくれる新鮮なパンツになりました。



RANDYだけでなく、多くのブランドは年に二回のコレクションを発表しています。
この流れ自体は、今のファッション業界の仕組みにおいては非常に合理的で良いと思います。

しかしシーズンや年月を超えて立ち戻ることは、洋服と向き合うためにはとても必要な行為です。
そうすることで、これまで見て来た洋服もこれから出会う洋服も、より新鮮に楽しめるのではないでしょうか。






MANHOLE official instagram


石川 義朗

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

今日紹介するのはBLESSが継続的にリリースしている ” Shopping Supports “というレザーバッグ。





「ショッピングをサポートするためのバッグ」と言っても、これ自体に「ショッピングをサポートするための収納」があるわけではない。

一枚の革に、レザーのショルダーストラップ/ 2本のステンレス製のフック / レザーのペン差し / あしたのジョーを一巻入れただけで、もう何も入らなくなる収納が縫い付けられているだけのもの。
それが、BLESSの” Shopping Supports “である。





このまま何も工夫せずに持っても絵になる。
だけど、この写真の中台が持っているのはまだバッグではなく、ショルダーストラップが付いたただの革の板だ。


想像してみてほしい。
このただの革の板が、どのように「ショッピングをサポートするためのバッグ」に変化するのか。
変化した見た目がどのようになるのか。
変化した過程で、どのようになるのか。



” BLESS “
– Shopping Supports – ¥66,000+TAX-





BLESSの作るものは直感的で、難解で、愉快で、素敵だと思う。

「さあ、頭の普段使っていない部分を使うのは今ですよ。」と言われている気になるし、「頭を使わずに感じたまま受け取ればいいんですよ。」と言われている気にもなる。

頭の普段使っていない部分を使った結果なのか、頭を使わずに感じたまま受け取った結果なのかはわからないけど、いつか。
このバッグが、使う人に対して様々な奇跡をもたらしてくれそうな気がするのは、僕だけだろうか。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


機能美や無駄のないデザイン。
シンプルさ、無駄を削ぎ落としたソリッドなものが洋服に求められるようになって暫く経つ。

確かに、無駄な装飾や意味のないディテールを削いで出来上がったであろう製品には洗練された印象を受ける。
それに、何の役にも立たない不便なものよりは機能的で利便性の高いものの方が当たり前に良いのはわかる。

でもそれだけでは楽しさは成立しない。
正しいことが正しいとは限らない、それが許されるのがファッションの素晴らしいところだと思う。
気が利いていない、何かが足りない。
そんなマイナスを自分のアイデアや他の何かで補うことが僕は楽しい。
コーディネートの足し算引き算とか言ってる人をたまに見かけるけど、足し算引き算が必要なのは見た目だけではない。

今回紹介するのは、NICHOLAS DALEYのワックスドコットンのポンチョ。
実は様々な理由(主にオーダーが集まらなかった)から、商品化されなかった一着。











” NICHOLAS DALEY “
– PATCHWORK PONCHO – ¥120,000+TAX-



各ディテールや生地の説明等は必要ない気がする。
着やすくもないし利便性も無い。
きっと理屈で買うような洋服ではない。
バランスなんてどうでもよくなるような、強すぎるくらいのパワーを感じるポンチョ。


こんな洋服が、当たり前に商品として成り立つようになれば良いなあと思う。









MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

陰影の服




こんにちは。
MANHOLEの河上です。


明けましておめでとうございます。
今年も関わる全ての方々とその時々の状況を楽しみながら、お店が潰れないように毎日を過ごしていきたいと思います。

「初売りからバタバタだと思いますが〜」から始まる内容の連絡をお客様数名から頂いてます。

が、残念ながらめちゃくちゃ暇です。
どなたか、僕らの相手をしてくださいませんかね。





今年の正月は久々に実家に帰り、掃除をしていました。
どうやら祖父が建てた家のリフォームをするそうで、所狭しと移動の必要な荷物で溢れかえっている。

そこには捨てるのも今の家に持ってくるのも面倒で、とりあえず「思い出」という便利なパッケージに包んで放置していた、僕の私物も当然ある。
それがリフォームをする為の大きな障壁になっているのを、「Team Kawakami」という家族のLineグループの日々強くなる語気から感じ取っていた。

実家に着いてすぐに「取り残された思い出」が詰められた箱と対面する僕。
もうめんどくせえから全部捨ててしまおう、と考えていたので意外と作業はスムーズに進んだ、というか心を無にして行う作業はスムーズに進んでもらわないと困る。

捨て方のわからないゲーム機、捨て方のわからないプラモデル用の塗料、捨て方のわからない工具類、捨て方のわからない木箱、捨て方のわからない鉱石、捨てていいかわからない手紙、お土産、人の念が入ったもの。
捨て方がわからないのでとりあえずゴミ袋に突っ込んで玄関に置いておいたら「こんなんじゃ捨てられるわけないでしょ!」という姉の声が下の階から聞こえる。いや、わかってはいるんだけどごめんなさい。
気付いたら綺麗に分別されて置いてあった。出来る姉だ。剣道も五段、彼女との喧嘩には勝ったことが無い。


僕の思い出を捨てる作業の途中、置きっ放しにしている洋服に目を通した。
別に悪くない。太ったからサイズが合わないのが幾つかあるくらい。

僕の思い出の中でも人の念を感じるもの、置きっ放しにしている洋服は持って帰ることにした。
僕の思い出を渡しても喜んでくれる人はいないだろうけど、置きっ放しにしている洋服はいずれ着る。適切な誰かにあげたら、その誰かは喜んでくれるのかもしれない。





今日紹介するのはO’DEMのmodule。
年末にデザイナーの中村さんが両脇に抱えてお店に持って来てくれた。

そういえば、前回紹介したモデルが完売した際に「次も作ってるんで〜!」と言っていたのを思い出す。

リファレンスはUK/パラシュート部隊のロングベスト。
今回採用しているのはグレージュのような柔らかい色味。
陰影の服。

前回、割としっかり心を込めながら紹介したのであまり書くことがない。
以前はあまり多くの人に紹介することが出来なかったので、改めて売り場に並べることが出来て嬉しい。

決して便利でも機能的でも無いけど。
手にした人が、良さを一つ一つ自分で探していくことの出来る洋服である。
一つ一つに中村さんの気持ちも入っているような気もする。



” O’DEM “
– module – ¥70,000+TAX-




思い出の中のお土産物をゴミ袋に入れる時は、特に寂しい気持ちになった。
仮にそこに贈る人の気持ちがこもっていたとしても、貰う側の僕がそれも受けとらなければ。
役目を果たさず箱にしまわれたまま、こうしてゴミになってしまう。

このお店で単純な物の売り買いをしたくない理由も、そこにある気がする。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

年末のご挨拶





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

年内の営業は12月27日に終了致しました。

最終営業日も遅くまで来店が途切れる事なく営業を終える事が出来た事、嬉しく思います。
ご来店くださったみなさま、本当にありがとうございました。

MANHOLEというお店のキャパシティについても、もう少し深く考える必要があるということを強く感じました。
そこそこ広いはずなんだけど、狭い。
僕が場所使うの下手なんでしょうね。

出来ればお店は増やしたくない。何か良い方法はありませんかねえ。




さて、2020年。
この年は、(多くの方々にとってもそうであるように)今まで僕らが抱いていた当たり前が崩れ去った年だったように感じます。

今まで当たり前のように出来ていたことが当たり前のように出来ない。
そんな毎日を過ごすことで、僕のお腹周りの肉だけは当たり前のように増えていきました。
最近は背中にも周ってきました。なんなんでしょうかね。





ありがたいことに「MANHOLE」というお店は、僕らにとってそれを悲観的に感じさせない存在となってくれました。


コロナ禍どーこー以前の問題で。
口を開けて待っていても、当たり前のようにお客さんは来ない。
ぼーっと毎日を過ごしていても、当たり前のように楽しさは訪れない。
毎月の給料日に、当たり前のようにお金を受け取る事/渡す事が出来ないかもしれない。


僕らはこの場所で、「かつて誰かに与えられていた当たり前」を一度崩し、改めて自分達の力で作り上げる努力をする必要がありました。
漠然と新しいことを始めるのではなく、今まで当たり前に行なっていた事を自分達で当たり前のように行なっていく為にはどう動く必要があるのか。


2020年は僕らの心の中に、その疑問を深く植え付けてくれました。
明日も、来年も、3年後も10年後も同じ疑問を抱き続けたい。
きっとその疑問に答えは出ない、けど答えなんて本当に必要なんでしょうか。
僕らは「MANHOLE」というお店があることで、その疑問を抱く行為自体に意味を見出す事が出来るのです。






さて、自分たちに課した呪いの誓いのような最初のBlog。

その呪いの一つである「人を増やすつもりも無い。」
それを、あっさりと破ることにしました。
二人も雇ってしまった。人が増えるの楽しいです。

僕と中台にとって2020年に必要な行動は、Youtubeを始めることでも、インスタライブを始めることでも、利用しづらいMANHOLE ONLINE STOREをわかりやすくアップデートすることでもありませんでした。

悠人とよしろうの爽やかさにつられて、なんだかこの写真は僕も中台もどこと無く爽やかに見えますね。
気のせいかもしれません。

彼らと共に僕らが変化していくことが、MANHOLEにとって良い結果に繋がるような気がしています。
楽しみです。





来年も当たり前のように良いことと、悪いことがあるだろうけど、僕らにはこのお店がある。
お客さんにとっても、そう感じられるような空間にしていきたい。



新年は1月4日(月)12時より営業を開始します。

おそらくMANHOLEのあるエリアはそんなにガヤガヤしていないはずです。
ゆる〜いおじさん二人と、爽やか風の若者一人/爽やかな若者一人の話相手になって頂けると嬉しいです。

それでは皆さま、よいお年を。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

当たり前の靴







と、いうわけで先日、MANHOLEでオーダーしていたRios of Mercedesが届いた。
2020年4月頃の陰鬱とした空気の中、僕らが無性に欲しくなったものは何故だかRios of Mercedesだったのである。

「松島さん、リオス作りたいんです。ご協力いただけますか?」
と、松島さんに連絡した。
すぐに「代理店の方にメールしておきました。一緒に行きましょう。会社概要だけ作っておいてください。」
という返信と共に大量のRios of Mercedesの参考画像を送ってくれた。





Rios of Mercedesは自由度が高い。
こういう自由度の高いオーダーは、よっぽど自分の中で完璧なイメージを絞り込んで無い限り、うだうだと悩んで何も決まらない事が多い。
結果的に、何も考えずに先方に伺うことにした。

「河上さん達のお店らしく、何も無いくらいがちょうどいいかもしれません。」
という松島さんからのアドバイスをベースに、その場で話を聞きながら決めていく。

言葉通りほぼ何も無いウェスタンブーツが出来上がる。が、何も無いのも味気が無い。
トップステッチだけ賭けに出てみることにした。
「Charlie Paul & Chain 」というステッチパターンのボトム部分のみを採用。

代理店さんからは「ステッチに関しては100%要望にお応え出来るか、わかりません。」というメールを2,3回頂いていた。
別に「僕らのふわふわとした要望がそのまま通らなくても、どうせかっこいいんだろうなあ。」という妙な安心感があったのであまり気にしていなかった。






「どうせかっこいいんだろうなあ。」という期待を軽く超えてくる仕上がりで、とても嬉しい。

Rios of Mercedesの作るウェスタンブーツは、当たり前のように美しく、当たり前のようにかっこいい。






「当たり前のように美しく、当たり前のようにかっこいい靴」を、当たり前のように履く為のきっかけを、僕らは作りたい。

中には二の足を踏む人や、魅力を感じない人もいるだろう。
でも、それは現時点での当たり前でしかないはずだ。

履けばわかる。
履かなければ一生わからないのがRios of Mercedesである。



” Rios of Mercedes “
– Mod.Manhole –
Size: 8D / 8.5D / 9D / 10D
Price : ask





僕らはこのRios of Mercedesを通して、この靴の良さ以外に伝えたいことが一つだけある。
「自分にとっての当たり前は、他人に押し付けられるものでも与えてもらうものでもなく、自分が自ら作り出すもの」だということだ。



※Rios of Mercedes – Mod.Manhole -は、1月4日(月)から販売を開始します。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 40