107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

白いのいい




とりあえず届いた商品を何個か店頭に出してみました。
意外と統一感がある。
まあまだ2,3ブランドしか入って来てないし、同型サイズ違いで並べてるから当たり前か。

前シーズンから「すみません、売り切れました。」という言葉を極力減らす為、縦にたくさん詰んでみてます。
お客さんに紹介したくて仕入れている以上、1個/2個とか仕入れてもあまり意味がない。

なので、お店に出してみてもストックはぱんぱん、いずれにせよ僕の肩身は狭いまま。
私物、持って帰りますかね。





もけもけ、つるつる、さわさわ、かりかり、じゃりじゃり、ざらざら、もちもち。
春夏の洋服にはない手触り、やっぱり秋冬物の方が当たり前のように触っていて楽しい。





今日はm’s braqueから届いた白いパンツを紹介します。

そういえば、去年「汚れてもいい白パン」と銘打って発売したULTERIORの白パンを買ってくれたお客さんが「汚しながら穿いてて、あの後何本か白パン買ってみて思ったんですが、汚れちゃいけない白パンの方が少ないっすね。」と、なんだか嬉しくなる言葉をくれました。
本当にその通り、なにかが伝わった気がしてやりがいを感じる。




さて、m’s braqueの白いパンツ。
写真だとサラサラしてそうに見えますが、実際はすとんと落ちる重みのある生地。
ポリエステル100%のアムンゼン織。

股上の深いイージー仕様/太いワタリからまっすぐ伸びる寸足らずの丈。
吊るしで見るだけだと全然気分じゃない。
「ちょっと前のOLのシルエットだな。」とすら思ったんですが、穿くと意外と悪くない。
改めて、人の気分や感覚なんてあてにならない。





半年前はネイビーのブレザーとかいいかな、と思ったんですがグレーのスウェットでもいいですね。
なんでもいいんだろうなあ。

と、紹介の仕方は適当ですが、ちゃんとおしゃれなパンツです。
さらっとなんでも無いように穿いた方が、男らしくていいかもしれない。



” m’s braque “
– EASY PANTS – ¥31,900-(tax included)





うん、いいと思います。
最初は全然良いと思わなかったパンツ、穿くだけでなんとなく、受け入れられる。
そこからは簡単。なんでも。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892



中学生ぶりにめくる「サラリーマン金太郎」が面白くて止まらない。
14,5歳が見る矢島金太郎と、33歳が見る矢島金太郎。全然別人です。

今日は「営業中にサラリーマン金太郎を読む。」という、やる気のない矢島金太郎だったらもしかすると許してくれそうな行為をそわそわと我慢する一日でしたが、昔の後輩が犬を連れて遊びにきてくれたおかげで、連休最終日はあっという間に終わり。

フレンチブルドックのぽんず君、本当にありがとう。
出来れば週一で来てください。





さて、「暑いし物がない、物がないし暑い。」という理由でだらだらする時間もそろそろ終わり。

ストック用ラックのほぼ半分を自分の私物で埋めているせいで、どんどん狭くなる僕の肩身。それに反比例するかのように商品が入ってきています。

私物を家に持って帰るのも面倒なので、そろそろ届いた商品を売り場に並べ始めよう。






まずは、m’s braqueに作ってもらったシャツジャケットなんていかがでしょうか。
合わせて提案したいものはまだ全然入荷していませんが、みなさんのクローゼットの中にある洋服で十分、その提案は通るような気がしています。





うん、いいと思います。
そろそろ、はじまります。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

釦が34個です




CLASSのスナップカーディガン:LADY’S SLIPPER。

リファレンスは明らかなんだけど、ただのリプロや「名作を良い素材に置き換えました。」なんていう複雑な物の作り方ではなく、もっと単純な発想で往年のオーセンティックアイテムを全く新しいものに作り変えている。

一見奇抜さは感じるだろう。ただ、一度受け入れると普通。
改めて、自分の普通は自分で決めることなんだと思う。





ステンレス混のコットン裏毛。
この洋服の細かなシワは生地の特性。
素肌に着るとステンレス糸が肌に当たってピリッとした感触を覚えるのも、生地の特性。





ただのスナップカーディガン以上に出来ることは多いけど、ただのスナップカーディガンなので思いつくように着てください。

フロント釦14個、バック釦16個。
狙って釦を外してもいいし、適当に釦が外れててもいいし、なんとなく釦が外れててもいいし、かけ違えていてもいい。

こういう洋服は着ている内に閃くことが多い。
短い着丈、意外と大きい身幅、全部で34個付属するスナップ釦など、そういった作りが「着ている内に閃くこと」を後押ししてくれます。



” CLASS “
– LADY’S SLIPPER – ¥44,000-(tax included)








MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

4連休は暇です




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

4連休は暇です。
連休に忙しかった試しが無いですね。
中台と二人でだらだらぼーっとしてます。





昨日さらっと書いた通り、今シーズンNICENESSのLOWEはサイズがふた回りくらい大きくなったモデルが登場。

その名もLOWE-MEDI。そのまま。





13インチのMacBookが入るサイズ。

13インチのMacBookといえば、新しくパソコンを買ったんですがデータを移し替えるのが面倒で買ってから1ヶ月ほど放置。保護フィルムを外してすらいない。
日々減っていく、AppleCare+ for Macがもたらす 3年間の安心。

さて、僕のデータの整理方法は、デスクトップがごちゃごちゃしてきたら新しいフォルダを作ってそこに突っ込んで終わり。
物理的な片付けと同じように、目の前から消えれば片付いたと思ってしまう。
おかげさまでパソコンのパフォーマンスは最低、ポテンシャルを一つも使いこなしていない。

一緒に働き始めて僕のデータの整理方法を目の当たりにした中台から「河上のパソコンは怖くて触れない、闇のパソコン。」と言われました。

名称未設定フォルダを開けば新たに出てくる「名称未設定フォルダ」。
そして、その名称未設定フォルダを開けば新たに出てくる「名称未設定フォルダ」。
終わりの無いマトリョーシカは、MANHOLEのカウンターの上に鎮座しています。

消しては増え、増えては消えていく名称未設定フォルダ。
僕のパソコンのデータ移行は一体いつ始まり、いつ終わるのでしょうか。






そうそう、新型のLOWE-MEDI。

サイズは大きくなりましたが、ディテールはそのまま。
ハンドバックにもなります。



” NICENESS “
– LOWE – ¥52,800-(tax included)
– LOWE MEDI – ¥64,900-(tax included)




鞄を持たない僕たちですら、試しに持ってみると欲しい気持ちにさせてくれるNICENESSのLOWEシリーズ。

” 物を入れて持ち運ぶ “という鞄の機能としては非常にシンプルな作り。
名称未設定フォルダを棚、鞄をゴミ箱だと勘違いしてしまっている僕でも安心して使いこなせそうです。

シンプルな作りながら、レザーの裁断縫製、ハンドストラップやポケットのデザイン、付属など。鞄としてしっかりデザインがされている点も気分が良い。





ちなみに冒頭で鞄の大きさ比較にしたのは吉祥寺のbooks obscuraさんで行われている高橋恭司さんの展示:Midnight Callで販売されている写真集。
お客さんがフライヤーと共に持ってきてくれたので買いました。

展示見に行きたいですねえ。
4連休のどこかで吉祥寺に行きたい。

それではまた。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892







昨日、たつろう君から紹介があった通り、Nicholas DaleyのHAND CROCHET BUCKET HATは明日から発売。
すごく写真映えする帽子。
楽しくなって色々アイデアを湧かせている内に満足、結局だらだらとしてしまって今このタイミングで発売です。

全部アソート。どれがどれ、というわけでは無いのでお店で実物を見て気に入った物をどうぞ。
在庫が残っていた場合は週明けを目処にオンラインストアへ掲載する予定。

紆余曲折ありながらもデザイナーのNicholas Daley / ニコラスのお母さん率いるニッターさん / 代理店:ELIGHTの皆様のおかげでこうしてお店で紹介することが出来ます。

今回撮影に協力してくれたのは、悠人の高校時代の友人:ゼビア君とお客さんのドラゴンケンタ君。
そして、カメラマンの春日大希さんとMANHOLE専属ボディガードのだいすけ君。
MANHOLEのこういうのはたつろう君と大希さんが段取りしてやってます。
僕は必要なのか必要じゃないのか自分でもわからない口出し担当。それだけだと僕がちょっと寂しいので、必要なのか必要じゃないのか自分でもわからない適当なレイアウトで参加してます。
みなさん、毎度遅くまでご協力ありがとうございます。

ゼビア君はあと2ヶ月程で留学先のアメリカに戻るらしいけど、ドラゴンケンタ君はモデルとして仕事を探しているそうなので、どなたか気に入った方は彼に色々させてあげてください。





さて、今日は一人なのでぼーっと最近また買ってしまった椅子を眺めてます。

1953年当時のオリジナル、オランダのフリゾ・クラマーがデザインしたREVOLT CHAIR。
静かな場所に置いてもかっこいいですが、MANHOLEの雑多な古着コーナーにも合いそう。
あと、個人的には肘掛けがない点もお気に入り。





ほら、洋服がかけやすい。
我ながらアホっぽい理由で購入に踏み切りましたが、何もわからないうちはそれでいいか。
大切に使ってる内に何か文脈とか理由とか後付けで閃くといいです。





気の赴くまま、目の欲しがるまま、耳に残るまま、手が喜ぶまま、口車に乗せられるがままに。
適当に買ってきた色々な物の雰囲気を借りて、なんだか良い感じになってきたMANHOLE。

かっこよすぎるお店は働いていて疲れちゃうので、バランスをとってやっていきたいです。
とりあえず什器は古着コーナーに追加で棚を入れて一旦終了、のはず。きっと、多分、おそらく。どうせまた何か買ってしまうんだろうなあ。





Rios of mercedesの追加分が到着。
以前、悠人へ「おじさんは悠人の時給をあげてあげたいんだけど、残念ながらまだ時給を上げる理由をあまり悠人から感じないので何か自分で出来ることを考えてみて一度色々やってみようか。」と伝えたところ、数日後に悠人が「河上さん、買ったRiosのブログを書いてみました!」と、書いた文章を見せてもらったことを今日思い出しました。可愛いですねえ。

と、いうわけでRiosの再入荷分は悠人の言葉で紹介するかもです。かも。
どうなるんだろう、楽しみです。





NICENESSのLOWEは今期からサイズがふた回りくらい大きくなったものが登場。
昨日納品されてたんですが、しまったまま出すのを忘れるところでした。
今朝お客様よりいただいた「LOWEって他のお店入ってきてるんですけど、MANHOLEには入荷してますか?」という問い合わせで思い出した。
また変な時期に店出しするところでした。あぶない。
お問い合わせくださった方、ありがとうございます。

大きい方が/小さい方が、というバッグでも無いと思うので、手に持って気に入った方を是非どうぞ。





最後に一点、(僕らを含めた)一部のみなさまへお願いがありまして。

MANHOLEの入り口には煙草を吸えるよう、灰皿が置いてあります。
喫煙者=害悪となりつつある今の日本において、上の階に住む住民のみなさま/管理会社のご厚意により設置できているものです。僕はこの場所がすごく気に入ってます。

ご来店頂く方は自由にご利用ください。(一応、ひとこと声をかけていただけると嬉しいです。)
が、夜間に限らず、昼間でも。
強面の男たちが複数人溜まって煙草を吸っていると、どう考えても住民の方/道ゆく方々へ恐怖を与えてしまうので、喫煙所のご利用は2名まで、出来るだけクールにご利用ください。何卒。
僕たちも気をつけます。


以上、今日のそんな感じです。
のんびりしたような、めちゃくちゃ喋ったような不思議な一日でした。楽しかったなあ。
ご来店くださったみなさま、ありがとうございました。


それではまた。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892







こんにちは。
MANHOLEの中台です。


MANHOLEではすっかりお馴染みになってきたNICHOLAS DALEY : HAND CROCHET BUCKET HAT。

MANHOLEからの別注として、10個作ってもらえることになった。
ブランドの感覚に委ねた、それぞれ違うミックスカラー。
どれも良い色で嬉しい。

納品されたのは今年の3月。
発売のタイミングを窺っていたら、だいぶ時間が経ってしまっていたけど。

この帽子は、いつ見ても僕たちを楽しい気持ちにさせてくれる。





正直に言う。
初めてこの帽子を仕入れた時、「一体誰が買うんだろう?」と、素直に思った。

特別高級な素材を使っているわけではないけど、値段は高い。
税込で4万円オーバーだ。

それに、日本ではあまり馴染みのない形。
ドレッドやアフロでもない限りはトゥーマッチなボリューム、派手な色も敬遠されてしまうだろう。

と、考えていたんだけど。。。
僕らの想像以上にお客さんの感覚の器は大きかった。
普段帽子を全く被らないという方がなぜか気に入ってくれたり、思いがけない被り方をしてくれる若者もいた。
中には60代の方まで、意外にも多くの人が気に入ってくれた。


僕たちはよく「仕入れ方も打ち出し方も強気ですね〜。」と色々な人から言われることがあるんだけど、別に強気だなんて思ったことがないし、自分たちの力に自信がある訳では無い。

僕たちが「いいなあ。」と思うもの。
僕たちが好きな人、応援したいと思う人、一緒に協力して何かをやりたい人たちが「いいなあ。」と思いながら作るもの。


それをMANHOLEのお客さんは、受け入れてくれる。
僕らはお客さんのことを信用しているから、今日もそれぞれ好き勝手なことが出来るのだ。

その存在が無ければ、思い切って商品を仕入れること、自信を持って日々何かを伝えることは絶対に出来ない。








さて、NICHOLAS DALEYのJUTE BUCKET HAT。

僕が初めてこの帽子を被った時、色んな帽子のバランスに飽きていたタイミングで、どうにもしっくりこない感覚が新鮮で心地良かった事を覚えている。


被った事のない形だから / どう合わせればいいか分からないから / 大きいから / 似合わないから / 派手だから。
一見ネガティブに感じるワードこそが、僕らがこの帽子を選ぶ理由でもある。




” NICHOLAS DALEY “
– HAND CROCHET BUCKET HAT – ¥44,000-(tax included)
[ MANHOLE ONLY MIXED COLOUR ]





たまには、いつものバランスを崩してみるのも変化があって面白い。
この帽子は合わせるものではなく、最初から、絶対に、誰にも、合わない。
その感覚を受け入れて、楽しんで欲しい。



※7月22日(木)から販売を開始します。


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




特殊加工されたポリエステル100%の糸を使用したCLASSのワッフルカットソー:INDIAN TURNIP。
生地名は「MUSHIKUI WAFFLE(虫喰いワッフル)」。まあ名前はなんでもいい。
実際に物を見て着てみると、なんとなくそう呼ばれる意味がわかると思う。





色々書こうと思ったんだけど、なんかなんとなくどうにもこうにもそういうのが今日はどうでも良くなってしまった。

「いいなあ。」と思ったから、仕入れました。

着心地どうこうは文字じゃ伝わらない、形がどうこうも着る人次第で印象が変わるだろう、デザインの意図を推察して書くことは出来るけどそういうのは着る本人が自分で感じて決めることのようにも思う。





ただのカットソーでは決して無いんだけど、これはただのカットソーでもある。
「表側のデザイン/裏側の(例えば)着心地」のような単純な2層構造では決して無いんだけど、「表側のデザイン/裏側の(例えば)着心地」のような単純な2層構造のみでも十分楽しめる洋服のはずだ。

ごちゃごちゃと難しいことを考えたくない時、ごちゃごちゃと難しいことを考えたい時。
このカットソーは、その両方の時を過ごす為の何かになってくれるかもしれない。



” CLASS “
– INDIAN TURNIP – ¥19,800-(tax included)




気分の虫が僕のやる気を食いつぶしているのか、今日の内容は我ながら穴だらけ。
「いつもじゃん。」と感じる方、いつもお付き合いいただき本当にありがとうございます。



ブランド側に無理を言って、珍しくちょっとやそっとじゃ売り切れないくらいには数を用意しておいた。

こういう虫喰いの情報を補完してくれるのは、いつだって目の前にある「もの」と「ものを手にする自分」でしかない。
「売りたい誰か」が「買いたい誰か」のみを集う手法で致命的に欠けてしまうのは、もしかするとそういう部分なのかもしれない。


誰かを信じる前にまず、「いいなあ。」と思う自分を信じること。
僕たちはMANHOLEに来るお客さんと一緒に、その時間を楽しむ為にお店をやっています。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




さて、BLESSのJEANSFRONT。
S/Lの2サイズ展開。
SとLの寸法差はレングスの長さくらい。

MANHOLEに納品された物はSで股下83cm、Lで股下87cm。
お客さんの中には驚くべき足の長さを持つ若者もいるけど、僕らを含めた大半の人にとって、このパンツのレングスはきっと長いはずだ。

もちろん、直すことは出来る。
僕らも納品された当初は「ちょっと想定よりもレングスが長いから、直し前提で案内するか。」と、考えていたけど、実際に穿いてその考えは変わった。

前はデニム/後ろは梳毛ウールという、イレギュラーなディテールにより。
長い間邪魔だった裾まわりのクッションが、長い間しなかったロールアップ/ターンナップが、新しい顔を見せてくれるはずだ。





このパンツは長いから良い。いや、長くても良い。

その日履きたい靴、トップスのバランス、靴下の色。
それらに合わせて変化させるのが、今は面白いのかもしれない。





その人の体型に合わせて丈くらいは最低限直した方がいいパンツは多い。
だからと言ってなんでもかんでも直せばいいとは限らない。


「なんの為に僕らはたくさんの服を、靴を、装飾品を持っているんだろうか。」
なんて、冷静に振り返る瞬間がたまにある。
そういう時間は「好きだから、まあいっか。」という理由で多くの場合なし崩し的に無かったことになるんだけど、最近は「自分の内側にない新しい感覚/新しいバランスを受け入れる為に、たくさんの服を、靴を、装飾品を持っている。」と考えるようになった。


物を自分に合わせるのは簡単だ。手段と方法さえあればいつだって出来る。
反対に、自分を物に合わせてみる。その物自体をそのまま、受け入れてみる。
そうすることで「ただ新しい物を買う。」という行為は「ただ新しい物を買う」以上の時間を、自分に与えてくれるのかもしれない。



” BLESS “
– JEANSFRONT – ¥85,800-(tax included)







MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892







古着のユーロデニム(本作はカツラギ)と、BLESSが定番的にリリースするスリムテーパードスラックスをドッキングさせたパンツ:JEANSFRONT。





よく見かける「縫製が〜、生地が〜、作りが〜。」という世界観とは対照的なパンツ。
全体の一部分のみに注目してしまうと、このパンツが「美しい/かっこいい/魅力的な洋服」には到底見えないだろう。

なんせ、ごわごわした古着のデニムと糸の細い艶やかなウールの生地を無理矢理縫い合わせている。
それにより、おそらく「美しい/かっこいい/魅力的な洋服」には絶対に存在してはいけないような皺、ねじれ、荒さが生じている。




” BLESS “
– JEANSFRONT – ¥85,800-(tax included)




と、一見ネガティブに見える紹介だけど、別にそんなつもりはない。
この洋服は「着ること」により、その真価を発揮するのだ。
着るために作られた洋服だから当たり前なんだけど。
その当たり前が「〜だから良い」等の様々な記号的情報のカーテンに隠され、発見しづらくなっている気がするのは、僕らだけだろうか。

吊るされた状態では、全くわからない。
手にとって細かい部分を見るだけでは、絶対に伝わらない。
JEANSFRONTという一つの物、そしてそれを着る人がいてはじめて。
このパンツは誰かにとっての「美しい/かっこいい/魅力的な洋服」に変化するはずだ。


もちろん、BLESSは「縫製が〜、生地が〜、作りが〜。」という部分部分に拘った物作りも出来るだろう。
だけど、このパンツを見る限り、彼らがそういったテクニックに価値を見出しているようには思えない。


BLESSのデザインチームは「自分以外の他人によって定められた価値観」を、自らのコレクションを通して、いとも簡単に破壊する。
一見複雑に見えるけど、彼らが作る物に複雑な要素はあまりない。


直感的に。
無邪気に。
目の前にある物でただひたすら遊んでいるようなBLESSの物作りは、何かで固められた僕らの頭をほぐし、いつの間にか勝手に背負っていた肩の荷を、少しだけ軽くする。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




何度見ても袖がない、SADEのスリーブレスジャケット:VE01。
生地を変えたモデルが再納品された。

大振りのフラップがあしらわれたチェンジポケット付きの1Bピークド。
「どう合わせれば」と、考えてしまいそうだけど、袖が無い時点でどう着てもいい。
ただ着るだけなので、興味がある人は是非着てみてほしい。





袖が無いなら足せばいい。
おそらく家にたくさんあるであろう、着ていない洋服。
新しく洋服を買うということは、同時にその着ていない洋服を活かすことにもなる。
「どう着れば」と、考える前に一度。
その着ていない洋服達と無造作に合わせてみるといい。

人に教えてもらったものよりも、自分で見つけた発見の方がよっぽど楽しい。
洋服の場合は「ただ重ねる」だけで、新しい何かが始まる場合がある。
「ただ重ねる」以上の何かは、ただ重ねた後に考えればいい。





ストックをごそごそして見つけた、適当な洋服を合わせておしまい。



SADE
– VE01 – ¥121,000-(tax included)










MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 54