107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

見るからに。手で触れて。羽織ってみて。
非常にわかりやすく素材の良さを感じることが出来るULTERIORのPURE CASHMERE BEAVER OVER COAT。

カジュアルに、日常的に羽織るために考えられたディテール等。
素材以外にも特徴が多いコートですが、一つ一つ書いていく度に一つ一つつまらなくなってしまいそうなのでやめておきます。



” ULTERIOR “
– PURE CASHMERE BEAVER OVERCOAT – ¥155,000+TAX-




このコートの良さは、他に合わせている洋服すらもよく見えること。
コートの良さだけが前に出過ぎないところが良い。

僕らはこういう明らかに高そうなものを着るときに自分の背丈に合わせて帳尻を合わせようとすることが多いのですが、中台が穿いているジャージもなんだかよく見えるなあ。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

先日簡単に紹介したULTERIOR for MANHOLE

リファレンスは中台の私物。
汚れを気にしながら穿いた形跡が一切無い、潔く汚れた白いフラノの2タックトラウザーズ。
よく見ると腰回りのサイドアジャスターも謎のカスタムがされている。
去年の冬に彼が穿いているのを見て、僕が「いいな〜。」と思ったのをきっかけに本企画がスタート。

「こんな汚れた白パンをサンプルとして見せても、気にせず優しく話を聞いて共感してくれそうな大人は誰だろうか。。。」と考えた結果、ULTERIORの牧さんにお願いすることになりました。
いや、もちろんそれだけじゃないんですが。
牧さんの優しいものづくりには度々救われています。



” ULTERIOR for MANHOLE ” – FLANNEL WIDE TROUSERS –
Color : Off White
Size : 3 / 4 / 5
Price : ¥39,000+TAX-


古着ならではの不可解で合理的仕様はそのままに、1 からパターンを引き直して作った FLANNEL WIDE TROUSERS。

サイドアジャスターは両脇で最大 8cm 程締める事が出来る為、イージーパンツ感覚で穿く事が可能。
ドローコード付きのイージーパンツで起こりやすい腰回りのもたつきを、このパンツで感じることはないはず。

用いられた生地は、オフホワイトのナイロン混のウールフラノ。

白いパンツを穿く時に気にしてしまう「汚れ」というネガティブな要素を、この生地であればポジティブな要素に変えてくれるような気がしています。

もちろん、積極的に汚して欲しい訳ではありません。
たとえ汚れてしまったとしても、それが決してマイナスにはならないパンツだということ。



このパンツが誰かの目に魅力的に映る瞬間はきっと。
「経年変化」した結果ではなく、何も気にせずに適当に穿いていたどこかのタイミングに訪れるはずです。

綺麗に保つべき洋服もありますが、汚れても大丈夫だと思わせてくれる雰囲気を楽しんでもらえたら嬉しいです。




” ULTERIOR for MANHOLE ” – FLANNEL WIDE TROUSERS -は、10月23日(金)12時から販売を開始致します。ONLINE STOREにも同時刻に掲載予定です。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

今日紹介するのは、NICHOLAS DALEYのJUTE CAP。
前回紹介したモデル含めて代理店に在庫があったので引っ張ってきました。
ずいぶん長いこと帽子をかぶっていない僕でも「良いなあ。」と思う帽子。

NICHOLAS DALEYの帽子は、お客さんから「どうやってかぶるのが正解ですか?」と聞かれることが多いのですが、どうやってかぶってもいいと思います。

自分の頭や鏡の中の自分など、色々と収まりの良いように試してみて欲しいです。



” NICHOLAS DALEY “
– HAND KNITTED BEANIE – ¥30,000+TAX-


” NICHOLAS DALEY “
– HAND KNITTED BERET – ¥28,000+TAX-



昼頃「一緒にランチしましょうよ〜。」なんて感じでお店に遊びにきた悠人の友人:アミン君にかぶってもらいました。 似合いますね〜。

彼は今モデルとして活躍しているみたいです。
アミンも悠人もそうですが、若者が日に日に大人になっていく過程は見ていて本当に楽しいですね〜。
僕らおじさんたちも、もっと良いおじさんになれるようにもっと頑張らなくては。



そういえば、昨日紹介したBAKERBOY HATは昨日のうちに完売しました。
自分たちでもびっくり。
なにせ去年は「28000円の帽子」という価格にハードルの高さを感じさせてしまったのか、この帽子の魅力を僕らが伝えきれなかったせいか。
売り切るのにしばらく時間がかかった覚えがあります。



毎日の連続を過ごしていると見失いがちですが、ちょっとしたタイミングに振り返ってみると、この1年間で結構前に進んだような気がします。
この光景は1年前とあまり変わらないなあ。


来年も同じようなことを感じられたらいいですねえ。


今日はあまり頭が回らないのでここらへんで。頭が回ってないのはいつもか。
それではまた。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892







” NICHOLAS DALEY “
– BAKER BOY HAT –



こんにちは。
MANHOLEの中台です。


JAZZYなイメージのあるNICHOLAS DALEYのベイカーボーイハット。
ジャズマンでもベイカーボーイでも何でもない僕ですが、とても気に入っています。










どこが好きなのかは自分でもよくわかっていない。
“どんな格好にも合う”とは言いづらいバランスだし、僕らには大き過ぎる気もする。
それでも欲しくなってしまう帽子。
トレンドの真ん中にいようが、端っこに追いやられようが、あまり関係無さそうなパワーのある帽子です。


きっと10年前に見ても、10年後に見ても、変わらずかっこいいと思えるでしょう。









MANHOLE official instagram
 

中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

去年に引き続き、今年も仕入れたNICHOLAS DALEYのMOHAIR CARDIGAN。

編み物としてのウールモヘアではなく、織物としてのウールモヘアを使用したカーディガン。
「カーディガン」とは便宜上の呼び名で、どちらかというとノーカラーのカバーオールを羽織るような感覚に近いはず。



このNICHOLAS DALEYのモヘアカーディガン。
単純に物として格好が良い。
「モヘアカーディガンといえば」のような、誰もが想像できるファッションアイコンに振り回されることなく、この洋服自身の魅力で持っていけるシンプルなかっこよさがあります。

僕らがあえて言葉にして伝える必要も無いくらい、一枚の羽織りものとしての振り幅も広い。

その「単純に物として格好が良い」という事がお客さんにストレートに伝わった結果なのか、去年の秋冬仕入れた分も今年の秋冬仕入れた分も早々に売り切れていました。




さて、そんなNICHOLAS DALEYのMOHAIR CARDIGAN。
先日お店が暇すぎて雑談がてら散歩に出かけたところ、代理店さんにて在庫を発見したので引き取ってきました。

僕らは大体暇なので、暇な時はず〜っと二人で喋り続けています。
本当に暇で話すこともない時は「世界で一番〜な何か」みたいな項目を検索し続けています。
こういう全く情報量の無い、薄い、極端な評価を見ていると、頭の中が空っぽになるのでオススメです。

約半年前に発見したのは「世界で一番エロい女の人:デミ・ローズさん」
美(エロ)の基準は世界各国幅広く、ワールドワイドな感覚に打ちのめされました。
僕らはやっぱり日本の女の子が好きだ。



YELLOWは去年のモデル。
GREENは今年のモデル。

形は同じですが、今年のモデルはサイドから手を差し込む形のパッチポケットが左胸に付いています。
腰回りのポケットの形状も去年のモデルがラウンド型のパッチポケットだったのに対し、今年のモデルはスクエア型のパッチポケット。

どっちがどっち、という訳でも無いので気に入った色をお選びください。



” NICHOLAS DALEY ” – MOHAIR CARDIGAN –
YELLOW : ¥76,000+TAX-
GREEN : ¥78,000+TAX-



美の感覚は人それぞれ、世界でも世代でも変わってくるものですが、このNICHOLAS DALEYのモヘアカーディガンのかっこよさは、誰が着ても、誰が見ても伝わりやすいのではないかなあ。
なんていう不思議な安心感を僕らに与えてくれる洋服の一つです。今のところは。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

今日は焼肉




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


ここ数年、ほぼ毎日帽子を被っています。

そのせいか、どんな種類の帽子に対しても特に苦手意識は無く、いつでも新しい帽子を探しています。
“合わせやすくてデイリーに被れる”というようなことはあまり判断基準にはならず、その時のタイミングで気分が良ければ買います。

その日に被ったきり、一度も活躍していない帽子は数知れず…
いいんです、楽しいから。

今年に入ってからは、NICHOLAS DALEYの帽子をとても気に入って被っている僕ですが、
最近入荷したwhowhatのバケットハットも良い感じ。




” whowhat “
– Bucket Hat – ¥14,000+TAX-







ハットは目深に被るのがなんとなく落ち着く。
高さがあって短めのブリムがちょうど良いバランスです。

古着で帽子を探すのは本当に大変…。
買い付けの時は頑張って探しているけど、中々見つかりません。
ブランドが作ってくれるものはやっぱり気が利いているし、被りやすい。

買ってもいいかなって思ったんですが、気付いたら在庫が残りわずか。
僕は我慢しますので、皆さま是非どうぞ。


今日は焼肉なので帰ります。
良い週末を。












MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

汚れてもいい









” ULTERIOR for MANHOLE “
– FLANNEL WIDE TROUSERS – ¥39,000+TAX-



こんにちは。
MANHOLEの中台です。


10/23(金)に発売する、ULTERIORの別注パンツ。
今回ベースになったのは、僕の私物。
それを河上が「いいね〜。」と、なんとなく気に入ったのか製作を依頼。


よく穿いていた古着の白いウールパンツで、買った時から所々汚れていたり黄ばんでいたり…それから僕がさらに汚している。
「白は汚れが目立つから着ない。」なんて思う方には、信じられないくらい薄汚れたパンツ。

買った当時は、いい感じに穿けそうな白いパンツがあまり見つからなかった。
今でもそれはあまり変わらないような気がする。
古着ではチノやペインター等、ワークマン的な白がほとんどだし、整い過ぎたデザイナーズもなんだかピンと来ない。

そんな中見つけた、薄汚れた雰囲気とバランス感が魅力的な僕のウールパンツ。
きっと古着でも集めらるようなものではないし、カッコよく作ってもらえて、それをお客さんに見てもらうことが出来るのが嬉しい。

数年前、お金が本当に無かった僕がとても無理をして買ったことも、今では良かったなあと過去の自分を正当化できました。



古着で買った薄汚れている私物のウールパンツ


ベルトループが無く、サイドのシンチでアジャストできるディテールはそのまま採用。
より使いやすく修正してもらった。


両サイドで絞り上げると大幅に調整が利く。


汚れている。




今回紹介した別注パンツは、汚れなど気にせず、気軽に穿いて欲しいと思っています。
もちろん、積極的に汚して欲しい訳ではありません。
たとえ汚れてしまったとしても、それがマイナスにはならないパンツだということ。

綺麗に保つべき洋服もありますが、汚れても大丈夫だと思わせてくれる雰囲気を楽しんでもらえたら嬉しいです。


詳細は後日、河上に紹介してもらいます。








MANHOLE official instagram
 


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

ただ巻くだけ


こんにちは。
MANHOLEの河上です。

僕らが太ってしまったせいで、去年紹介するのを勝手に諦めてしまった物があったのを思い出しました。


” whowhat “
– CUMMER POUCH – ¥26,000+TAX-



whowhatのカマーポーチ。
僕がwhowhatをMANHOLEに置いている理由は、デザイナーのじゅんこさんが好きだから。
じゅんこさんの女性的な感覚と自由なアイデアは、僕のカチカチに乾いた脳みそをいい感じにふやけさせてくれるような気がしています。



使い方は簡単です。
その日の格好にただ巻くだけ。

脚長効果などの視覚的な部分にはあまり興味が無い僕が、このカマーバンド風のポーチを気に入って仕入れた理由はとても単純。ポケットが多いから。



外側の4つの収納以外に、内側にもポケットがあります。
そして、腰部分にはホッカイロを入れるポケットがあります。
そういえばこの仕様を気に入って、去年鍼灸師の先生が買って行ってくださったのを思い出しました。

僕も冷えのせいで慢性的な腰痛に悩まされているので、今年も酷くなったらこのベストで腰を温めてみようかな。。。
特に物自体のボリュームは無いので、上からコートなどを羽織れば手ぶら生活が捗るかもしれません。



「ジャケットの上から合わせたいな〜。」と思って仕入れたのですが、僕は太って出来なくなってしまったので、そういうのは若くて細い子にバトンタッチしよう。。。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

ただ巻くだけ






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

道端に片方だけ落ちてる軍手、道路の脇に両足揃えて置かれている運動靴、コロナ禍後の路上で一日に数回は見かける汚れたマスク。
のように、持ち主を失って所在無げに置かれているのは2020AWシーズンにCLASSがリリースしたフード:NO RELIGION。

店頭に並べていると「これはなんですか?」と、薄笑いで聞かれることが多いけど、見た通りフードである。別に面白おかしく感じる必要はない。




見た通りフードであるが、ただのフードのようでただのフードではない。

40年代のアメリカ軍のガスフラップをベースにしたフード。
マスクをして装着するように作られている為、横に大きく広がる形状が特徴。
ボタンホールが開いているウルトラスエードのタブを利用することで、手持ちの洋服に装着が可能。
素材には英国羊毛を使用したツイードを使用。
内側には、洗濯しても光沢が変化しない特殊なSHIDORI SILKを用いている。

ただのフードのようで、ただのフードではないが使い方は簡単だ。
ただ単純に巻くだけである。



面白がらずにただ巻くだけでいい、というのがとても面白い。
フードに用いられた素材も理にかなっている。
フードを被れば油分の含まれた英国羊毛のツイードが雨を弾いてくれるし、風も防いでくれるから単純に暖かい。
シルクのライニングは熱伝導率が低く、放湿性もあるので必要以上に熱が篭らず快適なはずだ。

一見ふざけているようで超真面目に作っているからこそ、真面目にふざけながら楽しめる洋服であるように感じる。
この真面目にふざけながら楽しむことが出来る、というのはこのフードを手に入れた人だけが出来る楽しみ方である。
「なんですか?これ。」と、薄ら笑いを浮かべながら遠巻きに眺めているだけでは絶対に味わうことが出来ない。
別に難しいことも面白いことも何もない。
このフードの使い方は「ただ巻くだけ」で完結し、難しいことや面白いことは「ただ巻いたあと」から始まるのだ。


” CLASS “
– NO RELIGION – ¥49,000+TAX-



人は自分の感覚の外側から飛び込んでくる物に対して身構える事が多い。
もちろん僕らだってそうで、MANHOLEをオープンしてからの一年とちょっとの間は自分の感覚を信じて疑い、自分の感覚の外側で起こる出来事を受け入れる隙間を作る為の作業をしている。
そして、これからもその作業を続けて行くのが僕らの仕事のような気がしている。

洋服はその作業をスムーズにしてくれる一つのツールである。
自分が「良いな〜。」と思った物はもちろん、「無いな〜」と思ったものこそ着るだけ、履くだけ、被るだけ、巻くだけで、自分の感覚を押し広げてくれる。
世の中の「面白いこと」は自分の感覚の外側にある事が多い。
洋服は着るだけ、履くだけ、被るだけ、巻くだけでそれに触れる可能性を作り出してくれて、最終的に他人とどこかで交わることを期待させてくれる。




「自分の感覚の外側」といえば。
この夏、ようやく自分の中の「タンクトップはいらない(着ない)」という項目をクリアしてタンクトップをお客さんに数多く渡せたせいか、ボートネックやオフショルダーネックといった、肩のラインが出る洋服が気になっていました。

中途半端に挑戦しても意味が無いな〜、なんて考えた結果。
今の自分の中で許せるか許せないかくらいのギリギリのラインであるオフショルダーのスウェットをCLASSが2,3年前にリリースしていたことを思い出し、無性に欲しくなったので僕一人の欲望のまま依頼することに。
なったのですが、結果的にブランド/お店/お客さんを巻き込んだ僕の暴走になってしまうと判断し、今立ち止まっています。もちろん物に罪はなく、僕の妙な勢いと独断的な社長の部分が出てしまいました。
既にブランド側にはご迷惑をおかけしている最中なので、災い(僕一人の暴走)転じて福となす事が出来るといいのだけれど。。。



オフショルダーネックのスウェットは諦めきれず、元同僚の大谷くんがどこかのお店で買っていたのを思い出し、無理やり借りて色々試している最中。

用いられる特殊裏毛は素肌に着たい風合い。
肩のラインがここまで開けば、タンクトップも映えるしいいと思うんだけどなあ。
男のオフショルダーは開けちゃいけない扉なんでしょうかね。

それにしても、一連の僕の暴走で改めて痛感したのは、こういった洋服こそインラインとしてラインナップされている時に素直にオーダーするべきだということ。
「欲しいな〜。」なんて後から思っても色々な事情で再現出来ないパターンの方が多いし、ブランド側もそのシーズンにオーダーを貰った方が嬉しいに決まっている。
買い物は簡単なようで意外と難しいけど、とりあえず気になったら買っとくくらいの気持ちの方が良いのかもしれません。




物だけ見ると考えてしまうものも、ただ着るだけを繰り返していると何かを思いつくようになる。
「ただ着るだけで終わるもの」と「着たあとから始まるもの」の差は、もしかするとそこにあるのかもしれない。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






” SADE “
– KN02 – ¥34,000+TAX-




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

3日前くらいから右目が傷ついてコンタクトレンズがつけられず、眼鏡生活を余儀なくされています。
お医者さんから「もっと目を大切にしなさい。」とちゃんと目を見ながら諭されました。
どのカテゴリーのお医者さんに行っても、全く同じことを言われそうで怖い。

さて、右目−12.5、左目−10.75の僕の目だと、とてもじゃないけど外にかけて出かけられるような眼鏡は早々に出来上がらない。
とりあえずの間に合わせで作った眼鏡は文字通りの瓶底眼鏡。
視界も歪んで距離感が全く掴めない。

そんな訳で今は左目だけで過ごしています。
見える左目。見えない右目。
こういう時に自分の頭の悪さを改めて思い知らされますね〜。




SADEのジャガードニット:KN-02。
作りはニットというよりも、カットソーに近いです。
生地も同様で、ニットというよりもウールのカット生地に近い印象。
室内で過ごすことが多い上に、暑がりの僕にはちょうどいい素材感。

遠目では無地に見えそうですが、同色の波柄のジャガードは、遠目でも「ちゃんと無地じゃない。」という違和感を残します。
無地のニットだと支えきれない、生地感のあるジャケットのインナーとしてもぴったり。

「見えるようで見えない。」ではなく「見えないようで見える。」
このように同じ言葉を繰り返し使う手法は、僕が何も考えていない時に登場する技です。

ちなみに今の僕の状況は見えないようで見えて見えるようで見えない。
3日間くらいあれば慣れるかなあ、なんて思っていたんですが意外と慣れない。毎朝脳みそが混乱しています。
早く外にかけて出かけられる眼鏡を探しにいかないとなあ。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 35