107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

Just a Tee



RANDYから、変わったTシャツがやってきました。素材は 100% COTTON。
3種類。ひとつはノースリーブ(?)ですが。

・MARSHAL’S BOX SIZE 1 (短)
・MARSHAL’S BOX SIZE 2 (長)
・Initials (ノースリーブ)

3種類とは言いましたが、親子と従兄弟みたいな感じで、よろしくお願いします。


ザクっとかじられたみたいだったり、
背中がニョ〜ンと伸びていたり、
袖が無いと思ったら、なんか片袖がカマクラみたいになっていたり‥

ヘンなところがたくさん。
でも、Tシャツです。
それが良いですよね。Tシャツ1枚着ただけで、なんだか楽しいな〜

いつもの散歩道。
アレ、見たことない花が咲いてる、誰かが植えたのかな
かわいい形の雲だなぁ、食べれそう
ぐわーこりゃ事故ったな、ガードレールがぐにゃぐにゃ‥

人間、ちっちゃなことで驚いたり楽しんだりできなくなったら、おしまいですよね。
ちっちゃなことも、視点によっては、大きなことだったりします。

流石におしまいは言い過ぎですね、夏にはめちゃくちゃデカイ花火とか見て「ドゥワー!」したいですよね。
ちっちゃなことでも、「ぷわ〜」っと楽しめたら、最高ですよね、という話です。

“RANDY” – MARSHAL’S BOX – Size:1
Color:GREEN/BLUE ¥24,200-(tax included)

日常に、ヘン

“RANDY” – MARSHAL’S BOX – Size:2
Color:GREEN/BLUE ¥28,600-(tax included)

ペローンと垂れていますね

Tシャツ1枚、かわいいです


“RANDY” – Initials – Size:3
Color:GREEN/WHITE/BLUE ¥24,200-(tax included)

犬の耳のようにも見えてきました

反対はすっきりノースリーブ!

ぷわ〜、風に吹かれて膨らんだTシャツもかわいいですね〜




昨日の動画も、ぷわ〜っとした気持ちで観ていたはずです。みなさん。

「あ、これ、かわいい」
と、直感で楽しめる洋服、Tシャツ。
言おうと思えば、「ただのTシャツ」とも言えるわけですが、
「ただのTシャツ」が楽しいなんて、すばらしいことですよね。
「ただの」をどう見るか!
「いや、これはただのTシャツじゃ、ないですよ!」 ‥その調子ですね!

存分に楽しみたいものですね!


MANHOLE NEW ONLINE STORE

MANHOLE official instagram

吉田 悠人

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。河上です。
悠人から「河上さん、このRANDYのカットソー、動画撮影してきても良いですか?」と、言われたのでお願いしました。

1分くらいの内容です。ここで一度手を止めて、見てみてください。
僕は「すごく良いな〜」と、思いました。










“RANDY” – MARSHAL’S BOX – Size:1
Color:GREEN/BLUE ¥24,200-(tax included)
“RANDY” – Initials – Size:3
Color:GREEN/WHITE/BLUE ¥24,200-(tax included)
“RANDY” – MARSHAL’S BOX – Size:2
Color:GREEN/BLUE ¥28,600-(tax included)


サイズで長さと値段が違うトリムTシャツ:MARSHAL’S BOX。
ノースリーブカットソー:Initials。
足りてない、なんか多い、なんか長い。
けどなんか良いな、という素直な楽しみ方でどうぞ。



MANHOLE NEW ONLINE STORE

MANHOLE official instagram

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892



タイトルを見てお気づきの方も多いはず。春が始まる頃に、河上が書いていたブログを思い出した人もいるでしょうか?
そりゃそうですよね、洋服屋のブログで「コルク」の話なんて、他にすることないんだから。するとしたら、靴屋くらいかな…。

ということで、今日はコルク素材の洋服を再び紹介します。こんにちは、鶴田です。

“ BLESS ” – Cork Shorts -¥103,400- (tax included)



コルクじゃん。

コルクは自立するのです。ワインの栓も自立しますよね。だから、このショーツも自立するのです。タグにある商品名も「Cork Shorts」。頭に「ザ・」を付けたくなるくらいの、コルクショーツです。



自立する(ほど硬い)洋服は世の中に数あれど、コルクでできた洋服なんて、そうは無い。そういった意味でも、このショーツは自立しています。「男っぽい」とか「経年変化」とか「昔のワークウェア」とか、そういった「硬さ自慢」の上に立脚しているわけではない。ただ、単純に「僕は自立したコルクです」という顔をしているし、実際にコルクでできている。



コルク地の内側にはコットンのヘリンボーンで裏地が当ててあります。ちなみに品質表示タグを見ると、表地の表記は「分類外繊維(コルク)50% ポリエステル50%」とあります。「ポリエステル 50%」はコルクの下地になっているシート状の土台の部分ですかね。まぁ、いいや。とりあえずこのショーツ、見た目はコルクです。

そして「分類外繊維(コルク)」という表記にも、ますますの自立を感じてしまいます。凄くないですか?「分類外」という「分類」ですよ。昔は「指定外繊維」と表記してあったジャンルですね。「分類外繊維」の世界においてコルクのライバルは「和紙」です。ただ、実際には「和紙製の方が全然あるよ」と言い切ってしまえるくらい、コルクの洋服なんてこの世にはほとんど存在しない「キング・オブ・分類外」。



コルクショーツを穿いたゆうと。この人も、なんとなく「分類外繊維(ゆうと)」って感じですね。



イタリア製のドレスシャツにハイゲージのロングソックス、白いAF1、そして分類外のコルクショーツ。



気持ちいいほど、分類外ですね。



謎のアワードジャケットや、エナメルスリッポンを合わせても気持ちいいですね。

ふと、部分的にマイケル・ジャクソンを感じるのは僕だけでしょうか?



でも、ショーツはコルクじゃ~ん。



コルクは自立するのです。ワインの栓も自立しますよね。だから、このショーツも自立するのです。コーディネートの中においても。



このコルクショーツには「スエード」や「ツイード」や「メッシュ」や「麻」とは違って、「〇〇な素材とよく合いますよ」「△△テイストですよ」的な初期設定が無い。というか服地としての「コルク」には相性もへったくれもない。どんな素材と合わせても、どっちみち「分類外」なコーディネートに落としてくれるショーツ。



とはいえ、素材の相性について何一つレコメンドしないのは、洋服屋として無責任でしょうか…。それでは、個人的に「このコルクショーツと合わせたら楽しいな」と思う素材/アイテムが幾つか思い当たるので、それを最後に列挙して本ブログを締めたいと思います。

・ウールのタンクトップ
・シルクシャツ
・エキゾチックレザーのサンダル
・画鋲
・レーズンバター
・ビーフジャーキー
・サントリー山崎10年
・マディ・ウォーターズ
・村上春樹
・吉高由里子

結局、何と合わせてもコルクは自立するのです。何物とも関係ないもんね。だからこそ、楽しそう。イエイ。






MANHOLE NEW ONLINE STORE

MANHOLE official instagram

鶴田 啓

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

Tシャツさん

半袖や〜 兵どもが〜 夢の跡〜♪


ハイッ(ベチッ!!)

CCES18UNI A〜♪

トキはミチ、マンはジシました。
CLASSより、半袖Tシャツです。
あの、ボーダーです。

素材は、93% COTTON 7% POLYESTER

このボーダーが「実は普通じゃないし、案外普通なところが良い」のは既にご存知かもしれませんね
素敵な色の組み合わせと、絶妙なボーダーの幅
アイボリーの部分はうっすらと透けています

かわいいですね

「Tシャツなんて、いくらあっても良いですからね〜」

と言われたら、何だか妙に納得させられるんですよね。
なんでなんでしょうか?

人それぞれ、好きな色や柄だったり、好きなデザインやプリントのTシャツを着れるから。
物理的にも、いくらあってもかさばらない。300枚持ってるんです、とかだったらまた話は変わってきますけども‥
あとは、夏が近づいてくるとともに習慣的に欲しくなるのは勿論のこと、実は結局1年中着てるんですよね、Tシャツって。

パッと思いつくのはこんな理由。月並みですが。

でもやっぱり、結局1年中着ちゃうっていうのは、Tシャツはなんか良いってことだと思うんです。
やっぱ良いんです、なんか。



だーかーらー、そのなんかが何なんじゃい!って話なんだとは思うのですが‥
ぼくもウンウン考えてみましたが‥

なんにも考えなくて良いんじゃないでしょうか。
Tシャツなんて深く考えず、パッと手にとってパッと着てパッと出かけるのが良いですよね、きっと。
朝起きて、Tシャツのことなんて考えていたら、ぼくは間違いなく全てに遅刻します。

・・・

だからといって、「なんでもいい」わけではないのがTシャツくん。

やっぱり考えてみました。
自分が気に入ってたり、とりあえずコレだなっていうTシャツは思いつく限り、たぶん数着。
どれだけ慌てていようが、「これ着ときゃイイだろう」というナゾの信頼。

つまり、Tシャツさんですよね。
皆さんのタンスにもきっといらっしゃいますよね、Tシャツさん。

いつもありがとうございます。Tシャツさん。



 Tシャツさんのおかげで、なんでも良くなるんですよね。

パッとTシャツ着て、パンツ穿いて靴履いてパッと出る。
これからの季節は、そんな日が自然と多くなるはず。

あとは、Tシャツらしくパッパッパッと見ていきましょう。

デニムにTシャツ

海辺の寝起きにもTシャツさんは馴染みます

よく見ると‥
肩にボーダーが吸い込まれているよう‥
ネックにも1ボーダー
Tシャツさんは大体ちょっとヘン

色々な顔を見せてくれますね
Tシャツ着て、綺麗なスラックスを穿いて、IN
これで良いのがTシャツさん

これが、Tシャツを結局1年中着る理由ですよね



Tシャツって、やっぱり良いですね。
当たり前のことを改めて繰り返していたような気がしますが、
普段当たり前のように着ているわけですから、それで当たり前なのかもしれませんね。
当たり前にいつも良い、ってすごいことですね。

夏に向けて、当たり前が増えたら良いですね!

” CLASS ” – CCES19UNI A –
¥35,200- (tax included)



MANHOLE NEW ONLINE STORE

MANHOLE official instagram

吉田 悠人

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892



NICHOLAS DALEY:TWO POCKET SHIRT。
たまに仕入れますね。生地次第、という感じ。以前はOVERSIZED SHIRTという名前でした。
大ぶりな襟、オープンカラー、胸元に大きな2つのポケット、ボックスカットでボックスシルエット。
シャツというよりもシャツ生地のブルゾンのような洋服ですね。
以前のOVERSIZED SHIRTはバックヨークがもたついて肩が自然に抜けるような作りでしたが、今年のモデルは肩周りの収まりがよくなっているな、と思いました。



今回の生地はオフ白ベースのギンガムチェック。
コントラスト低めのぼやっとしたBLACK、柔らかいGREENの2色展開。
男らしい形だけど可愛い顔、すべすべしたコットンのシャツ地。
コットン地のシャツ、またはシャツジャケットなのでいつでも着ることが出来るといえばいつでも着ることが出来るのですが、これは夏を期待させる洋服として仕入れました。
何も考えたくない時のデニム、足りない着丈をタンクトップで埋めてみたり、羽織るだけだけど「なんかいいかもな」という部分を感じられると思います。
今日の中台の格好がまさに「なんかそのまま羽織っても良さそうだな」と思ったので、そのまま羽織ってもらいました。これくらい何も考えてないくらいでもOK、というかこれくらい何も考えてないくらいがちょうどいい男らしくて可愛い洋服。あと、すべすべしています。
試しに羽織って「合わせやすそうだな」と、感じたのは形や生地によるものだと思っていたのですが、すべすべしたパンツがあまり無いからかもしれません。すべすべしたパンツ、、、トランクスくらいですかね。

“NICHOLAS DALEY” -TWO POCKET SHIRT-
Size:M/L Color:BLACK ECRU/GREEN
¥58,300-(tax included)







MANHOLE NEW ONLINE STORE

MANHOLE official instagram

河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 271