107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog




Kilgour French & Stanbury





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

僕はおそらく手放すことのないモノをいくつか持っています。

誰にでも価値があるものでも無いかもしれないし、実際に身につけることはしばらくないかもしれません。

企画のサンプルにすることもきっと無いし、ましてや売ってお金に変えることなんて絶対に無いモノ。




” Heinrich Dinkelacker “
– Rio – [ Cordovan Full brogue ]



僕が革靴を好きになるきっかけを作ったのは、アメリカ靴でもイギリス靴でもフランス靴でもイタリア靴でも無く、ドイツブランド/ハンガリー製のシューズメーカー:Heinrich Dinkelacker。


「ボタンブーツが欲しいなあ。」と何故か思い立った当時の僕は、下調べもせずに色々なお店を回って探して聞いて「そんなものは扱っていない。」と無下に断られるという流れを繰り返していました。



そんな中、BEAMSで対応してくださった方が唯一”ボタンブーツがどんな物で、どこであれば扱っている可能性があるか”を案内してくれました。

その丁寧な対応の最中、僕の視界にチラチラと入る”トリプルレザーソールの無骨ながら品のある見たことの無い形の革靴”。


説明を聞き終えるまでにボタンブーツのことは正直どっかに飛んで行ってしまっていたのですが「どこかで働くなら、この人のような対応が出来るようになりたい」という気持ちをそのまま持って帰って履歴書に書き込みました。





ジョー・レンデンバッハ社のオークバーク、重厚なトリプルレザーソール。
飾り釘、トゥスチール。

ホーウィンのシェルコードバン。
メダリオン、ブローグの美しい飾り穴。

崖のように反り立つ特有のトゥ。

無骨だけどエレガント。




「お前にこの靴はまだ早い。」と、いうことで結果的に色々な革靴を履いた後に買う事に。


アメリカ靴、イタリア靴、イギリス靴。
それまでに買ったどんな靴よりも、僕の甲高で幅広な足の形にハマってくれたシューズでした。



その後、
同じ形/コードバンのダークコニャック、同じ形のスウェード/クレープソール、同じ木型の3アイレットのプレーントゥ、ローファー/Wienを立て続けに買う事になるのです。



「同じ形で色違いで買っても、どうせ片方しか履かないんだからやめなよ。」という先輩の制止を振り切って買ったダークコニャックは結局履かなくなりました。

同じ木型の3アイレットのプレーントゥは、なんかフィッティングがしっくり来なかったので履かなくなりました。


だから僕はお客さんがどんなに気に入ってもサンダル以外は色違いでシューズを買わせることは無いし、同じ木型のシューズでも必ず履いてもらってフィッティングを見てから買ってもらうようになりました。



「コードバンは合理的なアメリカ人が好む、磨けばすぐ光る合理的な革だよ。だから変にありがたがる必要なんて無い。しかもそれ、フルブローグでしょ? 雨に濡れることを怖がるよりも、雨に濡れた後に適切な手入れを行う方法を身につけた方がよっぽど君の為になる。 」

原宿の隠田区民館近くにある老舗のテーラード古着屋の店主の方からこう教わった時から、僕のコードバンに対する印象は変わりました。


確かに裂けには弱い繊細な革だけど、濡れて毛羽立つのは潰して磨けばいい。
色むらが出来るのもコードバンの味。

「磨いてピカピカ!鏡面磨き!」なんて事を家で楽しむよりも、外に履いて出かけた方がよっぽど楽しい。



梅雨時期にカーフの靴がどんどんカビていくのに対し、コードバンの靴だけは何故かカビが生えなかったのも、僕がコードバンが好きな理由でした。(なんでなんですかね。)






履くためにあるのか、磨くためにあるのかわからない、尚且つお金になりそうな靴は会社を作る時にあらかた処分してしまいました。



買ってから8年目。
ここ2〜3年はボリュームあるシューズの気分でも無かったし、紐靴に疲れたせいか履いていなかったけど。


この靴だけは、どうしても手放せませんでした。






僕の適当な履き方にも、適当な生活にも、適当な手入れにも耐えてくれた靴。

今尚「かっこいい靴だなあ。」なんて袋から取り出す度に思わせてくれる以上に、この靴を履いて経験したことや、失敗したことを思い出すモノでもあるのです。







そろそろまた履いてみようかなあ。



MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

河上 尚哉




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


明日から古着の買付に出かけます。
その間、寂しがり屋の河上は一人で店番。。

「寂しくないよ〜。」と、本人は強がってますが、目は確実に寂しそうです。


皆さん顔出してあげて下さいね!

さて、今回はどこに買付に行こう〜、と2週間前に急遽候補を考えました。
NYも有力候補でしたが次回に持ち越し、僕自身初めて訪れるタイへ。


アメリカ・ヨーロッパから古着が流れて来るタイでは一体どんなものに出会えるのか、、
噂レベルの情報しかない状態なので、その場の空気感と勘でフラフラ探してみようと思います。

そういうわけで、少しの間僕は不在なので、商品を投入しておきました。

完璧じゃ〜ん!と言葉に出てしまうほどの60’sシャツ2枚。


色・素材・サイズ、どれも良い。
こういう服には目に見えそうなぐらいのオーラが出てます。
あまり使いたくないワードだけど、”なかなか見つからないですよ〜”って言いたくなりそう。

もちろん他にも、MANHOLEなりのスペシャルが沢山入荷してます。
気軽に来てもらえたら嬉しいです。

それでは、帰って準備して寝ます!

MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

中台 竜郎






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

僕はおそらく手放すことのないモノをいくつか持っています。

誰にでも価値があるものでも無いかもしれないし、実際に着ることはないかもしれません。

企画のサンプルにすることもきっと無いし、ましてや売ってお金に変えることなんて絶対に無いモノ。




Kilgour French & Stanbury
“Navy Safari Jacket”





これは昔、当時の先輩から譲って貰ったジャケット。

今思うと、当時のドレス業界のメインストリームが持つ魅力を僕は感じることが出来ませんでした。

売り場を見渡すとイタリア”風”のアンコンの軽い仕立てのスーツ/ジャケットが主流。
(もちろんそれもファッションではあるとは思いますが、「仕事着」としての側面で提案することの多いモノに対して、洋服としての魅力を感じることが販売員経験の浅い僕には難しかったのかもしれません。)

中にはSavile Rowのビスポークテーラーの既製服や、デザイナーズブランドが監修するコレクションラインなども並んでいましたが、そこに興味を持つ手がかりを他の洋服から感じ取ることが難しいほど。

何がわからないのかわからない状況だった僕に言葉や感覚で伝えてくださる方は多くいらっしゃいました。

ただ、勘のあまり良く無かった僕は、実際にモノを手にするまで、きっかけを掴むことが出来なかったのです。





このジャケットは僕にとって、そのきっかけを作り出してくれた洋服。

譲ってくれた先輩はもしかするとそんな意図も無く普通に生活費に困ったから僕に売ったのかもしれません。

「買い戻したい。」という連絡を数年に一度もらうのですが、のらりくらりとかわしている最中です。





袖物もパンツも、容赦なく魔改造する人でした。

おそらくこのジャケットもほとんど原型を留めていないでしょうが、”洋服を考えながら着る楽しさ”を伝えてくれました。






「本物」に触れやすい環境にあったのだから、価格もデザインされた「〜風」に小銭を落とさないで、無理してでも「本物」を自分で買っていればもっと楽しかったんだろうなあ。

「aldenとかHeinrich Dinkelackerもそんなに買い漁らなくていいから、ビスポークでジャケットを2,3着作っておきなよ〜。」と、当時の僕に伝えてあげたいですが、人生なんてそんなもんですよね。




中小の個店と違い、大手企業にはたくさん「伝えてくれる人」がいるし、「本物」に触れる機会を自分次第である程度作り出すことが出来る。

それに気付いたのは大手企業を抜けて、前職の中小個店に移ってしばらくしてから。





バツバツのフィッティング。
ウェストをえぐるようなシェイプライン。

サイズも合わず、僕が生きてきたどの時代にも全くフィットしないこのジャケット。

移り気な洋服の時代性に振り回されそうな時に冷静になるための、僕のサイズゲージでもあるのです。








MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

河上 尚哉

赤い服





FRANK LEDER – LODEN WOOL SIDE POCKET SHIRT –







こんにちは。
MANHOLEの河上です。


中台と一緒に古着を見るようになってから、やたらと赤い洋服が目につくようになりました。

“赤い洋服”というのは敬遠されることが多く、新品のブランドを買い付ける際も「めちゃくちゃかっこいいんだけど赤だしなあ。」なんて二の足を踏むことが多い。


おそらく古着も一緒で、ディテールだったり生地だったり背景だったりノリだったりブランドだったりはめちゃくちゃいいんだけど、”赤”だから売れ残っていたり値段が安く設定されていたり。





本日紹介するのは、先日のFRANK LEDERの”LODEN WOOL SHIRT”と共生地のパンツ。

数シーズン前から定番化した、股上の深いアウトツータックのワイドテーパード。

「同生地で別カラーで展開されるブラウンやグレーのような色の方が受け入れられやすいんだろうなあ。」なんて考えもありつつ、どうしても売り場に並べたかった”赤”のみ、この形で仕入れました。






バーガンディなどのようなまだ取り入れやすい赤では無く、真紅の燃えるような赤。




FRANK LEDER
” LODEN WOOL 2 TUCK TROUSERS “
¥48,000+tax-



そもそもFRANK LEDERの表現する赤は取り入れやすい物が多いです。
ヨーロッパの染料によるものなのか、用いる生地によるものなのか。。。

上手く説明が出来ず抽象的な表現で申し訳ないのですが、実際に着てみると「あれ?めちゃくちゃかっこいいかも。。。」と肌で感じられる良さがある。




今まで取り入れなかった色を取り入れてみる、というのは少しだけ勇気が必要な行為だけど、いつか「あれ?めちゃくちゃかっこいいかも。。。」と感じられるタイミングが来る。

そういう意味では、このFRANK LEDERのローデンウールの赤は、それを少しだけ早めてくれるきっかけになるようなアイテムだと感じます。



自分が無意識に諦めている物。

その枠を少し外すだけで新しい楽しさを感じることが出来るのも、洋服の良いところなのです。






MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

河上 尚哉







こんにちは。
MANHOLEの河上です。

本日紹介するのはカシミヤのカットソー。





「え、この素材カットソーに出来るんですか。」と、驚くようなカットソーを時折リリースするCLASS。

もちろん価格はカットソープライスでは無いので、ビビってオーダーしてこなかったのですが、後になってから「買っておけばよかったなあ。」なんて後悔することが多いです。

(こう書いている間にも「褪色しないシルク100%のカットソー着てみたかったなあ。」なんて後悔しています。。。)



ポリエステルのフィラメント糸を芯に、カシミアを巻きつけた糸で編み立てた天竺。

斜行しづらく、肌に触れる部分は全てカシミヤというユニークな生地。



脇から袖口にかけての縫い代はシャツなどの縫製に使用される袋縫い始末になっていて、肌に触れても心地よい縫製に。

肩線は前後に位置をずらしているので、着用した際に肩に当たらないパターンになっています。



一見普通。
でも、よく見るとどう考えても普通じゃ無い。

だけど着ている本人的には、着心地は最高、着こなしもリラックス。







” CLASS “
– 291 –
¥35,000+tax-



ポリエステルのフィラメント糸にカシミヤを巻きつける、なんて面倒なことを行なっているのは、水洗いした際にカシミヤが抜けていってしまうのを防ぐ為。






肌に近い洋服で「多分すごく気持ち良いんだろうけど、手入れが面倒そうだなあ。」という理由で手が出せない物は多々あります。

そういう意味でこのカットソーは、価格のハードルさえ越えることが出来れば、手放せない洋服になってくれるはずです。











MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter

河上 尚哉

象の革




MANHOLE 2019AW PREVIEW ” F.LLI Giacometti “





F.LLI Giacometti。


それは世界中の伝統的かつクラシカルなシューズに対する敬意、そして高いサンプリング能力と、イタリアの確固たる技術・経験の融合により生まれる実用性/ファッション性/独自性溢れるシューズブランド。



こんにちは。
MANHOLEの河上です。

本日紹介するのは象の革を使用したローファー。

“クリーンなイメージ”があった前職。
さすがにエキゾチックレザーを並べるのはどうなのかなあ、なんて自分なりの葛藤もあった為、仕入れる事はしませんでした。


個人的に日常的に履く革靴にあったら良い要素として、

・ある程度手入れしなくても大丈夫
・雨に強い
・頑丈

の3つがあると楽だなあ。なんて考えながら買い付けをしているし、僕のお客さんもそれに共感する方が多かったです。



「象の革」はそれに漏れなく当てはまる。
コンクリートクラックのような腑も最高に格好が良いし、水に強くて丈夫だけどほぼ手入れが必要ない。
繊維質はふわふわしているから軽い。




象の革をあてたのは、”LUIGINO”というF.LLI Giacomettiのローファー木型。



F.LLI Giacomettiの靴は、それぞれの形に応じてベストな木型を使用し、新型に関してはサンプルを作ってから更に細かく微調整を行います。

当たり前のように感じますが、実はシューズ木型を使用してローファーを作っているシューズメーカーは多いです。

「面はローファーだけど、フィッティングは紐履。」
なんてローファーが多いから、どんなにサイズを正確に履いても踵が浮きやすかったり靴が笑いやすかったり。



数年前からリリースされているLUIGINOのエレファントローファー。

初期の頃は「象革はモカ縫いが出来ない。」と、されていたのですが、最近はモカ縫いが出来るようになりました。



以前のブログでさらっとモンキーブーツを「面は細いけど無骨、ゴツさはあるけどエレガント」とお伝えしましたが、このエレファントローファーも同じような感覚。


F.LLI Giacometti
” LUIGINO ” – ELEPHANT LEATHER –
¥152,000+tax-




「やっとお客さんに紹介できる〜!」なんて気持ちで意気揚々とオーダーしたこのシューズですが、お店に出る前に売り切れてしまいました。

靴はサイズもあるし、この値段だし、この数あれば足りるだろ〜。とか全然甘かったです。




賛否両論ありそうなエキゾチックレザー。
最近は「サステナブル」というファッション業界の大きな流れや、海外ブランドの中には動物性皮革の使用を一切やめるという動きも出てきています。

革の鞣し技術を持つ職人や工場も減ってきており、皮革自体の供給や価格バランスも大きく変化しようとしています。

現在市場に流通出来る「皮革」は全て食用として狩猟された動物達の革。
その為、近い将来には一切流通しなくなる可能性があるものでもあります。


「既にあるもの」を有効的に使用することは有意義だけど、「お金に変わるもの」として捉え始めるとそこに意味は無くなるような。



自分たちが単純に「かっこいいなあ。」と思う視覚的イメージや、有用性の先にあるものを考え始めるきっかけになるシューズ。






MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter

河上 尚哉


8.29




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


本日8/29はお休みを頂くことにしました。(ご来店予定だった方、すみません。。)
あんまりお店に篭っていても、新しいアイデアや感覚は得られなかったりするので、思い切って外に出ようというのが目的です。

何をしよう、どこへ行こうか、なんて考えながらブログを書いています。

さて、今日は休みだし、僕が最近買った物をライトに紹介します。



NICHOLAS DALEY×CHRISTYS’
“BAKERBOY HAT”
¥28,000+tax-



ドレッドの黒人が被ってそうなデカめのキャスケット。
Big Appleとはまた違ったバランス感。


ブラックカルチャーの匂いがしますが、そのイメージ通り被らないといけない訳ではありません。


意外性や似合い過ぎないこと、これも大きな魅力であるのは間違いないはずです。

とはいえ、アフリカ系のパワーには圧倒されちゃいます。
かっこいいもんな〜。











本日のお休み、まずは借りたDVDを観るところからスタートしたいと思います。
それでは明日からまたよろしくお願いします。




MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

中台 竜郎

表裏の話




こんにちは。
MANHOLEの河上です。



僕は肌が強いです。

子供の頃は色々病気がちだったようで親は苦労してたみたいなんですが、そんな記憶も無いほど今は何も無いです。
「”君には熱がある。”と数値化された瞬間に人は風邪を引く。」なんて理由で体温計が嫌いだし、気付いたら顔も濃くなり髪の毛も剛毛になってました。

地黒なんですぐに日に焼けます。
よくこの色の黒さを見てなのか「サーフィンやってます?」って言われますが、やりません。
夏の暑さが本当に苦手なので基本的に屋内にいますが、行き帰りの移動だけでこれです。




すぐに話が逸れてしまいますが、洋服のロックミシンとか品質表示のタグとかブランドのタグが肌に触れてどうこうなんて意識した事もありません。

なんか気付いたら首元のタグが出てて鬱陶しいなあ、なんて思った時に切るくらい。

だから、洋服を裏返しに着る理由として「ロックミシンが〜、とか、タグが〜」なんて考えた事が無い。


「表に飽きたから裏返した。」っていう理由だったらまだ理解出来るんですけど、それでもやらない。


リバーシブルの洋服も片面しか着ない。


” CLASS “

– SWEAT –



今シーズン、CLASSからリリースされた「SWEAT」という名前のL/S TEEシリーズ。

二枚で一万五千円。

裏側に四種類のプリント。



ボディはGILDAN。

表側の生地にはCLASSのブランドタグ。

主張したいのか主張したくないのかわからなくなるデザイン。




裏返すとプリントとGILDANのタグは表に。


“CLASS”

– SWEAT –

¥15,000+TAX-





プリントを見せても、見せなくてもいい。
CLASSのタグを見せても、GILDANのタグを見せてもいい。
GILDANのタグだけ切ってもいい。 CLASSのタグもついでに取ってもいい。


してもいいけど、しなくてもいい。

洋服だけに限らずどんな事もそうだと思いますが、そういう当たり前の事を改めて気付かされるのもこのアイテムの面白さの一つなのでは無いでしょうか。





MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

河上 尚哉




MANHOLE 2019AW PREVEW “Nicholas Daley”






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

少しずつ涼しくなってくれて、「まともに洋服着てみようかな〜。」なんて思える気候になってくれました。

買ってすぐに着られない買い物ばかりするのも少し味気ないので、今日は今から着ることの出来る洋服の紹介を。

NICHOLAS DALEY

” TWO POCKET SHIRT ” – BAMBOO SILK –



両胸にポケットが付属するロング丈のヘンリーネックシャツ。
シーズンごとに生地を変えてリリースされるブランド定番の形。

今期は竹100%のシルクのような艶やかな光沢と肌触りをもつ生地を採用。

縦に落ちるドレープが綺麗な一枚。

さらっと合わせることが出来る気軽さもありますが、水洗いが可能な点も嬉しいポイント。


暑いうちはショーツなどとリラックスしたコーディネートでも良さそう。

生地自体に表情があるのでシンプルな装いでも雰囲気が出ます。


物としての雰囲気はあるので、パッと見ると「合わせづらそうだな〜。」と感じるかもしれませんが、とりあえず上に何か重ねてみるとなんでも合うことに気付くはず。



ジャケットとも気軽に合わせることが出来るため、リネン/コーデュロイなど、生地違いで数枚持っているのですが、ヘンリーネック特有のおじさんくささも無く、ジャンルを問わないニュートラルな合わせも楽しめるシャツ。

「今日何着よっかな〜。」なんて悩む時間が無い朝に、「とりあえずこれでいっか。」と、手に取れます。



ロング丈のコートなど、着流す楽しさがある洋服との相性も抜群。

カッコいいけどカッコつけている感じの出ないアイテム。


NICHOLAS DALEY

” TWO POCKET SHIRT ” – BAMBOO SILK –

¥51,000+tax-





夏の暑さとともに、洋服を着てお洒落する気力なんてドロドロに溶けてどっかに流れて行ってしまう僕ですが、「ちょっと色々想像してみようかなあ。」という気持ちをまた復活させてくれるアイテム。


季節の移り変わりを、このシャツとともに楽しんでみてはいかがでしょうか。




MANHOLE official twitter

MANHOLE official instagram

河上 尚哉

1 55 56 57 58 59 61