107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog



MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE – – bagjack – / – SADE – – Nicholas Daley – 

– m’s braque – / – NICENESS – / – ULTERIOR – / -BLOHM –

– whowhat – / – RANDY – / – FRANK LEDER –









こんにちは。
MANHOLEの中台です。

常に驚きと発見、そして戸惑いを与えてくれる”BLESS”。
BLESSの創るプロダクトの前では、僕らも純粋なお客さんに。


これどうやって着るの。。って、若いうちはたくさん経験することですが、未だに思わせてくれることは僕らにとってはすごくポジティヴなこと。
僕らの”当たり前”を壊してくれて、また変化するきっかけになるからです。

このパーカーもまた、概念を壊してくれるような一着。

だからと言って、奇をてらっている訳ではなく、ブランドとしてはごく自然な提案。
着てみると、質や快適性など現実的な部分も備えている事が分かります。

BLESSはファッションという枠だけでは捉えられません。

表現から人との関わり方まで、嫉妬してしまうくらい豊かな感性を持った創業者デジレーとイネス、二人からスタートしたプロジェクト。
「お互い一人でもそこそこ出来るけど、それ以上のことはできない。」ってインタビューでの一言。(シンパシー感じちゃいます、、)

MANHOLEという店の在り方を考える上で、一つの指針になるブランドです。





MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



中台 竜郎



MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE – – bagjack – / – SADE – – Nicholas Daley – 

– m’s braque – / – NICENESS – / – ULTERIOR – / -BLOHM –

– whowhat – / – RANDY –




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

洋服屋を始めた当時の自分にとって、FRANK LEDERの掲げる主張は衝撃的。

自分がファッションビジネスに対して抱いていた疑問をクリアにする言葉。

この文章を目にした瞬間、自分の中の価値観の指針が少しだけ定められたのを感じました。

以降、僕が接してきたお客さんには「FRANK LEDERというブランド」を勧めてきた、というよりかはどちらかというと「FRANK LEDERの考える哲学」を勧めてきました。

MANHOLEでもその価値観を少しでも多くの方に伝えていきたい。

FRANK LEDER AUTUMN/WINTER 2019 “ the hermit : Kammer ”


「ハーミット:カンマー / 孤独に過ごす:スペース」

閉ざされた空間にいる一人の孤独な男。

日頃の生活を離れ、集中するために部屋に篭る男。
そして、自然の中に篭る男。
人里離れ、孤独を愛し、絵を描いたり、書き物をしたり、世俗から離れ自身の内側に語りかける。



FRANK LEDERの洋服は確かに価格が高い。
生地、付属、縫製、ほぼ全てにおいてドイツ製。
日本に持って来たら高いに決まっています。

なので、買ったはいいものの物凄く丁寧に扱ってしまう方がいらっしゃるのも事実。
それは決して悪い事では無いのですが、ここの洋服に関してはもう少し肩の力を抜いて着た方が良いのです。



今はまだ新しく、生地が寝ていないこのジャケットも、着古してクタクタになったモノを適当に椅子にかけた瞬間の方がより魅力的に感じるでしょう。


今シーズンのFRANK LEDERは、特に日常的に着られる洋服が多かった印象です。
素直にそういったアイテムを買い付けました。

ウールだろうがリネンだろうが。
着倒して、汚して洗ってを繰り返してこの洋服の本質的な魅力を楽しんで下さい。

吊るしで格好良い、着て格好良いのは当たり前。
それぞれのガーメントに込められたルーツ・ストーリー・メッセージ。

そういった一つ一つのピースに付与されるもの、そして持ち主が付与していくもの。
全てが魅力的なブランド、それがFRANK LEDERです。




MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉

MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE – – bagjack – / – SADE – – Nicholas Daley – 
– m’s braque – / – NICENESS – / – ULTERIOR – / -BLOHM –
– whowhat –

<RANDY>

デザイナーは相川龍之介。

彼との出会いは、中目黒の川沿いにお店を構えるVASEにて。


VASEオーナー:平井さんと取り留めの無い話をしたりするのが好きだったので、中目黒で仕事をする際は必ず顔を出していたのですが、その時にスタッフとして働いていたのが相川くん。

気付いたらブランドを立ち上げていて、シーズンを重ねるごとに徐々に形付いていくのを実際に見て来ました。

自分が「良いな。」と思うものを彼のコレクションから選べることが素直に嬉しい。


RANDY 2019AWコレクションからMANHOLEでピックアップしたのは梳毛ウールのストレートスラックス。

最近同じ様なパンツに頼りっぱなしの自分にとって、普段の延長線上で気分を変えてくれる洋服になるはず。

わざわざ手渡しでお店まで納品しに来てくれたRANDYデザイナー:相川くん。

きっと好きなものの方向性は同じ。
だけどアプローチの仕方は全く違う。

単純に若い世代と仕事をする、というよりかは自分の中に今まで無かった新しい美意識に触れる様な感覚を、彼の洋服を手にすると感じることができるのです。





MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉



MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE – – bagjack – / – SADE – – Nicholas Daley – 
– m’s braque – / – NICENESS – / – ULTERIOR – / -BLOHM –



こんにちは。
MANHOLEの河上です。

買い付けの際は「あーめちゃくちゃ売れそう!」という印象の洋服ではなく「なにこれ。。。」と考えさせるような洋服に出会える方が嬉しいです。

「なにこれ。。。」という洋服がバカ売れしたらそれはそれでなんとなく寂しい気持ちになったりするのですが。

自分の中のアイデアのストックを日々削りながら商売をやっているような僕達にとって、「なにこれ。。。」という今までの自分の中に無かった感覚を定期的に与えてくれる人というのは、それだけで好きになってしまいます。


ヘッドギアではありません。
これはwhowhatのカマーバンド型のウェストポーチ。

カバンを持つのが嫌いな僕にとって、「あなたはもう、カバンを持たずに手ぶらで出かけて良いの。」と確実に囁いているこういうアイテムはついつい手を伸ばしてしまう存在。

カットソー、ニットの上から。
シャツの中、ブルゾンの中、ジャケットの中、コートの中に忍ばせても活躍するアイテム。

内側にもポケットがあるので、パスポートなどセキュリティが必要な物を入れて海外旅行の際に活用するのも良さそうです。
ちなみにデザイナーさんはホッカイロを入れるために作ったポケットだ、と言っていました。



個人的にはジャケットの上から合わせて欲しいな、と思って仕入れたのですが、肝心のこのアイテムに合いそうなジャケットを用意するのを忘れました。
なので店頭では私物を交えて紹介すると思います。



これはwhowhatのハーネスベスト。
通常安全面に考慮されていたり収納力に優れたアイテムですが、whowhatでは中綿の詰まった保温性に優れたユニークなアイテムに。

モバイルサイズの収納が付属、アシンメトリーなデザインバランスに仕上げられています。


「どう着ようかな。」と、ワクワクするような洋服。

別にトリッキーな事をする必要は無く、ふつ〜に使って欲しい。






もちろんそのシーズンの起爆剤になるようなアイテムもコレクションにラインナップされるブランドではありますが、個人的にはwhowhatはこういった無邪気で自由でユニークなアイテムこそ光るブランドだと思います。

一見戸惑いを感じさせ、違和感を覚えさせながら、実は着る人に委ねた余白のある洋服。
ここの洋服の着方にルールなんてありません。

自分の好きなように、自由な感覚で。






MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉



MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE – / – bagjack – / – SADE – / – Nicholas Daley –
– m’s braque – / – NICENESS – / – ULTERIOR –




こんにちは。
MANHOLEの中台です。

数年前、僕と河上が一緒に働いていた頃、
お互いドハマりしていたBLOHM。
どこか不良っぽくて、でも品と色気のあるブランド。
アンダーグラウンドな文化的背景や匂いも確かに感じ取れて、
かっこいいなぁ、、と素直に思えるのです。

ブランドのアイコンとも言える、”HOMIES RAT”は当時週7で履いていました。
大げさではなく、本当に週7。。

靴にとっても、販売員としてもあまり良い事ではありませんが、それ以外の物を履けなくなるくらい、当時の僕らにとって新鮮なバランスを楽しめる靴でした。

数年経ち、また僕らの手で紹介できるのをとても嬉しく思います。

今回オーダーしたのは、新型のスリッポンとパンツ。

スリッポンに関しては僕らの全く想定していなかった物で、
履いた時の新鮮さは、”週7″のあの感覚を思い出しました。

ほぼ革靴しか履かない河上とだらしない靴ばかり履いている僕が、
同じ気持ちを共有できるような靴です。
きっと皆様にも体感して頂けるはず。


洋服を作ってもかっこいいだろうなぁ。と思っていた通り。
固くなりがちな脳みそを柔らかくして、イメージを膨らませてくれるようなパンツ。
大人の方に穿いてもらえたら嬉しいです。

BLOHMの作るものを買った時って、
イケてる不良の先輩と仲良くなれた時のような嬉しさというかなんというか、、
そんな気持ちになるんだよなぁ。。









MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



中台 竜郎




MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE –  /  – bagjack – / – SADE – / – Nicholas Daley – 

– m’s braque – / – NICENESS –





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

「その人に不必要な物を無理やり売らず、買ってちゃんと着てもらえるようにその洋服にとっても買う人にとってもリアリティを持たせた状態で洋服を渡すこと。」

これは僕が洋服を勧める時に常に意識する項目です。

自分が作った洋服が大量に大幅にセールにかけられている瞬間をデザイナーさんや実際に工場で作っている方が見たときの気持ちを想像すると、
自分が買い付けた洋服が二次流通に流れている様子を見ると、たまらなく悲しくなる。

無理に物を作って欲しく無いし、無理に買い物もしたく無いしさせたく無い。

今作られている洋服がいつか「古着」というカテゴリーに入る時、僕達が今買い付けるのはいつの時代も誰かが常に欲しがっている様な洋服でありたい。

MANHOLEに古着が並ぶ意味も、中台と二人でお店をやる意義もそこにあります。





MANHOLEで今回オーダーしたカシミア裏毛のスウェットのセットアップ。

完璧でした。
この冬はどこまでもこのスウェットを着て出かけたいし、このスウェットを着て家でくつろぎたい。


牧さんの作るカットソーは、その良さを説明する必要が無い。
もちろん話そうと思えば出てくるんだけど「どうですか?とにかく気持ちよくって、着ている自分を想像出来ませんか?」という一言だけで終わるところも気持ちがいい。

「この洋服をどういう言葉で伝えようかな。」と考えるのは僕の楽しみでもあるのですが、いつも語ってばかりだと「うるせえなあ。」って思われそう。
そういう意味だとULTERIORのカットソーはMANHOLEのラインナップの中では一番気軽に背中を任せられる存在かもしれません。


ULTERIORはトータルブランド。
カットソー以外の洋服は残念ながら今回サンプルが用意できませんでした。
実際にデリバリーがあった際に紹介させてください。

今期MANHOLEでは、ULTERIORに4型別注アイテムを作ってもらっています。

本オープンの8月中旬頃紹介が出来るかと思います。
お楽しみに。




MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉



MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE –  /  – bagjack – / – SADE – / – Nicholas Daley – / – m’s braque –



< NICENESS >
– Just good is good. A nice and useful clothing.







こんにちは。
MANHOLEの河上です。
一見フリース素材に見えるけど実はシルク100%のボアベストとボアブルゾン。

「ヴィキューナカシミア同等の肌触りを持つコットン」を目指して作られたコットン100%のロングベスト。

カシミア/セーブルのリバースウィーブ風ニット。

体を動かす度になびく毛抜き合わせのウールブルゾン。

同じく毛抜き合わせ、横ハギがなく縦に立体的にストンと落ちるセーラーパンツディテールのワイドスラックス。

「シルクは本当に通年物なんだ。。。」と実感することが出来た、シルク100%の開襟シャツ。


NICENESSの洋服は驚きと納得の連続。

展示会の度に「今日はどういう風にビビらせてくれるんだろうなあ。」と楽しみになります。

写真や絵型だけでは絶対に伝わらない、店頭で洋服を買う楽しみを与えるモノを作るブランド。
いわゆる新品の洋服のスピードの速さや価格に疲れて古着に流れた人も、きっとここのマイペースな洋服は気に入ってくれるはず。

だからこそ、MANHOLEのラインナップには欠かせない存在なのです。




MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉




MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE –  /  – bagjack – / – SADE – / – Nicholas Daley –


ヨーロッパ各地を回り、ヴィンテージやデッドストックなど現代では再現できない貴重なもの、意匠的な素材や付属で独自のパターンメイキングを表現すること。

テーラリングをベースにしながら、艶や色気と共に独特の‘抜き’が内在。

日本の職人技術を取り入れたり、新しいステッチを試みるなど、途切れることのない創作への意欲。

表層的なデザインだけでなく、カッティングや流れる曲線を大切に、着心地とデザインを両立。

その圧倒的な背中の美しさ、こだわった‘物造り’を追求し、独自のスタイルを提案するブランドが存在する。

“m’s braque”
目指すのはモードとクラシックの間のリアルクロージング。

こんにちは。
MANHOLEの河上です。

パリのアトリエを起点に活動する日本人デザイナー:松下 貴宏氏のブランド:m’s braque。

ラテン的な艶やかさ。
ブリティッシュな構築的で重厚感のある厳格さ。
イタリアンな軽快さ。
アメリカンな合理的で良い意味での大雑把さ。

そして日本人の持つサンプリング能力と、一つの事をとことん突き詰める誠実さが生み出すコレクションの数々。

メンズドレスに精通。
テーラリング技術を持ち、ファッションとちょっとした茶目っ気を持ち合わせるこのブランドにしか表現できないアイテムがたくさんあります。


MANHOLEでは、通常洋服には使われない様なインテリアファブリックを用いたアイテムを中心にオーダー。


一枚で軽く羽織っても、ジャケットに合わせても上からブルゾンを羽織っても。
手持ちのアイテムをどう組み合わせるかが楽しいチャイナジャケット。


前身頃がバイアスのダブルブレストジャケット。
後ろ身頃と前身頃は一枚の生地。
単純にバイアスに切り返しているのではなく、生地効率も度外視し、高いカッティング技術があるから作ることのできる洋服です。


肩周りはコンパクト、身幅は大ぶりで後ろ身頃にかけて斜めに駆け上がるシルエットのブルゾンは、柔らかなフラノ地と、裏地にボンディング加工を施した立体感のあるジャカードの素材でオーダー。

ブランド定番のハーレムパンツ、バギーシルエットのワイドストレートのスラックスは今シーズンも生地バリエーションが豊か。





取り扱うお店の色やコンセプト次第で、実際にお店に並ぶラインナップが大きく異なるブランド。


型数も多く、用いる生地のバリエーションも豊富。
様々な国のテイストを交えてコレクションを構成する奥行きのあるブランド:m’s braque。

自分たちの中でずっと変わらない感覚と日々変化していく感覚を交えながら提案できるブランドの一つだと感じます。






MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉

MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE –  /  – bagjack – / – SADE – /



こんにちは。
MANHOLEの河上です。


長い間、自分が働いているお店以外で買い物をし続けているブランドがありました。

ブランド設立当時は限られたお店でのエクスクルーシヴ展開。
その状況に加えて、退社した会社のみで展開されるブランドをすぐに引っ張る度胸も実力も機会も当時の僕にはなかったので、取扱店でちょこちょこ買い物しては「良いブランドありますよ。うちではやらないと思うんですけど。」という風に伝えて一緒にそのお店に買い物しに行く、という付き合い方をしてきました。


時間が経つにつれ取扱店舗が徐々に増えて行く中で、「やっぱり僕のお客さんに自分のセレクトするものと合わせてしっかりと提案してみたいなあ。」と感じるように。


ちょうど近隣の店舗が取り扱いを辞めるタイミングでもあった為、そのシーズンから前職で取り扱いをすることになったのですが。。。

納品時は僕が独立を決めて前職を辞めるタイミングでもありました。
申し訳なさ半分、自分で紹介出来ない残念な気持ち半分で後ろ髪を引かれる想いも強く、「俺はもうこのブランドを紹介することは無いのかもなあ。」なんて思ったりもしました。


“折角自分でお店を開くんだから、開始の段階で自分のベースとなるブランドは外したく無い。”


MANHOLEでの買い付けを始めた段階で、ダメ元で代理店さんに相談してみたところ、「ちょうどニコラスも河上くんのこと気にしてたから、一回オーダーを投げてみてください。」とのこと。


本当に長い期間、自分の手で紹介したくても出来なかったブランドを、ようやく紹介出来ることを嬉しく思います。


” Nicholas Daley “

デザイナーはジャマイカ系イギリス人のNicholas Daley。

民族的/音楽的/文化的。
洋服を形成する上で、必要な要素が全て詰まったグルーヴィな洋服。

“Nicholas Daley 2019AW COLLECTION” – BLACK ARK –

ジャマイカ人のダブ、レゲエのプロデューサーとして名を馳せる「Lee Scratch Perry( リー・スクラッチ・ペリー)」のスタジオに由来する’BLACK ARK’と銘打ったコレクション。


“ダブとパンクが音楽/文化的に交差する背景を探求する中で、イギリス音楽への影響力の大きさに気づきました。
プレゼンテーションは伝説的なプロデューサーである「Dennis Bobell」のレガシーに加え、現代のサウスロンドンを象徴する「Puma Blue」のパフォーマンスによってイギリス音楽のルーツを辿る旅を表現しています。”

– Nicholas Daley

自身が作る洋服を通して、デザイナーが伝えたい/紹介したいことを、お客様に伝えるのは現場に立つ僕たちの仕事だと思っています。

・様々な人種や文化が織りなすイギリスならではのアイデンティティーの追求
・伝統的なクラフトや、職人たちによって長きにわたり 培われた知識や文化を保管していくこと
・音楽とスタイルの相互作用
・ジャマイカ系イギリス人である自身のルーツの追求

made in englandであることと、民族的要素、文化的要素、そして音楽的要素は、彼のブランドがNicholas Daleyである為に欠かせないものなのです。



中台と会うたびに「やっぱりいいよねえ。」なんて会話の中のふとした瞬間に出るブランドでもありました。

彼がいるからこそ、このお店でこのブランドを更に楽しく紹介できると思っています。


以下、中台から。



デザイナーのニコラスとは音楽の趣味が合うから、きっと仲良くなれると勝手に思っています。
コレクションやヴィジュアルルック等を見ても、とても共感できるブランドです。
彼の周りの友人たちもすごくかっこいい。


Garms & Styling by Nicholas Daley
このスタジオライブは去年一番観たかもしれません。
言葉で表現するよりも、音と視覚で感じてもらう方がこのブランドの良さは伝わりやすい気がするので一度観て欲しいです。(出来れば大きな音で)

そして、袖を通せばいつの間にかこの世界観に魅了されていることに気付くはずです。

MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉

MANHOLE 2019AW PREVIEW

– ALONE – / – bagjack –






「河上くんさ、僕の後輩が今日から展示会やっているから見てあげてくれない?」

MANHOLEでも取引のある、とあるデザイナーさんからそんな内容の電話をいただいたので、二つ返事で「ちょうど暇してたんですよー。」と答えてすぐにアポイント。

渋谷:桜ヶ丘のレトロマンションの一室。
ラーチ材で作られたエントランスを越えると、用意されていたのは4型2色展開の計8ピースのコレクション。



ASTOREという、渋谷に一時期存在したショップが今期のテーマ。
SADEデザイナーが好きなもの/通ってきたもの/目指すものを確かに汲み取れるラインナップ。

構築的なピークドラペルのシングルジャケット。
ジャケットと同素材、サイドシンチ付きのセミフレアパンツ。
ダーツ入り、ポイントの長いドレスシャツをベースに、インサイドアウト。
ボタンホールを叩いて潰して上から釦を付けるなど、こだわりを見せるボックス型のレギュラーカラーシャツ。
GILDANをインサイドアウトし、ウールと切り替えてデザインに落とし込んだユニークなカットソー。

MANHOLEでは、そのコレクションからシャツとパンツをセレクト。

“SADE” – PT01 [BEIGE] – ¥45,000+tax-

“SADE” – SH01 [WHITE] – ¥31,000+tax-


僕らの様な明確なコンセプトを定めていないお店にとって、シーズン始めに買い付けるボトムスは、そのシーズンのトップスの色や全体的なバランスを左右する大事な存在。

SADEの柔らかなグレージュのセミフレアスラックスを見た時から、気分が一気にベージュ系に振られてしまいました。
個人的には今期一番気になるパンツかもしれません。

シャツもこの流れで紹介したかったのですが、一番大きいサイズをオーダー(SADEのアイテムは00/0/1/2/3/4の全6サイズ展開、サンプルサイズは0)していたのでシャツの細かな紹介は実際にデリバリーされる9月以降に行わせてください。




「好きなものを頑張って形にする。」という、好感の持てるスタンスが素直に表れているブランド。

純粋にシンパシーを感じます。


SADEもMANHOLEも今期がデビューシーズン。
今後の展開が楽しみです。







※SADE 2019AW COLLECTIONの入荷は9月ごろを予定しています。



MANHOLE official instagram

MANHOLE official twitter



河上 尚哉

1 24 25 26 27