107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog









こんにちは。
MANHOLEの中台です。


この夏、人気が出そうなNICENESSの半袖シャツ”SCOTT”。
手に取っただけで魅力を感じさせる生地は、以前紹介したこちらのシャツと同じもの。
見た目にも軽快で手触りの良いカディ生地。

ただ半袖になっただけではなく、シルエットやディテールは50’sアメリカンなオープンカラーシャツ。
シンプルだけどちゃんと個性がある、NICENESSのバランス。






生地のパワーを感じる白。
古着で買ったシャツを着るように、自然と自分に馴染んでくれる。
思い切り透けそうな柄のTシャツを中に着てみるのも楽しい。

そして着心地を感じないくらいに軽い。
着てるのに着てないみたい。






パジャマのように力の抜けた雰囲気。
地味なようで意外と新鮮な色味のチェック、可愛くて渋い。
ボロボロのデニムと合わせてもなぜかアメカジの匂いを感じない不思議なバランス。


半袖シャツを探している方、是非NICENESSのSCOTTをどうぞ。
これ以上涼しい洋服は、とりあえずMANHOLEではこの夏用意出来そうにありません。




” NICENESS “
– SCOTT –
WHITE ¥36,300-(tax included)
NAVY CHECK ¥42,900-(tax included)










MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

黒い服




「安定の黒。黒は間違いない」という洋服の選び方を良く見かける。
本当にそうなんだろうか。
僕は黒い洋服を選ぶ時、不安になる。
でも、「黒い洋服は着ない。」という人の隣では無性に黒い洋服を着たくなる。
最近僕が黒い洋服をあまり着ない理由は、隣で中台が普通に黒を着るからだと思う。
洋服を着る際にそこまで理由を必要としない僕らでも、黒い洋服を着る時は頭のどこかで「理由」を探す自分がいる。


黒いパンツに茶色い靴を合わせるのは勇気が必要だ。
黒いジャケットを着る時は「なんで黒いジャケットなのか。」と考える。
黒いニットタイは意外と使いやすい。なんでだろう。
黒いニットはタートルネック/クルーネック/Vネック/ハイゲージ/ローゲージ/ミドルゲージで使い方が変わる。
黒いシャツは着方が良くわからないからとりあえず着てみると日によってハマる日と全然違う日が分かれる。
黒い靴下はたまに履きたくなる。
黒いカットソーは夏にこそ着たくなる。
黒い靴が好きなのは、どこか野暮ったい自分とのバランスを取りたいからなのかもしれない。


僕らが黒い洋服を好きな理由は、黒い洋服は曖昧だからだ。曖昧だけど、力強い。
その日の気分、その日向かう場所、その日の光。
そういった自分以外の要素全てに左右される不安定な色。



” cantate “
– WM Two-Tuck Trousers –
¥49,500- (tax included)





盛夏に向けてcantateの黒のトラウザーズを用意した。
以前発売したモヘヤバラシアのモデルとは生地もシルエットも異なる。
今期cantateで2種類の黒の2タックのトラウザーズを用意したのは、「同じブランドのほぼ同じ形の黒いパンツ」でも、生地が変わることで役割も見え方も印象も変わる繊細さを、MANHOLEのお客さんであれば楽しんでもらえるような気がしたからだ。
あとは、この生地のこの形のこの色のパンツがかっこよかったから。
夏場に着る涼しげな黒は、かっこいい。






腰回りのゆったりした2インタック。
ウェストチェーンステッチ/インシームは巻き縫いという野趣溢れるディテール。
シルエットはすそ幅の広いワイドストレート。
用いられた生地:モヘヤトロピカルは、湿度の出て来た今時期から触れるからこそ、感じる良さがある。






そして、同じくモヘヤトロピカルの「グリーンブラック」を用いたジャケット&トラウザーズ。

これはダークスーツだけど、ダークスーツではないという良さがある。
通常のダークスーツに出来ることは大体出来るけど、通常のダークスーツに出来ないことが出来るかもしれない。




” cantate “
– The Tropical Jacket – ¥192,500-(tax included)
– The Tropical Trousers – ¥82,500-(tax included)




僕らにとって黒い洋服を着ることの楽しさは、安定感があるからでも合わせやすいからでもなんでもない。

あまり洋服を着る際に理由を必要としないつもりの僕らでも、黒い洋服を着る時は頭のどこかで「理由」を探している自分に気付くからである。
「そんなに考える必要ないんじゃないですかね〜。」なんてお客さんには言いつつも、考えながら洋服を着るのはやっぱり楽しい。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




MANHOLEで働く僕らにとって。
NICENESSの洋服が「素敵だなあ。」と感じる時間は、段ボールを開けた瞬間から始まる。






例えば、納品時にガーメントを包むための不織布。
つけなければならない品質表示タグや値札から、(過去のコレクションにつけられていた)あまりつける必要のない古いクリーニングタグ、そしてつける必要のないシルバーアクセサリー用のレザーポーチ、それにつけられた絶対につける必要のないエクセラのZIP。






そう、NICENESSは「商品(洋服)以外に作用するデザイン」に時間と手間とお金をかけている。
そしてもちろん、納品される商品(洋服)は当たり前のようにかっこいい。

こういった「商品以外に作用するデザイン」が付与された物の中には、おまけ商法のように感じてしまうものもある。
「商品以外に作用されるデザイン」が目的となってしまっているもの。
ガワだけが整えられた。本来目的となるべきはずの商品が、ないがしろにされているもの。





ただ、NICENESSの「それ」がおまけ商法になり得ないことは、NICENESSの洋服を買ったことがある方なら誰しもが理解できると思う。
NICENESSの「商品以外に作用されるデザイン」は結果的に「商品全体に作用するデザイン」となる。

何故NICENESSが「商品(洋服)以外に作用するデザイン」に時間と手間とお金をかけているのかというと。

「こっちの方がかっこいいし気分が良い。」というNICENESSデザイナー:郷さんの選択/主張であることは想像に容易い。
この選択/主張のせいで商品自体の値段が上がってしまうこともあるだろうし、仮に商品自体の値段に乗せていない場合はブランド側の利益が削られることになる。
商業的/現実的に考えた場合、NICENESSの「商品以外に作用するデザイン」は、あまり必要がない非効率的な意味のない要素である。





商業的には必要がない非効率的要素であるけど、NICENESSがNICENESSであり続ける為に、この「商品以外に作用するデザイン」をすごく当たり前のように行なっていることを。
僕らはNICENESSから送られてきた段ボールを開ける度に感じ取ることが出来る。

NICENESSの洋服は「必需品」ではなく「嗜好品」だ。
丁寧に考えられ、丁寧にデザインされ、丁寧に作られ、丁寧に送られてくる「贅沢品」だ。
そうして丁寧に届けられた物を目にすることは僕らの気分を高揚させる。
そして、そうして丁寧に届けられた物は、丁寧に売っていかなければならない。
丁寧に渡すことで、「ただの贅沢品」はいずれ「誰かの実用品」として形を変えていく。




” Just good is good ” という、NICENESSがブランド設立当初から掲げる主張。
それは” 良いものは良い “ということ、ではない。

「気分が良い方が毎日は楽しい。」
僕らは今、そう捉えることでNICENESSというブランドをより身近に感じることが出来る。







NICENESS / MANHOLE
[STOCKNO.NN-AM01MH] – GARMENT SHOULDER BAG –
” LYNCH “
¥52,800-(tax included)




NICENESSのデザインチームにガーメントショルダーバッグを作ってもらった。
一般的には洋服を買った時/持ち運ぶ時の付属品であるガーメントケースを、NICENESSであれば付属品以上の物に変えてくれるはずだ。

一年以上前に「郷さん、これをサンプルになんかバッグ作ってください。形や仕様は任せます。」と渡した軍モノのガーメントケースは、僕らの想像を超えてガーメントケース以上の物として返ってきた。

発売は5月28日(金)から。
来週、また改めて紹介させてください。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892









こんにちは。
MANHOLEの中台です。


現実的な使い道が未だに分からないNICHOLAS DALEYのちっちゃいネックポーチ。
スマートフォンを入れるにも少し小さいし、口が狭いので財布は入らない。
タバコは入るけどライターが取り出しづらい。
ニコラスは何を入れているんだろう。

上記の通り実用性はあんまりないけど、毎シーズンリリースしているニコラス。
なぜか仕入れ続けている僕ら。
なぜか買ってくれるお客さん。
この不思議なバランスで成り立っている。







ニコラスのお母さんチームが手編みしているパワーのある生地。
小さいながらも迫力と存在感は洋服に負けないくらいだ。

NICHOLAS DALEYの小物はなんだか気分が良くなる。
実用性なんか無くても魅力は十分に感じられる。







なぜかBLOGの撮影の時だけ眼鏡をかける河上。
おもむろにポーチに入れてみるとすっぽり。
僕らは眼鏡やサングラスをすぐ失くしてしまうからちょうどいい。

このように偶然使い道を閃くことは、使い道の無い道具にこそ感じられる。






改めて見ても便利ではないし、持つ意味も感じられない。
むしろ持ってない方が気を使わない。
日常的に使うには向いていないだろう。

だけど、このポーチはそういう地に着いた足を少しだけ宙に浮かせるきっかけになるかもしれない。
日常的に使うには向いていないけど、僕らは日常的に使って欲しいと思う。


意味や意義がなくても生きてはいける。
ただ、気分が良い方が毎日は楽しい。









MANHOLE official instagram



中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

袖、短い!




男性服は女性服と比較するとそもそもの選択肢が少ない。
「まーた同じようなものを買って〜!」という言葉は、男性だったら誰しも言われたことがあると思うし、口では「いや、ちょっと違うから。」と言う裏で自分でも「俺、また同じような物を買おうとしている(買ってしまった)。。。」と、洋服を探している/接客されている/会計している最中/買い物をした帰り道に感じた経験があるはずだ。
これはしょうがないことだと思う。
そもそもの選択肢が少ない、「〜は着ない。」という自分の中のこだわりがある方も多い、無意識に集めてしまう人もたくさんいるし、買っている本人はそれが楽しいから尚更仕方がない。

御多分に洩れず、僕も「同じようなものを買い続けてしまう」内の一人だ。
同じようなものを買うのは楽しい。
この前も中台から「お前、またジャケット買ったの。。。」と、呆れられた。
そう言われない為にこのジャケットをあげたんだけど、どうやらそういうことじゃないみたいです。。。





キャップスリーブが特徴的なCLASSの半袖シャツ:isla de pinos。
生地はチャコールグレーのコットンジョーゼット。
袖に生地の耳を使用し、端処理しないことで「この生地で、キャップスリーブ」という、男性服では見かけないバランスから生まれる違和感をより強めている、気がする。
身幅は緩く、着丈は長い。なのに袖は短いというメリハリの効いたデザイン。





このシャツ、キャップスリーブなだけあり、袖が短い。
お客さんに勧めると「ちょっと恥ずかしいです。」と言われてしまうけど、僕は気に入ってる。


確かに袖は当たり前のように短い。けど、同じようなものを買い続けたが故に。
現状に満足はしつつも実は既に飽きている自分の中のバランスを変えてくれるのは、きっとこういう洋服であるはずだ。



” CLASS “
– isla de pinos – ¥42,900-(tax included)




見慣れたバランスで飽和状態の今。
僕は見慣れないバランスの洋服がとても良く見える。

「見慣れないバランスの洋服」だからと言って、無理に気合を入れる必要はない。
「見慣れないバランスの洋服」の大半が、実は時代に忘れ去られただけのオーセンティックな物であることもざらにあるはずだ。

別にこのシャツじゃなくてもいいんだけど、MANHOLEのお客さんには「自分が意識的に/無意識に避けている物」を楽しんでもらえるようにしていきたい。
その為に、このお店には「同じようなものを買い続ける僕」と「すぐに飽きる中台」がいるんだと思う。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの中台です。

古着で間に合うもの、そうでないもの。
MANHOLEでは古着も今作られているものも取り扱っている為、その点は少しだけ意識して区別するようにしています。







古着では到底間に合わないULTERIORの半袖ワッフルTシャツ。

シンプルな佇まいだけど存在感のある生地は、ドライなタッチで涼やか。
ソリッドな印象とは対照的に、ソフトで心地良いフィッティング。

僕のように古着慣れしている人には、特に違いを感じてもらえるように思えます。










表はセットイン、裏はスプリットラグラン。
実用的なディテールだけど見た目の違和感も楽しめる。
シルエットには古着のようにラフな雰囲気も感じるし、適当に着ることも出来そう。

数年前までは、「夏物のカットソーなんて、大体古着で事足りるよな〜。」
なんて言っていた僕も、最近はブランドの凄さとか、気の利いた洋服の良さが身に染みている。

なんでも「いいかも。」と思ったら着てみるのが一番。
自分のこだわりを貫くのも大事だけど、新しい体験は自分の感覚の外側にしかありません。



” ULTERIOR “
– DRY FEEL SOFT WAFFLE H/S TEE – ¥18,700-( tax included )




MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

僕は小物を仕入れるのが苦手。買うのは好きなんですけどね。
「いいな。」と、思うものをどこかで見つけても、オーダーするまでにいつの間にか忘れてることが多いです。
そういうわけでMANHOLEは常に小物少なめ、イベントごとに弱いのもそのせいですね。





昨年末に紹介したBLESSのピン

見ていて楽しいし、何につけてもいいし、よく見るとガラクタなので最悪失くしても微妙に悔しいか悔しくないかくらいの感じでちょうどいい。

全部違うけど、全部同じなのでその時に好きになったものをお選びください。





この「その時好きになったものを買ってみる。」というのはすごく自然な行為な気がします。
だから僕は小物を買うのは好きだけど、仕入れるのは苦手なのかもしれません。

作為的な意思を感じない、無作為なBLESSのピン。
とりあえず50個くらい作ってもらいました。
何かのついでにどうぞ。



” BLESS “
– Blessbuttonspecial – ¥3,850-(tax included)








河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




たまに他人のビスポークを買うことにしている。
僕らのような庶民とは生まれや育ち、社会的地位等の文化レベル/資産レベルなどが根底から違う人たちが様々な目的をもって誂えた洋服が、何故か日本の典型的一般家庭出身32歳が借りてる賃貸アパートのクローゼットにかかっている。分不相応の極みだと思う。
そんな文化レベルの違う人たちが誂えた洋服だから、奇天烈なものも中にはある。
この前原宿の古着屋さんで見かけた紫のフランネル/金釦の2BブレザーのGieves & Hawkesは流石に買えなかった。お店の人は「この人はよくこういうのをオーダーしてる。」と笑いながら教えてくれた。

僕らはデザイナーでもパタンナーでもなんでもないので、「作りがどうこう」や「中身がどうこう」といった洋服の構造的美しさを学ぶために洋服を買っているわけではなく、単純にかっこいいと思ったものがかっこいいと思える範囲のサイズ感で着られるようであれば買うことにしている。
ので、普通に普段通り着ている。ビスポークだろうと高級メゾンだろうと、古着として世に出ればその瞬間にそれはただの一枚の古着だ。大切に着ていきたいとは思うけど、畏る必要はそんなに無い。
もちろん似合わないものもあるけど、買ってすぐに似合わない物を買うのはとても楽しい。

生きる時代も国籍も違う人間が誂えた物だから当たり前のように僕らの体型には合わない、合っているつもりで着ていてもやっぱりどこかが致命的に合っていない。
「合う/合わない」とは一体なんなんだろうかと考える、面白い体験が出来る。
自分の体型に合わせて細かくお直ししてもいいんだけど、最近は太りまくってるから体型が落ち着くまで我慢してる。その内「直さなくてもいいかも。」と、思うこともあるかもしれない。


ちなみにこのARNYSのビスポークは中台へのちょっとしたボーナスとして買って渡した物だ。
彼の感覚的着こなしは、僕にいつも勇気を与えてくれるし「このジャケット、なんかよくわかんねーけどかっこいいな!」という中台を見ていると少しだけ、安心する。






「自分がかっこいいと思うものを買って普段通り着る。」というのは、僕らにとってすごく大切な行為だ。
「かっこいい。」という物凄く様々な要素が絡み合うひどく曖昧だけど確かにそこにある感覚を、買って普段通り着ることで自分のものに近づける。

本でしか読んだことの無い、写真でしか見たことの無い、映画で見たことしかない、文字でしか見たことの無い「かっこよさや美しさ」を表現するディテールやパターン、裁断や縫製やアイロンなどのテクニック、今では作ることが難しい生地。
僕らは自分で洋服を作ることが出来ないので、それを頑張って頭で理解する必要は無い。
目で見て手で触れて、体が覚えてくれればそれでいい。





87年に作られた、ぽっこりお腹のAnderson & Sheppard。
77年に作られた、僕みたいな体型のTommy Nutter。

この2着は僕に「英国モノ」を体感させてくれた気がする。

と、色々書いているけれど、所詮僕が着ているのは僕が誂えたものでもなんでも無い「他人のビスポーク」だから、それぞれのテーラー本来の良さを僕がお客さんに伝えることは出来ないし。
加えてまだまだ知らないこともたくさんあるし買ったことがないもの、見たことがないものも山ほどある。
テーラードは終わりが無くて楽しい。





少なくとも「自分が誂えたビスポーク」だろうが「他人が誂えたビスポーク」だろうが「高級既製服」だろうが「デザイナーズブランドのジャケット」だろうが「古着で見つけたよくわからないシャバいジャケット、なのに何故かかっこいいもの」だろうが。
自分が「いいかも。」と思うものはそれぞれの良さを探してそれぞれをかっこよく着ることの出来る自分でありたい。

自分で一つのものすら形に出来ない以上。
古き良きものだけでは無く、今。
自分が「かっこいい」と思う物を作ってくれる人を大切にしていきたい。



” cantate “
– The Tropical Jacket – ¥192,500-(tax included)
– The Tropical Trousers – ¥82,500-(tax included)




cantateが毎シーズンコレクションにラインナップする毛芯仕立てのテーラードと、その組下のトラウザーズ。
先シーズン紹介したジャケット&トラウザーズの春夏モデル。

生地は経糸に2/60、緯糸にモヘヤ30%の1/30を採用したモヘヤトロピカル。
山栄毛織で50年ほど前の生地を現代に復活させている。
山栄毛織でしか作ることのできない、ゆっくりと丁寧に織られた生地は、光沢・涼感·ハケ感・ハリ感すべてのバランスに優れた生地だ。

もちろん優れているのは生地だけではない、このセットアップにはデザイナーが考え、日本の職人が形にする「cantateのテーラードとしての意匠」が詰まっている。

中台が写真で着用しているのは、トップグレーカラー。
今季はcantateによる初の試みとなる、特殊なブラックカラーも用意した。
MANHOLEでは盛夏に向けて、その” GREEN BLACK “と名付けられたカラーの生地を用いて2TUCKのトラウザーズをオーダーしているので、後日改めて紹介させてほしい。


このセットアップに「コロナ禍だからこそ」とか「スーツを着用する機会が減った今」などの、一過性の売り文句は必要ない。
テーラードが好き、あるいは興味があり、cantateデザイナー:松島さんのモノづくりに共感する全ての人に向けて作られた一着である。










河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892







こんにちは。
MANHOLEの中台です。


古着で数十本集めておいた、adidasのジャージ。
少しずつ店頭に出し始めました。

今回は90〜00年代くらいのものを中心にいろんな色/素材/シルエットを用意しています。
珍しいディテールやパターンの変わり種も数本。

MANHOLEがオープンして以来、継続して買い/仕入れ続けているけど、今のところ飽きる気配もない。
気付けば、自宅にはダメになったジャージの墓場みたいなスペースができた。





[ USED ] ” adidas “
– JERSEY TRACK PANTS –



ジャージだからと言って、頭でバランスを計算して合わせる洋服を選ぶ必要は無い。
どんな靴を履いても、どんな洋服を着ても、いつだって心地良い違和感を残しつつ馴染んでくれたのが僕にとってのジャージだ。



きっと、「スポーツ」というジャンルでは捉えきれない可能性を感じてもらえるはず。





MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




ensou.のタンクトップ。
この洋服の良さは、ちゃんとタンクトップの形をしているところだと思う。
前開きは出来るけど、決してベストではない。





試しに一枚で着てみる。
小綺麗なソマリアの海賊みたいだ。
僕にはこういう着方は(街中では)出来ないけど、人によっては別に悪くないのがなんとなくイメージ出来る。






カットソーのタンクトップはタンクトップが故に良い部分もあるけど結局タンクトップで最終的にタンクトップだけど、ensou.のタンクトップはタンクトップが故に良い部分もあるし結局タンクトップで最終的にタンクトップって感じです。

ensou.のタンクトップに飽きたタイミングでカットソーのタンクトップの良さも改めて実感できるかもしれない。






このタンクトップでしか出来ないことがあって楽しそうです。
家にある洋服で自分がしっくり来るバランスを探して欲しい。




” ensou. “
– Tank top – ¥17,600-(tax included)







河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 4 5 52