107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

褻の日の服




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

先に紹介したcantateのネイビーのセットアップが「ハレの日の服」だとするならば、今日紹介するSADEのグレーフランネルのセットアップは「褻の日の服」。



組上は80s/仏プレタポルテブランドのテーラードジャケットをリファレンスしたもの。
ノーベント、ターンナップカフスの2Bピークドラペル。

組下はとあるビスポークテーラーのスーツの組下をリファレンスしたトラウザーズ。
太いウェスマン、フロントの6つ釦が特徴的。
ノープリーツのセミフレア。



組上のジャケットはSADE 2020AWコレクションのインラインのモデル。
組下のトラウザーズはSADE 2019AWコレクションにラインナップされた物を、組上のジャケットと同素材で復刻。



バラバラに売られているが、このセットアップはバラバラに着ることが出来るしバラバラのサイズを選ぶことが出来る。

先日紹介したcantateのセットアップも、バラバラに着ることは出来る。
ただ、共地のスーツとして着た方が格好がいい。
クルーネックのニットを合わせるよりも、ドレスシャツを合わせた方が格好がいい。
日常的に着るよりも、場面を選んで着ることが出来る人の方が素敵だと思う。

SADEのセットアップは、ジャケット単体で着ても格好がいいし、パンツ単体で穿いても格好がいい。
クルーネックのニットを合わせてもいいし、ドレスシャツを合わせても格好がいい。
日常的に着ることで、自分にあった新しい着方を閃くかもしれない。


どっちがどっちで優れているというわけではなく、その時に応じてそれぞれ異なる役割がある。



” SADE “
– JK03 – ¥110,000+TAX-
– PT01/M1 – ¥48,000+TAX-



な〜んて、この流れで上手くまとめようとしたんですが、今日はありがたいことにお客さんと一日中楽しく過ごしすぎたせいかあまり頭が回りません。
終わりが肝心なんですが・・・まだまだ全然足りてないですね。

「このグレーフランネルのセットアップは褻の日の服だ」なんて言っている、画面の中の僕を見てください。
結構しっかり晴れ着感が出ています。
これは背景や服のせいではなく、シャツタイから逃げ続けた末路なのでしょう。
着崩し続けたせいで逆に着崩せなくなるんだなあ、と痛感しました。


好きなことはもちろん、嫌いなことや苦手なことから逃げずに向き合ってみると、好きなことがより好きになれるのかもしれませんね〜。


それではまた。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892









” SADE “
– PT-01 – ¥45,000+tax-



こんにちは。
MANHOLEの中台です。


昨日、久しぶりにMANHOLEで買い物しました。
SADEのセミフレアスラックス。
先シーズンにも展開していた同型のスラックスを河上が気に入っていたので、別注で復刻してもらったようです。

軽〜い気持ちで試着してみたのですが、そのまま買ってしまいました。
ツータックのワイドシルエットに慣らされた僕も、何だか少し背筋が伸びるようなパンツ。
数年前だったら選べなかったようなシルエット。
僕にとっては、日々感覚は変化しているなあ…と実感できた一本です。

詳細は河上に後日紹介してもらいますので今日はこの辺で。
それではまた。










MANHOLE official instagram
 

中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

ハレの日の服







こんにちは。
MANHOLEの河上です。

「ビジネスシーンのみならずパーティーシーンやさまざまな場面で着用が可能」なんていう現実的で便利そうな存在と一線を画すのがcantateのネイビーのソリッドスーツ。

もちろんネイビースーツはネイビースーツなので、その手の現実的な問題は間違いなくクリア出来るはずだ。
ただ、このスーツが、着る人本来の魅力を引き出すタイミングはまさしく「ハレの日」にこそ相応しい。





” The Shiki Jacket / The Shiki Trousers “と名付けられた、cantateのネイビーセットアップ。
バラバラに売られているが、これは「バラバラに着ることが出来る」というよりもむしろ「バラバラのサイズを選ぶことが出来る」という意味合いに近い。
もちろん共地のスーツとして着た方が、かっこいい。

1年のうちで10ヶ月着ることを想定した10マンス生地:shiki-四季を用いて作られた毛芯仕立てのテーラードと、トラウザーズ。
僕が作ったわけではないので細かな情報はcantateのHPを見て欲しい。
が、実際のところ見るのが、触れるのが、着るのが一番伝わりやすいはずだ。

慶事はともかく、嬉しい誘いや華やかな壇上に登る機会はいつだって急に来る。
このスーツは、そんな誰にでも訪れる可能性のある「ハレの日」を、本来のハレの日として過ごすための備えとなる。



– cantate –
” The Shiki Jacket ” ¥175,000+TAX-
” The Shiki Trousers ” ¥75,000+TAX-








MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

レジ袋が有料化されて早4ヶ月。
以前お店で買い物してくれた若い子が帰りがけ、コンビニのレジ袋ごとMANHOLEのショッパーに突っ込んでいる様子を見て「そのコンビニ袋、こっちで処分しておく?」と聞いたところ「これは3円で買ったので、持って帰って何かに使います。」という答えが返ってきた。


この回答は「当たり前のようにタダでレジ袋を渡されてきた世代」である僕にとって結構衝撃的だったけど、よくよく考えてみると確かにその通りである。
コンビニ袋を家に持って帰って何に使うかは現状かなり限定される気がするが、そこを考えるのももしかしたら有意義な時間なのかもしれない。
とはいえ、ただでさえ手が塞がるのが嫌いな僕がクシャクシャのコンビニ袋を片手に歩き続けるのも想像が出来ない。
エコバッグを持ち歩けばそういうシーンは回避できるし、極力袋は受け取らないようにしているけど、たまにレジ袋をもらうことが必要なタイミングもある。
何か良い方法はないものだろうか。


” NICHOLAS DALEY “
– HAND CLOCHETTE CHOKER – ¥15,000+TAX-
– HAND CLOCHETTE LANYARD – ¥17,000+TAX-



先日紹介したNICHOLAS DALEYの謎の紐
結局自分なりの「どう使おう?」という答えが出ないまま、お客さんの想像にお任せする形で引き取られていき完売していたのですが、代理店に在庫があったので再度引き取ってきました。課題再び。

色味/長さも追加して計2型4色。



これは冒頭に登場した若者が帰った後に、ぼーっとしてたら思いついた使い方。
残念ながら僕や中台の歳でこれをやってしまうとレジ袋選びを相当シビアに行わなければ難しいけど、悠人くらいの世代の若者がアクセサリー感覚でつけていたこの謎の紐をこんな風に使っていたら可愛くて笑えるかもしれない。

“CHOKER/LANYARD”と名付けられてはいるけど、周りの環境次第でアイデアがいくらでも出てくるNicholas Daleyの謎の紐。
僕は未だにしっくりくる使い方が思いつかないので、今回もお客さんのひらめきに期待したいと思う。




MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの中台です。


洋服の面白さの一つは、同じ洋服でも違って見えるタイミングがあること。
場所が違う、明るさが違う、時代が違う等、大小様々な要因で捉え方が変わる。

MANHOLEの場合。
去年も売り場に並べていたけど僕らの力不足で残ってしまった物や、河上が「売り場が華やぐ気がするんだよなあ。」なんて理由でシーズン関係なく代理店やメーカーから在庫を引き取ってきた物。

それを改めて並べてみると、今年の方が何故か良く見えることがある。
それは時間の経過により僕らの感覚が変化したのか、周りに並んでいる洋服のラインナップが変わっているからなのか、明確な理由は分からない。

洋服自体には何の変化も起こっていないはずなんだけどな〜。
不思議なもんです。






” NICENESS “
– DEWEY – [ SILK BOA BLOUSON ] ¥69,000+TAX–
– PUAF – [ 2 TUCK WIDE TROUSERS ] ¥60,000+TAX-



NICENESSの-DEWEY-もまさに、今年になってなおさら良く見える商品の一つ。
売り場でも気にしてくれるお客さんが増えている。
確かに、こんなシルクのボアブルゾンは見たことがない。

アウトドアメーカーでお馴染みの形ではあるが、この雰囲気はフリースでは絶対に表現できない。

僕はフリースが好きだから、フリースの良い所も知っている。
一枚で着ると熱が篭らず快適だし、インナーにするとしっかり体を温めてくれる。
実は-DEWEY-に使われている”ワイルドシルク”にも同じような素材の特性があるらしい。
今までに無かったものを作るだけではなく、理に適っている。

穿いているパンツ-PUAF-は今シーズン入荷したものの、すぐになくなってしまい再入荷。
これに関してはもう何も言うことはなく、どうぞお試しくださいとしか言うことがない…。
NICENESSの洋服はとりあえず着てみると色々感じられるので楽しいです。


“新作”とか”去年のモデル” という見方ではなく、自分の”今”で物事を捉えてみるとさらに面白くなるような…気がします。










MANHOLE official instagram
 

中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

受け入れる







こんにちは。
MANHOLEの河上です。

右目にコンタクトレンズを装着出来なくなって2週間。
眼鏡の完成は間に合わず。
外に出る際は左目だけ見えて右目は見えないという、どうしようも無い生活を送っていました。
が、昨日からようやく両目が見えるようになりました。

すげー見える。お父さんお母さんありがとう!
「自分の体を大切にしなさい。」と言われ続けてもうあと半年後に32歳になりますが、そろそろその手のありがたい言葉を素直に受け入れなければ。ってなんか書いていて情けない気持ちになってきましたよ。。。



今日紹介するのは、CLASSのアームウォーマー:SACK。
入荷してから約4ヶ月。
「袋から出すと欲しくなりそうなので、僕たちはまだ袋に入れた状態のまま眺めて心の平静を保っています。」なんて理由からずっと袋に入れて並べていたのですが、ようやく毛足の長いモヘアのニットを見ても暑苦しく感じない気候になってきたので改めて紹介します。


” CLASS “
– SACK – ¥17,000+TAX-



ウェールズのCorgi社製。
MANHOLEでもおなじみのCorgiのソックス。
このアームウォーマーは、ソックスの機械を使用して編み上げています。
かかと部分を利用し、肘のカーブを作っているのが特徴。
各パーツの最後の仕上げはハンドリンキング。
素材は、モヘアとジーロンラムとナイロンを撚った糸を使用しています。




先日紹介したフード:NO RELIGION同様、興味が無い方はとことん興味が湧かない物だと思いますが、一度このアイデアを受け入れてみて欲しい。

とりあえず着けて、洋服を上から着ていくだけ。
これ見よがしに着けている事をアピールする必要はありません。
「寒いから」「ジャケットの下にニットを着るとまだ暑いから」「なんとなく着けたいから」
僕はそんな気軽な気持ちで始めてみたいと思います。

日常的なちょっとした出来事が起きる度に、このアームウォーマーが生み出す違和感が好きになれるような気がする。




MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892



こんにちは。
MANHOLEの河上です。

ACRONYM®︎のミッドレイヤー:J68-PL。
防風性/耐水性/透湿性に優れた2L GORE-TEX INFINIUM™️ WINDSTOPPER®︎をシェルに採用。
中綿はPRIMALOFT®︎ GOLD INSULATION ACTIVE。

” RIDERS JACKET “という名の通り、アシンメトリーなデザイン/コンパクトなサイズバランス。
「コンパクトなサイズバランス」ながら窮屈さが一切ない着用感に、改めてACRONYM®︎らしさを感じることが出来るはず。

何よりこのミッドレイヤー:J68-PLに感じないのは「ミッドレイヤーとしての” 暖かい/軽い/重ね着が出来る “機能に特化するが故の生活臭」である。
簡単に言うと「便利だけど現実を感じさせない。」
これは、ACRONYM®︎の醸し出す近未来な世界観にはあまり興味が無い僕らとACRONYM®︎を繋ぐ、一つの要素となる。


” ACRONYM®︎ ” [ J68-PL ]
– 2L WINDSTOPPER®︎ PRIMALOFT®︎ RIDERS JACKET –
¥169,000+TAX-



僕らがこのJ68-PLに期待するのは「ACRONYM®︎」としての活躍ではなく、お店に並んでいる、自宅のクローゼットにある不器用な洋服を補助するような役割である。
風は止められるけどその物自体は全く暖かくないコート、全く収納性のないアウター、アウター面しているのに実は暖かく無い重いだけのツイードジャケット、天然素材を合わせると野暮ったくなりすぎるレザーのブルゾンなど、このJ68-PLを挟むことで不器用な部分がクリアになるような洋服は意外と多いのでは無いか。

変わらない過去を眺めていても、過去には戻れないし何も変わらない。
常に進化し続ける未来を追い続けても、いつか追いていかれる感覚と恐怖に疲れてしまうだろう。
変わらない過去と常に進化し続ける未来、両方を見ることで今がもっと良くなるはずだ。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

無駄なブログ









こんにちは。
MANHOLEの中台です。


いつでも僕らをワクワクさせてくれるのは”無駄なコト/モノ”。
絶対に必要では無いんだけど、なぜかしたくなるコト、欲しくなるモノ。
頭では分かっているのに、求めてしまう。

ことファッションにおいては、不要な部分を削ぎ落とすことが多く求められていたり、コーディネートに重要なのは”引き算”なんてこともどこかで言われている。
足し引きで表現するようなことなのか、僕にはよく分からない。

シチュエーションやロケーションによって制限されることはあるけれど、ファッションなんて基本的には自由なはずだ。
制限の中で小さな自由を楽しんだり、そういう繊細な感覚も楽しい。

計算してバランス良く整える事や合理的なことも必要ではあるが、理屈だけではうまくいかない事も沢山ある。たぶん。
だから飽き性な僕らも、ファッションに関しては飽きていないのかもしれない。


そんなことは置いといて、NICHOLAS DALEYの小物は無駄が多くて楽しい。
キラキラと光るラメを織り込んでいるバッグに、シャラシャラと動くたびに音のなる装飾。
自信が無いと躊躇ってしまうような、逆に言えば自信をつけさせてくれるような気もするなあ。






” NICHOLAS DALEY “
– KNITTED MESSENGER BAG – ¥52,000+TAX-


実は8月にも入荷していたんですが、一個だけ再入荷。
前回のBLOGでも書いていた通り楽しいバッグ。確かに派手だけどそこが魅力。
足し過ぎでしょ〜!とか言われても気にしない、、









” NICHOLAS DALEY “
– CROCHET NECK POUCH – ¥26,000+TAX-


何が入るんだろう。と少し不安になるコンパクトサイズ。
iPhoneも入るし、最近すっかり眼鏡キャラになった河上のメガネもすっぽり。
案外普通に使えそうです。
だからと言って、きっと必要は無い、、けど欲しい。
いらないでしょ!って言われても気にしない、、


頭でくるくる考えたら、きっと得られない。
時には直感を大切に。










MANHOLE official instagram
 

中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

見るからに。手で触れて。羽織ってみて。
非常にわかりやすく素材の良さを感じることが出来るULTERIORのPURE CASHMERE BEAVER OVER COAT。

カジュアルに、日常的に羽織るために考えられたディテール等。
素材以外にも特徴が多いコートですが、一つ一つ書いていく度に一つ一つつまらなくなってしまいそうなのでやめておきます。



” ULTERIOR “
– PURE CASHMERE BEAVER OVERCOAT – ¥155,000+TAX-




このコートの良さは、他に合わせている洋服すらもよく見えること。
コートの良さだけが前に出過ぎないところが良い。

僕らはこういう明らかに高そうなものを着るときに自分の背丈に合わせて帳尻を合わせようとすることが多いのですが、中台が穿いているジャージもなんだかよく見えるなあ。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

先日簡単に紹介したULTERIOR for MANHOLE

リファレンスは中台の私物。
汚れを気にしながら穿いた形跡が一切無い、潔く汚れた白いフラノの2タックトラウザーズ。
よく見ると腰回りのサイドアジャスターも謎のカスタムがされている。
去年の冬に彼が穿いているのを見て、僕が「いいな〜。」と思ったのをきっかけに本企画がスタート。

「こんな汚れた白パンをサンプルとして見せても、気にせず優しく話を聞いて共感してくれそうな大人は誰だろうか。。。」と考えた結果、ULTERIORの牧さんにお願いすることになりました。
いや、もちろんそれだけじゃないんですが。
牧さんの優しいものづくりには度々救われています。



” ULTERIOR for MANHOLE ” – FLANNEL WIDE TROUSERS –
Color : Off White
Size : 3 / 4 / 5
Price : ¥39,000+TAX-


古着ならではの不可解で合理的仕様はそのままに、1 からパターンを引き直して作った FLANNEL WIDE TROUSERS。

サイドアジャスターは両脇で最大 8cm 程締める事が出来る為、イージーパンツ感覚で穿く事が可能。
ドローコード付きのイージーパンツで起こりやすい腰回りのもたつきを、このパンツで感じることはないはず。

用いられた生地は、オフホワイトのナイロン混のウールフラノ。

白いパンツを穿く時に気にしてしまう「汚れ」というネガティブな要素を、この生地であればポジティブな要素に変えてくれるような気がしています。

もちろん、積極的に汚して欲しい訳ではありません。
たとえ汚れてしまったとしても、それが決してマイナスにはならないパンツだということ。



このパンツが誰かの目に魅力的に映る瞬間はきっと。
「経年変化」した結果ではなく、何も気にせずに適当に穿いていたどこかのタイミングに訪れるはずです。

綺麗に保つべき洋服もありますが、汚れても大丈夫だと思わせてくれる雰囲気を楽しんでもらえたら嬉しいです。




” ULTERIOR for MANHOLE ” – FLANNEL WIDE TROUSERS -は、10月23日(金)12時から販売を開始致します。ONLINE STOREにも同時刻に掲載予定です。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 4 5 37