107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog

横顔の靴






こんにちは。
MANHOLEの河上です。

靴が届きました。F.LLI Giacomettiのチャッカブーツ。
男性的な印象のディテールが詰まっているはずなのに、優雅な上品さを感じる靴。





3アイレットのチャッカブーツ。
トゥの形状はセミスクエア。
底付けはハンドソーンノルベジェーゼ。
木型はTANINO TR。
インサイドストレート/アウトサイドカーブ、高いヒールに合わせた木型設計。



この靴の何を気に入って仕入れたかというと、全部気に入って仕入れました。

ブーツはブーツでも、脱ぎ履きの楽なチャッカブーツ。
丸みを帯びたセミスクエアトゥだけど、ノルベジェーゼのすくい縫いの糸で甲が低く見える点も面白い。
ヒールも男性的な積み上げなのに、高いヒール設計のせいか男らしさよりむしろエレガントな印象を覚えます。

甲革は前回のシングルモンク同様、チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックを採用。

フレンチに憧れたイタリア人が作ったようなデザイン。
木型の名前であるTANINOもここに繋がるような気がする。

ソールはヒドゥンチャネル。
堅牢なノルベジェーゼ製法で底付けされていますが、この木型のチャッカブーツはサイドと甲、踵で足がフィットした上で足首で靴を前に持っていける為、下ろしたてでも履き馴染みは悪く感じないはずです。




横顔の綺麗な靴。
鼻面も長くヒール高もあるので、「フレアパンツに合わせたいな。」と思いながら仕入れました。

まず試してみるフレアパンツは、デザイナーズやメゾンブランドなどを選ぶ必要は全くありません。
適当な古着で大丈夫です。



数シーズン継続的に紹介していたモンキーブーツ
ある程度行き渡ったし、僕がずっと履いていた物は先日どうしても欲しそうだった若者に奪われてしまいました。サイズも奇跡的にちょうど良かったし、まあいいか。

「何かモンキーブーツの代わりになるものは無いかなあ。」と思っていたタイミング。
このチャッカブーツはちょうど良い気がする。

モンキーブーツに足入れした時の直感的なものも感じることが出来た。
何より着脱が楽で、踵で高いソールを感じる瞬間が心地よい。


” F.LLI Giacometti “
[ FG564 ] – Chukka Boots – ¥110,000+TAX-



靴は小さな面積に細かなディテールがたくさん詰まっている。
靴のバランスが変わると、合わせたいパンツも変わる。

「なんか違うんだよなあ。」なんて思う気持ちは、靴を変えると大抵収まってくれる。
靴を買うのは楽しくてやめられない。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

BLESSの和


外国人が表現する”日本”は、日本人にとって外国以上に外国的だと思う。
そこに嘲笑/敬意/憧憬など、どんな感情が含まれようと僕らにとってそれは日本では無い。

これは日本人が思い描く”外国”もきっと同じ。
他人に受け入れられるか受け入れられないかは置いておいて、やってる本人や受け取る人が満足できればそれで良いのかもしれない。

かくいう僕は、あまりにも表に出すぎた” 和 “があまり得意じゃない。
常にそこにあるものだからこそ、綺麗に飾り立てて値段がついているのに違和感を覚えてしまう。
静かに厳かに、丁寧に手入れをされてそこにあるものに対してお金を払うのは別に悪い気がしない。

身につける本人が意識できないほど、自然に溶け込んでいてほしい。
いずれどこかのタイミングで気付く瞬間にこそ、本当の和を感じられるような気がする。




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

MANHOLEがオープンする際もラックに並べていたBLESSのカシュクールパーカー。
普遍的なプルオーバーフーディを、BLESSらしい自由な解釈により全く新しい洋服に見せてくれている。

「全く新しい」と言っても、特にこれ見よがしなテクニックなどは感じさせない。
今まで無かったのが不思議なくらい、自然にそこにある。

特徴的なのはフロントの前合わせのディテール。
2019年に仕入れた当時は、カシュクールモチーフのフーディだと思っていたので全く意識もしなかったけど、最近仕入れ直して日本的な和のディテールだと感じた。
改めて自分が何も考えていないことを思い知らされる。悲しい。


去年はまともに紹介する間も無く売れてしまったけど、このフーディはフーディなれど、ブルゾンのような、ジャケットのような。中庸な使い方の出来るBLESSらしいデザインである。
中に何を合わせようが、上から何かを羽織ろうが、着る人の思いつきにペースを合わせてくれる。



” BLESS “
[ V-hood sweater ] ¥79,000+TAX-



外国人が表現する”日本”は、日本人にとって外国以上に外国的だと思う。
そこに嘲笑/敬意/憧憬など、どんな感情が含まれようと僕らにとってそれは日本では無い。

これは日本人が思い描く”外国”もきっと同じ。
他人に受け入れられるか受け入れられないかは置いておいて、やってる本人や受け取る人が満足できればそれで良いのかもしれない。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

遠くの雷





雨が降っている、遠くで雷の光が見える。
普段は気が滅入るような帰り道。
静かな雨と雷の音は、さっき聞いた音楽の余韻のようでなんだか心地がよい。




こんばんは。
MANHOLEの河上です。

文盲なだけでなく、音盲の僕。
さっきまで、ライブ配信に出演するというお客さんに誘われて、裏の” 月見ル君思フ “でライブを聞かせてもらっていました。

関係者のみ、機材だらけのイレギュラーな空間。
文字通り舞台裏から覗き込むライブ感の強い演奏は、こんな深夜にブログで気持ちを消化したくなるくらい、とても楽しかった。

悠人と、悠人の友人:アミン君と、僕。
本当は予定があったのに僕のパワハラで2時間近くライブに付き合わせてしまった悠人とアミン君とも、「楽しかったね〜。」なんて話しながら三人ともニコニコと帰ることが出来た。(はず。ごめんね。)




正直、僕はあの場に招かれたのが申し訳なく感じるほど「演奏がどう、生音がどう、機材がどう。」とかが全然わからない。圧倒的に経験が足りない。知識もない。

そんな何も知らない僕でもあの場を心地よく楽しむことが出来たのは、目の前で演奏している人たちが本当に楽しそうで、アドリブの強い場面でも感動してしまうくらい息があって、その度に最高に楽しそうにしていたから。プロフェッショナルだと感じる。



知識や経験はこなすためではなく、楽しいことをより楽しむ為にあるんだなあ。なんて、明日のやる気を知らない音楽から貰ったような気がする。

知らない誰かに知らない何かを楽しんでもらうために、僕らももっと今の環境を楽しまなければならない。

タイミングよく、遠くの雷は涼しさも連れてきてくれそうな予感がする。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

物の力







こんにちは。
MANHOLEの河上です。

この帽子は、ずいぶん長い事帽子をかぶっていない僕が「良いなあ。」と思う帽子。
別にかぶってもいいんだけど、かぶらなくてもいいと思っている。
あと、MANHOLEのお店の雰囲気や適当に揃えた什器になんとなく合うような気がする。


自分がかぶらなくても、「こうかぶりたいなあ。」というイメージは持っている。
そういうイメージは僕の代わりに中台や悠人やお客さん等、僕以外の人が形にしてくれるし、なんだったら僕のイメージを簡単に超えてくれる。

洋服は自分が「良いなあ。」と思ったものを、自分が着ずに人に着せても楽しむことが出来る。




正直言ってこの帽子に特筆すべき点は無い。
なんで「良いなあ。」と感じるのかはわからないけど、なんか「良いなあ。」と感じさせてくれる。

あまりにも物に対して説明する事が無くて「これはニコラスの母ちゃんをはじめとする縫い子さんチームが作ってるんだよ。」なんて、息子の為に頑張るお母さんの愛をお客さんに訴えている。
本当に愛が詰まっているかどうか、定かではない。



” Nicholas Daley “
– Jute Beret – ¥28,000+TAX-



僕らの薄い説明なんて必要もせず、この帽子は毎シーズン、必ず気に入って持って帰ってくれるお客さんが現れる。

Nicholas DaleyのHAND CROCHETシリーズは、そういう不思議なパワーを感じさせてくれる。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

謎の紐





昨日はちょっと涼しい気がしたので、神保町へ本を買いに行きました。

日々溢れ出ているのか、無理やり絞り出しているのかわからない、僕の頭の中のゴミのような思いつきをまとめる為に、たまには人ではなく紙に頼ってみようと閃いたからです。
あとはなんか買い物がしたかったから。

神保町へ買い物に行くときは何故かいつも夏のような気がする。
そのせいか、僕の中での神保町は暑い街。
昨日もひどく暑かった。

着いてすぐに煙草を吸う為に喫茶店を探す。
普通に座りながら、飲み物を飲みながら煙草が吸える喫茶店がすぐに見つかる、というだけでその街が好きになれる気がする。

喫茶店で行く場所を3〜4箇所決めて本屋さんに向かう。
一番最初に着いたお店に入ってすぐ、ちょうど探していた本が2秒くらいで見つかった。
正直僕のような文盲が探している本なんてそんなに珍しい物でも無いんだけど、「あればいいなあ。」くらいの気持ちで探していた物がタイミングよく目の前にあるお店はなんだか気分が良い。

まともな探し物が出来るほどの知識も無い僕は、とりあえず適当にパラパラとめくって気に入ったものをレジの上に置いて行く。
「内容同じだけどこっちの方が安いよ〜。飾るんじゃ無いんでしょ?」と、店主のおじさんが勝手にすり替えてくれる。悪い気はしない。

おじさんが「これ、いいよ〜。」と勧めてくれたものも見てみる。
確かになんか良さそう。
帰ってゆっくり見たい、隣でおじさんが喋り続けている、結構高いけど買うことにした。
「あ、これ” 破れ有り “って書いてあるよ! 中しっかりと見た方がいいよ!」
・・・結局おじさんと2人でじっくり一ページ一ページ確認することになった。
結果的に破れはなかったけど、何故か安くしてくれた。気分が良い。


まだまだ店内を見たかったんだけど、おじさんは僕に本を売るのに満足したのか、それ以降ず〜っと僕の隣で本以外の事を喋り続ける。
僕も本を探すのを諦めて、おじさんとず〜っと喋ることにした。
その間も外に置いてある数百円の文庫本を持ってお客さんが入ってきて、おじさんに小銭を渡して帰って行く。

喋り疲れたタイミングで会計をする。
「郵送も出来ますよ。」と言ってくれたんだけど、帰ってすぐに読みたかったから持って帰ることにした。

あと一冊追加していたら、重くて持って帰れなかったかもしれない量。
多分考えすぎだけど、おじさんはこれを見越して喋り続けてくれたのかも、と思うと少し嬉しい気持ちになる。

来た時に入った喫茶店で再度コーヒーを飲みながら、楽しかった3時間を思い出す。
「こんなに楽しいなら月一で来ても良いかもなあ。」なんて事を考える。
帰り道、両腕にブラ下げた本のあまりの重さにめげる。やっぱり月一は無理だ。

結局疲れてしまって、頑張って持って帰って来た本を読まずにその日はそのままダラダラと携帯で漫画を読みながら寝た。

なんとなくコツは掴んだ。次はもっと楽しめるはず。


” NICHOLAS DALEY “
– HAND CROCHET LANYARD – ¥17,000+TAX-




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

決して適当に買い付けをしているつもりは無いんだけど、「これはなんで買ったんだろう??」みたいな気持ちになる物がシーズンに2,3個紛れ込みます。

今日紹介するNICHOLAS DALEYのHAND CROCHET LANYARDもその内の一つ。
どういう使い方でお客さんに紹介しようと思ったのか全く覚えていない。




確か「ウォレットチェーンのように〜」という説明を受けた気がするんだけど、僕はウォレットチェーンをした事が無いし、良いと思ったこともつけたいと思ったことも無い。
だから、こういう提案の仕方は想定していないはず。




ルックも見返さないし、調べるのも少し面倒だったのでしばらく考えて思い出す。
「そういえばなんかベルトみたいに使っていたかも…!」

試しにつけてみる。



32インチくらいまで成長した僕のウェストにはぴったり。
ただ、お客さんの腰回りは僕らよりもずっと細い。
このままだと「これをベルトに使おうとすると僕には大きいです。」と言われ続け、オススメするたびに「ぐぬぬぬ…」となりそうな気がする。
もう少し提案の幅が欲しい。



片方だけベルトループに引っ掛け、もう片方のループはカラビナのように使う方法。
これは割と理にかなっている気がする。
鍵が必要なタイミングで、常に鍵を探している僕の生活スタイルにもぴったりだ。
ただ、僕は腰にジャラジャラと鍵はつけない。
もう少し提案の幅が欲しい。



中台が適当な顔をしながら「首に巻けば?」と言って来た。
試しにやってみる。
太いしチクチクする。却下です。やるなら中台がやればいいと思う。



そういえば昨日紹介していたバッグの肩ひもは、HAND CROCHET LANYARDの長いタイプ。
こういう風に使う事をイメージしていたのかも。。。

と、やってみようとするも、僕は鞄を持っていない。
入金用に使っているbagjackのポーチにつけてみる。




残念ながらbagjackの空気感とは全く合わないけど、なんとなくこの使い方がしっくりくる。
ちょうどいい鞄を探さなければいけない、というハードルは付いて来たけど悪く無い気がする。




結局答えは出ない。
多分興味の無い人が見たらただの紐。
色によっては謎のメダルが付いている。

少し興味を持ってみるとたくさん可能性が出てくる。
僕らはその興味を持ってくれる誰かにたくさんの可能性を伝えられるように/考える事が出来るようにしていきたい。


物を買う行為は楽しい。
誰かに勧められて買おうと、自分で進んで買おうと「買う事を決めた。」という決断の後に、買った物に対して色々な質の時間を過ごす事が出来る。





MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの中台です。



暑くて厳しい日々ですねえ…。
そんな苦しい夏でも、風鈴の音だけは好きです。

体を直接冷やしてくれるわけではないけれど、精神的に作用しているのか、
なぜか涼しい気持ちにさせてくれるあの音。
夏の風物詩として当たり前になっていますが、よく考えてみるととてもスピリチュアルな行為です。

でも最近はそんな音も聞こえて来ない。
合理的な世の中では、そういった文化がどんどん薄くなっていくのでしょうか…。


NICHOLAS DALEYのバッグが入荷しました。






” NICHOLAS DALEY “
– KNITTED MESSENGER BAG – ¥52,000+TAX-




いかにもNICHOLAS DALEYらしいバッグ。
装飾は派手だけど、手編みの柔らかい雰囲気が可愛い。


バッグのフチについているメダルみたいなやつ、これが持った時に”シャラシャラ”と鳴ります。
けっこう目立つくらい鳴ります。


これは非合理的なディテール。
音は出るし、きっと引っかけてしまったりする。
シチュエーションやロケーションを選びそうなバッグ。
機能美とか、そういった世界観からは程遠い。


でもなんだか気分は良い。
そういえば子供の頃から音が出るものとか好きだった…。












歩くたびに音がして、リズムを感じられる。

頭で考えてしまうと、きっと選べないバッグ。
こういう感覚は忘れないように、大切にしたいなあ。












MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

昨日はうっかりコンタクトレンズをつけたまま寝てしまいました。
右目のコンタクトレンズが乾いて取れたのをきっかけに起きる。
あまり気持ちの良い目覚め方じゃない。

替えのコンタクトレンズはお店に置きっ放しにしている鞄の中にある。
仕方なく右目のコンタクトレンズをつけずに家を出る。

暑い。。。すぐに汗だくになる。
目の前でスズメバチが飛んでいることに気付く。
左目に衝撃が走る。
何も見えないから詳細はわからなかったけど、きっとぼーっと歩いている僕の顔に、ぼーっと飛んでいるスズメバチが飛び込んできたんだと思う。

刺されてないけど、左目のコンタクトレンズも外れた。
まさに泣きっ面に蜂。
蜂にとっては、汗だくの僕。

夏ですねえ。




いつも通りぼーっとしている真夏の火曜日。

「どうせ8月は ” 売るものが無いよお ” とか言ってるんだろうなあ。」という予感がしていました。
こういう時期の為にとっておいたULTERIORのSTANDARD S/S TEEを今日は紹介したいと思います。

スビンコットンの糸を加工、滑らかな肌触り/きめ細やかで光沢のある生地感を持つカットソー。




出来るだけ自然に頭を使いながら何事も楽しんでいたいけど、こう暑いと洋服を着る為に頭を使う体力も削られてしまう。



” ULTERIOR “
– SUVIN COTTON STANDARD TEE – ¥10,000+TAX-



ぼーっとした朝、ぼーっとする夏、早めのランチをしたせいかぼーっと眠気を感じる昼。
種類の違うぼーっとした時間を過ごしている中でも、わかりやすい良さを感じるカットソーだと思います。



MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892








こんにちは。
MANHOLEの河上です。

お店をオープンして一年が経ってました。
朝から打ち合わせしていた僕は、中台があげたインスタグラムの投稿で気付きました。

あっという間ですね〜。

「まだ一年。これからだろう。」なんて思いつつも、やっぱりなんとなく嬉しい。
お店を開けるまでは色々な人から「大丈夫?」と心配されましたが、意外となんとかなりました。
中台とも別に揉めることなく、のんびりお互いのペースを合わせながら上手くやれているような気がします。


小さなことでも、大きなことでも、なんでも実際に始める事や決めるまでが大変。
一度動き出してしまえば大抵の事は成るように為るように動くしかない、ということを改めて実感した1年間でした。

そして、タイミングと気分に身を任せているこのお店がなんとか形になっているのは、僕たちと話をしてくださって、コミュニケーションをとってくださるお客様の存在が全てです。






普段はあまり気付かないけど、お店も少しずつ変化しています。
自分たちが働きやすいように、お客さんが過ごしやすいように、置いてあるものの魅力がより伝わりやすいように。

気分で動く事 / 変わっていく事が楽しくも不安だった20代を終え今は、気分で動く事 / 変わっていく事が凄く自然な流れなんだと心で理解が出来ている気がする。

東京は色々な場所に色々なお店があるけれど。
MANHOLEというお店は、携わる人たちにとって心の収まりの良い場所にしていきたい。


今日はよく来てくださるお客さんとのんびり過ごす静かな一周年。
十周年を迎えたあたりで盛大に何かやりたいですね〜。






MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892










こんにちは。
MANHOLEの中台です。



僕らの夏休みは、あっという間に終わってしまいました。


とにかく毎日暑かった。
暑すぎて溶けるような感覚、毎年体感しているはずなのに忘れてしまう。
来年の夏は油断しないように気をつけます。
そして来年こそ避暑地に逃げ込みたい。


古着のラックもだいぶ在庫が薄くなっていたので追加。
洗濯もこの時期は地獄ですね〜…。
コインランドリーはまさにサウナ状態。
気合いで準備したので、明日から店頭に出します。





ブランドからの納品は特に無かったようで、河上は「やっぱりそうだよね〜。」と、言っています。
入荷は来週以降になりそうです。


8月はそんな感じで僕らものんびり営業してますので、適当にふらっと遊びに来てください。
のんびりお待ちしております。











MANHOLE official instagram


中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892





こんにちは。
MANHOLEの河上です。

体感温度45度。
長い梅雨のせいで勘違いしてましたが、夏ってこんな感じでしたね。
MANHOLEの空調:19度に慣れてしまった僕の体では、日本の夏を有意義に楽しむことなんて出来なくなっている事を痛感した一週間だったなあ。

「気分が乗ったらBlogでも書くから、写真撮っとこうよ。」と、連休前日に撮影した写真は完全に無駄になりました。中台ごめん〜。

とはいえ流石に毎日「あー、そろそろなんかやらないとなあ。」なんて考えるのも飽きたし、このままの気持ちで夏休み明けを迎えるのもなんか歯切れが悪い。

使えそうな写真を探していたところ、ちょうど良さそうな物を見つけました。




納品されてから、パッケージを開けずに眺めているCLASSのニット。

「あー、これは着ると買っちゃうやつだから、しばらくはこのまま袋から出さずに置いておこう。」という理由から、袋に入ったままお店に並べています。

空調でキンキンに冷えた規格袋が心地よいです。



ウェールズのCorgi社製。
オーソドックスなCネックカーディガンの着丈を長くし、変化を加えたハンドインターシャニット。

4本のモヘアと2本のジーロンラムを撚って編立た8PLYの重量感のある糸を使用しています。


” CLASS “
– PASSAGE – ¥150,000+TAX-



先に書いた通り「あー、これは着ると買っちゃうやつだなあ。」と予感させるニットなのですが、いかんせん外が暑すぎてまともに紹介する気が起きない。
冬が待ち遠しい。 涼しくなったら改めて紹介します。


” CLASS “
– SACK – ¥17,000+TAX-


同じくウェールズのCorgi社製のニットの筒。
「一体何に使うんだろう?」なんて想像することすら今は苦しい。
だけど、これもニット同様、実際に身に着ける時期が来たら絶対に楽しい物になる予感がする。



空調でいくら誤魔化しても夏は暑い。
今の時期はショーツが欲しい。タンクトップとノースリーブが似合う人を目で追ってしまう。
Tシャツにはやはり限界を、布帛のカットソーやシャツには可能性を感じる。

「外、出ちゃおうかな〜。」という気持ちも家から出て5分くらいで消え失せる。
「夏は何を着ても暑いですよ〜。」なんて悟った事をお客さんに言ってきたけど、僕が一番夏をなめていたかもしれない。

一部の取引先の方々とは「来年の春夏は〜」なんて話をし始めている時期。
今年の夏休みをだらだらと過ごしてしまった代わりに、来年の夏を自分たちが有意義に楽しく過ごす為に今から準備をしていきたい。
幸いMANHOLEには古着もある。




ご覧の通り、今年の僕らは何も考えていない。
夏に完敗している。
来年に期待したい。

そして、明日から夏の終わりまでは、お店に来てくれるお客さんに空調19度の空間を提供していきたい。シャインマスカットが食べたい。と思いながら、今年の僕の夏休みは終わろうとしている。





MANHOLE official instagram


河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 4 5 32