107-0062
central aoyama #003
4-1-3 minami aoyama minato-ku,tokyo

W : manhole-store.com
M : info@manhole-store.com
T : +81 34283 8892

blog







こんにちは。
MANHOLEの中台です。


アメリカのスリフトに行くと時々見かける、変なレングスのパンツ。

数年前に見たのは、どう考えても短い、ラルフローレンのチノパン。
短パンと言えるほど短くもない、中途半端で一番不人気なレングス。

気まぐれで「なんかいいかも。」と思えたので、ラックから抜くと、その後も全く同じレングスのチノパンがどんどん出てくる。

結局30本くらい発見して、全部買うことに。
おそらく、全て同じ人が手放したものだと思われる謎のレングスのチノパン。
わざわざ裾上げしてあったし、その人にとっては完璧なバランスだったのだろう。

僕は自分で穿いた時の、”他人のバランス感”が妙に気に入ったので、そういう穿き方を提案したんだけどあまりウケず。
僕の思いとは裏腹に、小柄な人からの「こんなに丁度良いパンツは初めてです。」なんて声も多く、非常に喜ばれて、すぐに売り切れたのを覚えている。









少し前に入荷していたCLASS : GUM TREE。

このデニムパンツも僕がアメリカで発見したチノパンと同様に、変な長さ。
あの時感じた、他人のバランス感を思い出した。
ローライズ気味な、浅い股上の違和感も久しぶりだ。
なんとも言えないインディゴの色味も面白い。

シンメトリーに斜行させた作りは、いわゆるオーセンティックな古着を単純にイジっただけではない、「デザインされた洋服」であることを感じさせてくれる。











さて、しばらく大人しく店頭に並んでいたGUM TREE。

きっと誰もが、無意識のうちに、これは自分には合わないものだと判断して、試着すらしようとしなかった。
確かに合わない。が、それもまた楽しい。
このBLOGで何度も書いていることだけど、合わなくてもいいんですよ。

この「合わなくてもいい。」というのは洋服に限らず、全てのことに関する楽しみ方の一つとして、必要な感覚だと僕は思う。

中途半端な丈がF.LLI Giacomettiのダブルモンクストラップシューズによく合う気がする。
最近の僕たちはすそ幅の広いパンツに合わせたくなる靴だけど、このパンツは半ば強制的に、新しい可能性を与えてくれそうだ。



” CLASS “
– GUM TREE – ¥35,200-(tax included)


このパンツを勧めるたびに「え〜、僕には短くないですか・・・?」と言われるけど、このパンツは短いからいいんです。

例えば「レングスが短い = 自分には合わない」という謎の方程式を捨てることが出来れば、サイズに対してもっと寛容に、目の前の気になる物を、もっと好きになることが出来ると思う。






MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892








こんにちは。
MANHOLEの中台です。


NICHOLAS DALEYのトラッカージャケット。
このスタイルの洋服は、今までに散々買ってきた馴染みのバランスなはずなのに、着ると新鮮な感覚。
同じようなジャケットは家に何着もあるけど、これじゃないとダメな気がする。





異なる素材の切り替えやウエスタンヨークはいつもの感じ。
太畝のコーデュロイはBrisbane moss製。
かっこいい生地、色気のあるネイビー。

僕はどうせ適当に着てしまうけど、カッコつけてもいい雰囲気。
夜遊びに着て行きたい。











ニコラスの洋服は、やはり特別新しいものではない。
普遍的な洋服を、何か具体的なイメージを持って表現しているような。


僕はこのジャケットに、力強く、ポジティブな70年代のニュー・ソウルを感じた。

まるで音楽を聴くように、楽しい気持ちにさせてくれる洋服。
まるで音楽を聴くように、好きな時に、好きなように着てもらいたい。



” NICHOLAS DALEY “
– CURTIS JACKET – ¥82,500-(tax included)






MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




毎日暑いですね、くらいの言葉しか出てきません。
とにかく口の中がさっぱりする物が食べたい、今はきゅうりの浅漬けが食べたいです。茄子でもいいや。
先週気温が落ちたくらいのままで、季節が進んでくれたらよかったのに。

そうそう、「今、夏真っ盛りですよ。」という言葉とともに発売したNICENESSのタンクトップ:JOHN.H発売の数日後に気温が20度台前半まで下がった時は少しヒヤッとしましたが、完売しました。
買ってくださった方も早速着てくれているようで何よりです。

涼しくなったらブルゾンと合わせて、寒くなったら着たり着なかったりして、次第に素肌にニット着てみませんか。



F.LLI Giacometti
” FG502 verde sc ” [ FREUDEMBERG BLU ]
– Double Monk Strap Shoes –
¥115,500-(tax included)




さて、F.LLI Giacomettiのダブルモンクストラップシューズ:FG502。
ネイビーカーフ。
ハンドソーングッドイヤーウェルテッド / 半カラスと、甲革以外は先日紹介したダイヤモンドパイソンのモデルと同じ。木型はverde。

実はMANHOLEで初めて能動的に仕入れた、スムースレザーのカーフの靴。
しばらく野趣溢れるレザーを見続けたせいか、すごく、よく見えた。

代理店の方からは「クラシックな売り場からはしばらくオーダーの無い色。しかもダブルモンクなんてほぼ出ない。」と言われたのですが、運よくMANHOLEにはクラシックさのカケラも無い、目指してもいない。靴屋でもない。

ストラップの付いたシューズは僕らが良く着る寝巻きのようなジャージやスウェットパンツとよく合う。
英国のクラシックシューズを模した木型、裾幅の広いスラックスとのバランスも今の気分にしっくりくる。

パッと見で合わせ方がわからない方はとりあえず一度履いてみて欲しい。
ネイビーの革が出すカジュアルな雰囲気は、想像以上に、軽い。
この靴に関しては、着て来た洋服に履くだけでなんとなくイメージ出来るような気がする。
その為僕らが洋服を合わせている写真は割愛。ただ単純に撮り忘れただけだけど。






僕がこのネイビーカーフのダブルモンクストラップシューズを「仕入れてよかったな。」と、感じたのは、今まで見向きもしなかったカラーレザーが急に目に留まるようになったこと。
赤い靴を履いている自分、知らない。

とりあえず履いてみてますが、基本的には他の靴と変わらない。
ただ、履くだけ。

と、いうわけで来年の春夏の靴のラインナップはきっとカラフル。
「MANHOLEには古着があるからまだいいけど、もうちょっと色つけたいよなあ。」と、ある日売り場を見ながら呟いていたら、中台もそう思っていたよう。

「そもそも色物って言葉が悪いよな。黒も白も色だろ。」と言ってました。

うん、確かに。
と、いうわけで来年のMANHOLEの洋服もきっとカラフル。
まだ全然展示会行ってないけど、間に合うんでしょうか。ちょっと不安です。







昨日お客さんが持ってきてくれたUNLIRICEという刊行物。
まだ全然中身見れていないけど、とりあえずパラパラと開いてみたら目に飛び込んでくる、いろんな色。
楽しいです。

これから発売されるようで「10冊置かせてくださいよ〜。」と伝えたら「いいですよ。」とのことなので、近日MANHOLEでも発売予定。
色と一緒に頭に飛び込んでくる、全然知らない/なんだか懐かしい世界。


それではまた。




MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




こんにちは。
MANHOLEの河上です。

なんか朝から数字が頭の中をぐるぐる、日中店頭ではお客さんが売り場をぐるぐる、今はお腹が空いて胃袋がぐるぐるしてます。

Blog書こうにも全然集中できない。今日は放り出そう。
そういえばやってる途中で放り投げた仕事もたくさんあるなあ、それも気になってます。
一度全部に気合い入れないといけないのかもしれません。やだなあ。






ネイビーの靴を仕入れたので、10年くらい前に買ったハインリッヒディンケラッカーのwein/ネイビーコードバンを久しぶりに下駄箱から出しました。

オールソールが必要で、それが面倒で3,4年放置していたんですが。
僕の雑な手入れ、雑な管理でも意外と綺麗なまま。カビてなくてよかった。
この靴のおかげで「コードバンは雨の日に履いてはいけない」という言葉が嘘だとわかりました。
いや、もちろん雨の日に積極的に履く理由はないんだけど、神経質になる必要もない。

当時の先輩の同じ靴が何故か緑色に光ってて、かっこよかったなあ。
「ネイビーのコードバン、黒いクリーム入れて磨くとこうなるよ。」と言われたんですが、僕のweinは何故か濃いネイビーのまま。個体差でしょうか。

と、いうわけで明日はネイビーカーフ/ダブルモンクストラップシューズを紹介しようと思います。



それではまた。




MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

いけますよ。







「これくらいはよゆーで履けている自分でいたいなあ。」という気持ちにさせてくれる、F.LLI Giacometti / ダイヤモンドパイソンのダブルモンクストラップシューズ。

「超かっこいい靴」通りの流れで先シーズンから仕入れてます。

前回入荷した際は、売り場に並べ1ヶ月程経ったタイミングでちょうど僕と中台のサイズが一足ずつ残ったので「Blog書くのめんどくさいから買うか〜。」と、自分たちでもよくわからない言い訳をしながら二人で買いました。
本当は、試しに履いた瞬間から、欲しかった。
買えて嬉しかったです。

気に入ったので今シーズンも継続。
MANHOLEのお客さん全員がこの靴を履いていたら嫌だけど。
「これくらい、よゆーで履けるわ。」という自信を、僕らはお客さんと共有したい。




柄合わせ、綺麗です。
まるでプリントしてるみたい。
ので、足を通した時に感じる印象はスニーカーに近い。

難しいことを考え始めると、おそらく一生履くタイミングの訪れない靴です。
何も考えずに履きたい時に履くしかない。
では一体、「ダイヤモンドパイソンのダブルモンクストラップシューズを履きたい時」っていつ訪れるんでしょうか。



F.LLI Giacometti
” FG502 verde SC ” [ Pitone Acapulco ]
– Double Monk Strap Shoes –
Size:38/39/40/41/42
¥165,000-(tax included)




英国のクラシックなドレスシューズのフォルムを手本に制作した木型verdeを採用。
ハンドソーンウェルテッド製法 / 半カラスのヒドゥンチャネル。

「スタイルとバランスのダブルモンクストラップ。エキゾチックレザーをよりカジュアルに。」
という公式の紹介通り、スタイルとバランスのダブルモンクストラップ。エキゾチックレザーをよりカジュアルに。

今シーズン、MANHOLEでダブルモンクストラップシューズを革違いでいくつか並べることにした理由は、完全にこの靴に引っ張られたから。





皆さんにとって「ダイヤモンドパイソンのダブルモンクストラップシューズを履きたくなる時」がどういうタイミングなのかは僕らには皆目検討もつきませんが、僕らは「かっこいいな。」と思ったから仕入れたし「かっこいいな。」と思ったから履いています。

男性の装飾品は「一生物」とか「履く/着ると/身につけると背筋が伸びる」とか「男なら!」とか、その手の大袈裟な言葉を添えて紹介されがちですが、例えば革靴なんてただの動物の革の塊だと思う。洋服はただの布。装飾品は金属の塊。

もちろんそこには人間の手で作り上げてきた歴史、技術、背景など、様々な要素が絡み合って今「美しい、かっこいい(だけじゃなく、不細工でも時たまよく見えるもの)」が存在するはずですが、それをネットで紐解く作業は一旦後回しにして欲しい。
スケールが壮大すぎて入り口に辿り着く前に飽きてしまう。

気になったらまず、履くだけ、着るだけ、身につけるだけでわかることは意外と多い。
その後気に入ったら、何故気に入ったのかを考えればいい。






ビビっていたもの、行けないと思っていたもの、理由もなく恐れていたもの。
それが「あれ、意外とイケるじゃん〜。」という印象に変わる瞬間に得るもの = 自信です。

と、いうわけでMANHOLEに通ってくださる方であれば、この靴くらいは余裕でイケるはずです。
既に「かっこいい。」と思っている方なら尚更。





MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




どうやら今日はお店の2周年。
昼ごろお客さんに言われて気付きました。

おめでとう、僕たち。
ありがとうございます、お客さんと取引先の方々。






さて、F.LLI Giacomettiの一便が到着。
「今シーズンはどんな靴が入ってくるんですか?」と、お客さんからよく聞かれるのですが、答えようにもオーダーシートには呪文しか書いてない、写真を一枚も撮ってない、そして全然覚えてない。

ので、売り場にあるものを欲しいと思ってもらえるようにします。
まずはダブルモンク3型、ローファー1型入荷。
オーダーシートを確認すると、数字が入ってる呪文がまだ数行残ってるので他にも入ってくると思いますが、それはそれでやっぱり覚えてないし本当に入ってくるかもわからない。
いつか届くのを僕も楽しみに待ってます。




「河上、こんなことも出来るぞ。」と、勧められてウケたからオーダーした、黒のアニローカーフ/クロコのキャップトゥ。





「クラシックな売場では今、本当に人気ないんだよね〜。」と、言われたけど「うちはクラシックなお店じゃないしな。」と、オーダーしたネイビーカーフ。
この革をきっかけに色付きのレザーが気になったので、来年の春夏の靴のラインナップはきっとカラフル。




先シーズン入荷した際、「これはスニーカーだな。」と、中台と二人で納得。
結局僕も中台も買ったダイヤモンドパイソン。





革違いで何型かオーダーしているダブルモンクストラップシューズ。
多分茶色い形押しのフレンチカーフも入ってきます、多分。

パイソン以外の革は堅い印象を覚えるかもしれませんが、実は僕らが普段着ている寝巻きのような洋服との相性は抜群に良いと思います。






木型:Luigino / エレファントレザーのコインローファーは継続してオーダー。

「半年前の俺はどういう意図でこんなサイズを振っているんだろう。」と、自分でも思うほど穴の空いたサイズオーダーをしていましたが、まあいい。
MANHOLE始まって以来続けている唐突なシンデレラシューズ企画で、世の中には意外とシンデレラが多いことに気付きました。

サイズ合う方お待ちしてます。






後日改めて紹介します。

意外と色々な方が来てくれて楽しい1日でした。
なんだか僕ら以上に、お客さんの方が僕らのことを知っているのを感じて、僕らはしあわせです。


それではまた。




MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892








こんにちは。
MANHOLEの中台です。


本日紹介するのは、今シーズンからスタートした” CALL “。
MANHOLEのアルバイト、よしろうが手掛けている。

身内のブログはとても書きづらい。
よしろうが僕らにアプローチしたのは、そういう意味では間違いなのかもしれない…。

だけど、実際にサンプルを見せてもらった時、河上も僕も素直に良いと思えたので買い付けています。
それに、喜んでくれるお客さんのイメージも湧いた。


まずは、先日届いていたノーカラーシャツとワイドトラウザーズの二型。






比翼仕立てのノーカラー。

襟元にボタンが無く、スキッパーみたいに首元が開いているので楽しめそう。
よしろうの人柄とは裏腹に、無駄のない作り。

特殊な柔軟加工と起毛加工を施すことによって、独特な膨らみと柔らかな肌触りを表現した生地。
シンプルだけど、ちゃんと雰囲気を感じられるシャツ。










パワーの強い生地や迫力のあるシルエットとの相性も良い。
オーバーサイズや丸いシルエットに飽きてる方にも着てもらいたい、レギュラーフィット。


合わせたBLESSのウールパンツ、かっこいいです。





潔い白のワイドトラウザーズ。
フロントに4つ、バックに2つの6ポケット。
腰回りがスッキリしているので、ルーズに見えないワイドシルエット。

生地にはベンタイルコットンを使用し、生活防水機能を備えている。
よしろうの人柄通り、気の利いたパンツ。









ハリのあるベンタイル、シワの入り方が好きです。
例えばディッキーズのように、ワークな印象が強くなりそうな色と生地だけど、穿いてみるとそんな感じでもない。
よしろうのバランス感覚がよく分かる。


MANHOLEのバイトを片手間に、本気でやっているのが伝わる内容です。

人気がありそうなのに、あまり人気のないよしろう。
ブランドは人気が出ることを祈ってます。



” CALL “
– No Collar Shirt – ¥33,000-(tax included)
– 6 Pocket Wide Trousers – ¥46,200-(tax included)





MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892








こんにちは。
MANHOLEの中台です。


僕はこれまで色々な帽子を買って、被って、体験してきた。
古着の仕入れでも物凄い数の帽子の山を見たり。
”良い”と思うラインを超えるものは、その内の1%にも満たない。

そんな経験の結果、帽子に関してはわりと厳しい目で見るようになってしまった。


しかし先日届いた、NICENESSのレザーキャップ : ISLEY。
この帽子に関しては何の文句もありません。


日常的に必要なのは、きっとこういう帽子。






6枚接ぎのスタンダードなスタイル。
ちょうどおでこが当たる、前側の2パネルに柔らかいレザーを当てているところに好感が持てる。
古着は特に、ここにいなたさが出てしまう、ダメなキャップ(そこが良さでもあるけど)も多いが、NICENESS:ISLEYは言うことなし、ちゃんと収まりがいい。


素材は最高級グローブレザーのディアスキンとホースレザー。
毎日被っていたら、勝手にかっこよくなりそう。


洋服同様、付属にも抜かりがない。
アジャスターまでちゃんと感覚が行き届いている。






どこを見ても角の無いフォルム、一般的なものより少し長く取ったツバ。
ただ形が良くて、被りやすいだけではない。
ベーシックだけど面白い、独特なバランスがある。

レザーの無骨な印象をあまり感じさせないのがNICENESSらしい。


随所に色々な拘りを感じられるキャップだけど、細かな情報や背景なんてどうでもよくなる仕上がり。
是非お試し下さい。



” NICENESS ” – ISLEY –
¥36,300- (tax included)









MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



中台 竜郎

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892


” NICENESS “
– IVAN – [ HORSE RING CHAIN BRACELET ]




「NICENESSのIVAN、MANHOLEで今季取扱いありますか?」と、何件か問い合わせをいただいたのですが、「去年一発やったし、いいかな。」と、思ったのでオーダーしておらず。
「今季は仕入れてません。」とお伝えしていました。

が、先日のブログで紹介したミコオーガニックBDシャツ:MADDENが次の日に完売。
商品紹介に絡めておっぱいという単語を自然にサラッと使えたような気がして僕らはとても、嬉しかった。
そういう意味でもあのシャツは僕らのお気に入りです。
出来ることならば、もうしばらく売り場に並べておきたい。

そこで、MADDENの在庫をブランド側が持っていたら取り寄せてお店に並べようと思い連絡したところ、「MADDENは無いけどIVANはある。」と、教えてもらいました。






倉庫に眠っていた80年代の純度の高いシルバーを使ったブレスレット。

ジョイント部分に2頭の馬をデザインしたNICENESSオリジナルのリングを取り付けています。

民藝的な印象のある馬をモチーフとしたリング。
2頭の馬は、雄と雌をイメージしたデザイン。





約1年振りに触ったのですが、当時よりも着脱がスムーズに出来るようになった気がします。

去年着脱に苦戦されていた方も、「もうノールックで行けます。」と、言っていました。安心。
1年間適当に着け続けた結果出来たであろう傷や黒ずみ、かっこよかったです。





正直自分で身につける物を探すことすら面倒なので、僕はアクセサリーに詳しくない。
中台に至っては一つも持っていない。僕が惰性でつけてる指輪を試す度に「う〜ん、自分がつけてるところが想像できないなあ。」と、言っています。
そのせいか、展示会でみるアクセサリーにもあまりピンとこない。
これはきっと、興味ないが故の無知なんでしょう。いつか、興味出るといいです。

さて、そんな僕らですら「NICENESSらしさ」を感じるブレスレット:IVAN。
チェーン自体は存在感があり、どちらかというとゴツい。
だけど、リングの加工が細かいせいでしょうか。

このブレスレットからはNICENESSの洋服からも出ている、男性的な繊細さを感じます。
改めて、デザインって面白いですね。



” NICENESS “
– IVAN – [HORSE RING CHAIN BRACELET ]
¥107,800-(tax included)





と、いうわけで。
お問い合わせくださった皆さま、申し訳ございません。
MANHOLEにもIVANあります。3本。




MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892




NICENESSのタンクトップ:JOHN.H。

昨年の夏に古着のシルクのワッフルを着て過ごしていたら、なんだか涼しいことに気付いたのが今回の企画の始まり。
秋くらいに郷さんのところに持って行って「こういう生地作って、タンクトップとカットソー作りましょうよ。」と、渡したところ「この古着のシルクのカットソーは洗われすぎたせいか。簡単に言うと、シルクではなくコットンに近くなってます。」と、伝えられました。

と、いうわけで今回のJOHN.Hはスビンコットン80%/シルク20%の混紡糸を使ったワッフル生地になりました。
色だけ打ち合わせ、形はお任せ。

「一応希望のバランスだけ把握しておきたいので、河上さんの私物のタンクトップもいくつか貸してください。」という連絡をもらっていたのをすっかり忘れて放置。
「色の希望もなんかあれば送ってください。」という連絡をもらっていたのもすっかり忘れて放置。
「ダブルネーム用のロゴデータ、送ってください。」という連絡をもらっていたのもすっかり忘れて放置。

その諸々の放置の末、今のタイミングで納品されました。
NICENESSのデザインチームや代理店:ELIGHTのチームが「納期、押していてすみません。。。生地の上りが遅くて。」と度々連絡をくれていたんだけど、その納期遅れの原因の一つには間違いなく僕が放置した期間も含まれていると思うので、僕はその連絡を貰うたびに複雑な気持ちになりました。

今度から、メールは見たつもりで終わらせず、ちゃんと内容までしっかり確認しようと思います。






さて、NICENESSのタンクトップ:JOHN.H。
サイドのフライスが特徴的なデザイン。
身幅に対してコンパクトな襟ぐり/アームホール。

ピタピタしたタンクトップも好きですが、緩いダルダルとしたタンクトップも好きな僕。
一度気に入ってしまえばなんでもいいんでしょう。
サンプルを渡された際に「サイズ振りますか?」と聞かれたのですが、フリーサイズで用意することにしました。

着る人によってサイズ感が変わります。
が、NICENESSの洋服からは「目の前の気になるものを黙って受け入れて、自分のバランスにどう馴染ませるかを自分で考える。」という古着的な要素も感じるのです。

カットソーに関しては今後、古着も新品も全部含めて。
「大きいとか小さいとか、(中途半端に無理がなければ)気にしなくてもいいじゃん。」というところまで、僕らはお客さんと一緒に持っていきたい。





写真からも伝わる通り、肌着のような生地ではありません。
自信のある方や暑さで全てを諦めた方は一枚でも着やすいと思います。

ただ、別にこのタンクトップは一枚で着てもらうことを目指したわけではなく、その時に着たいものをその時に着たいように合わせて欲しいと思いながら企画しました。

「タンクトップ、着ないんですよ〜。」という方でも、シャツやブルゾン、雰囲気によってはテーラード等を合わせてみて欲しい。
季節の移り変わりが曖昧な日本の気候では、別に春物夏物秋物冬物、どれとも合わせたっていいと思います。

本当に、まずは、ただ、着るだけ。



” NICENESS ” – JOHN.H –
Color : Natural , Purple haze
Size : Free
Price : ¥19,250- (tax included)





ショーツやタンクトップ等、夏の軽装は何故か敬遠しがちです。僕もそうでした。

僕の場合は何かを敬遠するその裏に。
色々な理由やこだわりがあったのですが、色々な理由やこだわりは時に、目の前のものへの諦め/思考停止するための自分への言い訳だったように、今、感じるのです。

「どう見られるか。」を気にせずに「どう見られたいか。」を、毎朝自分で考えて決めることが出来る点、僕らはそれが洋服の楽しいところだと考えています。

ショーツやタンクトップだけに限らず、今まで自分が避けていたもの。
それを改めて受け入れてみてほしい。
そうすることで今まで「どう見られたくないか。」を考えながら買ってきた洋服が、新しい顔を見せてくれるような気がします。




※ ” NICENESS ” – JOHN.H -は8月14日(土)から販売を開始します。
オンラインストアには同日正午に掲載予定です。


MANHOLE ONLINE STORE

MANHOLE official instagram



河上 尚哉

〒107-0062
東京都港区南青山4-1-3 セントラル青山003号室

M : info@manhole-store.com
T : 03 4283 8892

1 2 3 4 5 59